ゆうちょの通帳での引き出しができない?窓口。暗証番号。時間。atm。通帳のみ。通帳で引き出しできる。引き出し方。

スポンサードリンク






ゆうちょ銀行が設置しているATMを使えば、

 

キャッシュカードか通帳いずれかで引き出すことが出来ます。

 

 

また土日でも手数料なしで引き出すことが出来ます。

 

 

しかし、他の金融機関やコンビニなどの

 

 

ATMで引き出すにはキャッシュカードが必要になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク






ゆうちょ銀行の通帳での引き出し方法

 

 

 

 

ゆうちょ銀行ATMでは、

 

 

通帳での預け入れや引き出しは出来ません。

 

 

通帳で引き出しできるわけではありませんが

 

 

 

 

キャッシュカードを使えば

 

 

利用することが出来ます。

 

 

ここでは引き出し方法について紹介します。

 

 

 

 

 

 

キャッシュカードでの引き出し方

 

 

キャッシュカードで引き出す場合は、

 

セブンイレブンやファミリーマート(ファミマ)などの

 

コンビニや金融機関のATM

 

引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

引き出すときは

 

 

「キャッシュカード」と「暗証番号」が

 

 

必要になります。

 

 

 

 

 

ゆうちょ銀行が設置しているATMを使えば、

 

 

キャッシュカードか通帳いずれかで

 

引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

他の金融機関やコンビニなどの

 

 

ATMで引き出すには

 

キャッシュカードが必要になります。

 

 

 

 

 

 

通帳のみでの引き出し方

 

 

 

ゆうちょ銀行が設置しているatm

 

通帳で引き出しできるのですが、

 

 

 

他の金融機関やファミマなどの

 

 

コンビニATMでは通帳からの引き出しは出来ません。

 

 

 

 

 

通帳のみで引き出しをする場合は

 

 

「ゆうちょ銀行が設置しているATM」か

 

「窓口」で出来ます。

 

 

 

窓口で手続きすると

 

通帳のみで引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

引き出し方は、

 

 

銀行の出金伝票に金額や口座番号や

 

名前を記入して

 

届出印を押します。

 

 

 

 

それを郵貯銀行の窓口に出すと手続きし、

 

 

引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

必要な物は

 

 

 

「通帳」と「届出印」と「身分証明証(免許証など)」です。

 

 

 

 

 

引き出しの際の手数料について

 

 

 

 

ここでは引き出し手数料や利用時間について紹介します。

 

 

 

 

1.引き出し手数料

 

 

①ATMの場合

 

 

ゆうちょのキャッシュカード利用の場合です。

 

 

 

 

 

平日

土日

日曜・休日

845

1800

左記以外の

時間帯

900

1400

左記以外の

時間帯

終日

ゆうちょATM

無料

無料

無料

無料

無料

インターネットATM

無料

220

無料

220

220

その他金融機関

110

220

110

220

220

 

 

 

 

 

窓口の場合

 

 

時間帯に関わらず手数料はかかりません。

 

 

 

 

 

 

2.引き出し時間

 

 

 

①ATMの場合

 

 

休日や曜日に関係なく

 

24時間利用することが出来ます。

 

 

 

 

窓口時間

 

 

平日の9001600までです。

 

 

土日や休日は、

 

 

銀行が休みなので

 

利用できません。

 

 

 

 

3.引き出し限度額

 

 

 

1回の操作で利用できる

 

金額は以下の通りです。

 

 

 

 

ゆうちょのキャッシュカードおよび通帳による取り扱い

 

 

1円以上100999円以下

 

 

紙幣は、1万円札や千円札のみの取り扱いで、

 

合計100枚まで、

 

硬貨は1000円未満の引き出し金額に

 

相当するまでです。

 

 

 

 

ファミマなどに設置している小型ATMでの引き出しは、1000円以上20万円以下です。

 

 

 

 

 

提携金融機関のカードによる取り扱い

 

 

 

1000円以上100万円以下

 

 

紙幣は、1万円札や千円札のみの取り扱いで、

 

合計100枚までです。

 

 

 

※1:提携金融機関口座の引き出しなど上限範囲内で利用できます。

 

 

※2:ファミマなどに設置している小型ATMでの引き出しは、1000円以上20万円以下です。

 

 

 

 

 

ただし紙幣は1万円札と1000円札のみの

 

取り扱いで各20枚まで、

 

硬貨は利用できません。

 

 

 

 

 

よくある質問・本人以外での引き出し・紛失時など

 

 

 

ここではよくある質問をいくつか紹介します。

 

 

 

本人以外でも引き出せる?

 

 

 

以前は通帳と印鑑があればだれでも

 

窓口で引き出すことが出来ましたが、

 

 

現在では家族であっても

 

 

引き出すことができないことになっています。

 

 

 

本人以外が引き出すには

 

 

「委任状」など

 

 

本人の意思確認が必要になります。

 

 

電話による本人確認を

 

する場合もあります。

 

 

 

 

キャッシュカードの申し込み方法は?

 

 

 

通帳とお届け印と本人確認ができるもの

 

(運転免許証など)

 

を持参して、

 

ゆうちょ銀行または郵便局の

 

 

貯金窓口で手続きをして下さい。

 

 

 

 

キャッシュカードの暗証番号を忘れた場合どうすればいい?

 

 

 

手持ちの通帳とキャッシュカード、

 

届け印と本人確認書類を持参の上

 

ゆうちょ銀行または郵便局の

 

 

貯金窓口に申し出て下さい。

 

 

 

後日「貯金事務センター」から

 

 

簡易書留郵便で暗証番号を知らせてくれます。

 

 

 

 

キャッシュカードや通帳などが紛失や盗難に遭った場合どうすればいい?

 

 

この場合は、直ぐに

 

「カード紛失センター」か

 

「ゆうちょ銀行」か

 

「郵便局」の

 

 

貯金窓口に連絡しましょう。

 

 

 

紛失や盗難された

 

 

通帳やカードで取引の停止をします。

 

 

 

カード紛失センターは以下の番号で問い合わせて下さい。

 

 

0120-794889(通話料無料)

 

 

受付時間は、

 

 

年中無休で24時間です。

 

 

 

 

 

⑤ATMで引き出す場合にエラーが出た場合どうすればいい?

 

 

 

 

ゆうちょ銀行か郵便局に問い合わせてみて下さい。

 

原因を調査してくれます。

 

 

よくあるのが

 

 

カードの磁気不良があります。

 

 

 

以上です。参考にして下さい。

 

 

 

 

 

ゆうちょの通帳で引き出しの際のポイント

 

 

 

 

ゆうちょ銀行が設置しているATMを使えば、

 

 

キャッシュカードか通帳いずれかで

 

 

引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

 

また土日でも

 

 

ゆうちょ銀行の通帳で引き出しを

 

 

手数料なしで引き出すことが出来ます。

 

 

 

 

しかし、他の金融機関やコンビニなどの

 

 

ATMで引き出すには

 

 

キャッシュカードが必要になります。

 

 

 

 

今回お伝えしたポイントは「引き出し限度額」です。

 

 

 

ゆうちょのカードと提携金融機関のカードでは、

 

 

限度額や取扱紙幣の枚数や

 

硬貨と取り扱いの可否が

 

違います。

 

 

 

限度額や紙幣の枚数などがあるので

 

注意しましょう。