ゆうちょ銀行の支店で住所の変更。ネット。電話。郵送。住民票。土日。通帳。住民票。必要なもの。

スポンサードリンク






引っ越しにはたくさんの手続きが必要でとても大変だと思います。

 

特にたくさんの住所変更があったりするので。

 

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク






住所の変更できる時間

 

 

 

窓口の営業時間は郵便の場合だと9時から17時、

 

 

金融の場合だと9時から16時です。

 

 

窓口は土日は残念ながらお休みとなっています。

 

 

 

Atmの利用時間は場所によって違います。

 

 

そちらは各ゆうちょ銀行でご確認ください。

 

 

 

 

住所の変更できる場所

 

 

 

ゆうちょ銀行で住所変更するのであれば

 

どこでもできるようになっています。

 

 

たとえば福岡の708支店や

 

長野の八一八支店でも

 

 

東京で行うことができます。

 

 

 

ゆうちょ銀行本店移転みたいに

 

 

移転する場合がありますので、

 

 

情報はしっかり確認するようにしましょう。

 

 

 

 

どこにするかは

 

 

ゆうちょ銀行検索アプリをダウンロードして

 

 

近くの場所を利用すればいいと思います。

 

 

 

ゆうちょ銀行で住所変更する場合、

 

 

住民票を新しい住所に変更してから

 

変更したほうがいいです。

 

 

 

口座開設についても

 

郵便局だったらどこでもできます。

 

 

 

手続きには窓口、

 

郵送、

 

ゆうちょダイレクト

 

(ネットや電話でもお申込みいただけるサービス)

 

 

で行えます。

 

 

 

 

ゆうちょ銀行での手続きに必要なもの

 

 

 

まず必要なものは

 

通帳、

 

証書、

 

保管証、

 

住所移転届書、

 

お届け印、

 

本人確認書類です。

 

 

 

 

投資信託口座、

 

国債口座を利用の方は

 

プラスして

 

マイナンバーが記載されている書類が必要です。

 

 

 

手続きを代理人に任せる方は、

 

別途委任状が必要です。

 

 

 

ゆうちょダイレクト利用の方は

 

 

通帳の代わりに

 

 

キャッシュカードをお持ちください。

 

 

 

何が必要かを事前に確認するようにしましょう。

 

 

 

 

書いてないと申請ができないので、

 

 

 

住所欄の記載に

 

 

記入漏れがないかを

 

しっかり確認するようにしましょう。

 

 

 

通帳への住所記載も忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

郵送での住所の変更について

 

 

 

必要なものはプリンター、

 

A4サイズの白い用紙、

 

縦型の封筒、

 

お届け印、

 

新住所が記載されたご本人様確認書類、

 

 

投資信託や国債の

 

住所を変更される方は、

 

マイナンバー確認書類が必要です。

 

 

 

 

 

1.パソコンで、必要事項を入力してください。

 

 

 

2.住所移転届及び宛名をプリンターで印刷してください。

 

 

3.印刷した移転届書に名前を記入し、お届け印を押してください。

 

 

4.JP BANKカードを利用されている方はカード番号を入力してください。

 

 

投資信託、国債の住所変更の手続きをされる方は、

 

 

移転届書にマイナンバー記入してください。

 

 

 

 

5.封筒に印刷した宛名を貼り付け、

 

移転届書、

 

新住所が記載された

 

本人確認書類のコピーを入れてください。

 

 

 

6.投資信託、国債の住所の変更の手続きされる方は、

 

マイナンバー確認書類のコピーも入れてください。

 

 

 

7.その後ポスト投函して完了です。

 

 

 

 

ゆうちょダイレクトでの住所の変更について

 

 

 

ゆうちょダイレクトでは、

 

住所と電話番号の変更の手続きについて

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

 

1.まずは、ゆうちょ認証アプリ

 

またはトークンのダウンロードが必要です。

 

アプリは最新のものに更新をすること。

 

 

 

口座の名義変更や氏名変更する方、

 

法人の方、

 

口座に子供または

 

利用代理人を設定されている方の

 

住所等の変更は、

 

書面での手続きが必要です。

 

振替口座の方の電話番号変更も

 

書面での手続きが必要になります。

 

 

 

 

 

 

2.メニューの「ご登録確認、変更」を押してください。

 

 

 

3.「住所、連絡用電話番号」欄の「変更」を押してください。

 

 

4.住所、電話番号を変更したい口座を選び、「変更」を押してください。

 

 

5.変更する情報にチェックを入れ、必要事項を記入し、「次へ」を押してください。

 

 

6.検索結果に表示された候補の中から住所を選択してください。

 

 

7.番地以降を全角で入力し、「次へ」を押してください。

 

 

8.間違いがないかを確認のうえ、

 

トークンのワンタイムパスワードを入力し、

 

「実行するを押してください。

 

 

 

 

 

9.これで住所、電話番号変更は完了です。

 

 

 

 

 

口座開設した住所やお届け印の確認について

 

 

 

ゆうちょ銀行や郵便局でご登録住所や

 

印影を見せることはできませんが、

 

 

お持ちいただいた

 

印章と本人書類が

 

一致しているかどうかを伝えることができます。

 

 

 

なので、

 

口座の通帳または証書、

 

ゆうちょダイレクトの場合は

 

キャッシュカード、

 

本人確認書類を

 

 

お持ちください。

 

 

 

ゆうちょ銀行での住所あて送金について

 

 

 

アメリカの住所地以外住所あて送金ができませんので、

 

ご注意ください。

 

 

もし

 

アメリカに住所あて送金される場合は

 

 

英語表記でお願いします。

 

 

 

ゆうちょ銀行で住所の変更しないとどうなるか?

 

 

 

住所の変更しないと通知書に

 

記載されている住所が違うため、

 

 

元の住所に届かなくなってしまいます。

 

 

住所の確認をしましょう。

 

 

 

 

特に投資信託口座、

 

 

国債口座の方が

 

 

住所変更の手続きをしないと、

 

 

特定口座年間取引報告書が届かなくなります。

 

 

 

 

そうなると後々大変になるので、

 

 

住所変更は忘れないうちに

 

 

早めにしておくのがいいと思います。