ゆうちょ銀行の通帳を再発行。日数。即日は?時間。更新。新しくしたい

スポンサードリンク






ゆうちょ銀行のカード(または通帳)を失くしてしまった!

もし盗難に遭ったり紛失してしまった場合は、

 

即日すぐに貯金窓口へ連絡し、

 

カードや通帳での取引を停止して

 

もらう必要があります。

 

そうではなく、

 

 

前の通帳を捨てしまったから新しくしたい、

 

 

という方もいるかもしれません。

 

 

 

今回は、カードや通帳を再発行したいと

 

思っている方に向けて、

 

 

必要なものや手続き方法をまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク






通帳の再発行は、いつ、どこで出来る?

 

まず、通帳やカードの再発行は、

 

 

ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で出来ます。

 

 

 

口座開設店以外でも出来るので、

 

 

好きなところで構いません。

 

 

ただし、口座開設店とそれ以外とでは、

 

 

再発行されるまでの日数が変わります。

 

 

 

また、再発行の申し込みは、

 

 

ゆうちょ銀行・郵便局の

 

営業時間のみです。

 

 

月初めや月末、連休明けなどは

 

 

混んでいる可能性が高いため、

 

 

時間に余裕を持って

 

 

手続きを行いましょう。

 

 

通帳の再発行に必要なものは?

 

持ち物に不備があった場合は、

 

 

再発行を受け付けられないので注意が必要です。

 

 

通帳の再発行に必要なものは、

 

 

主に以下の四つになります。

 

 

 

・キャッシュカード(郵貯カードを再発行する場合は通帳)

→口座番号を確かめるために必要になります。

 

ない場合は

 

窓口で調べてもらえるので、

 

なくても構いません。

 

・届出印

・本人確認書類(運転免許証など)

・再発行手数料

 

 

再発行手数料は、

 

税別で1000円かかります。

 

 

口座引き落としか、

 

 

窓口で直接支払うか選ぶことができます。

 

 

 

また、届出印を紛失した場合は、

 

 

届出印の変更手続きも必要になります。

 

 

通帳の再発行は本人以外でも出来る?

 

 

名義人が学生など未成年で営業時間に行けない場合は、

 

本人以外の代理人に手続きを

 

依頼することが可能です。

 

 

 

その際必要になるものは、

 

・代理人の本人確認書類、もしくは印鑑

・委任状

→ゆうちょ銀行・郵便局の窓口で貰う、

 

またはゆうちょ銀行のホームページからダウンロード

 

 

の二つになります。

 

 

 

ここで注意すべきは委任状の書き方です。

 

委任状のすべての項目は、

 

必ず名義人本人が書く必要があります。

 

 

また、委任の内容は、

 

 

具体的に記入しなければなりません。

 

 

 

通帳の再発行する方法は?

 

 

ゆうちょ銀行・郵便局の窓口へ相談し、

 

 

再発行請求書を記入すれば手続きは完了します。

 

 

このとき、通帳を紛失したり、

 

 

盗難被害が懸念される場合は、

 

不正利用を防ぐために取引を停止してもらいましょう。

 

 

 

通帳の再発行をしたらいつ届くの?

 

紛失が理由で再発行の手続きを行った場合は、

 

新しい通帳は自宅宛てに届きます。

 

ゆうちょ銀行・郵便局での

 

発行手続きを終えてから届くまでの期間は、

 

 

手続きした場所が口座開設店か、

 

 

いつ届くのかはそれが以下で変わります。

 

 

口座開設店の場合は、

 

数日~1週間ほどかかります。

 

 

それ以外であれば、

 

 

1週間~10日ほどかかることもあります。

 

 

また、再発行したのに届かない場合は、

 

 

ゆうちょ銀行の窓口か

 

コールセンターへ問い合わせてみましょう。

 

 

 

通帳の再発行は早めに行おう!

 

 

たとえ口座の入金額が少なかったとしても、

 

 

通帳またはカードの再発行を後回しにしていると、

 

後々大変なことになります。

 

 

第三者に不正利用されないためにも、

 

まずは利用停止手続きを行い、

 

再発行をしてもらいましょう。

 

 

 

また、通帳を更新した場合は、

 

 

どのような理由であれ、

 

記帳の最初は未記帳分から始まります。

 

 

 

失くして後悔しないためにも、

 

 

まずは通帳の管理をきちんと行いましょう。