野菜ジュースは効果ない?効果的な飲み方。体に悪い?発がん性?その理由と選び方

スポンサードリンク
 





忙しい毎日で野菜不足の方が多いのではないでしょうか。

そんな時は野菜ジュースで

 

野菜の栄養を補っていると思います。

 

中には、野菜ジュースは、ジュースなので

 

効果がないと疑いながらも

 

飲んでおこうかという方も多いようです。

 

野菜ジュースは本当に効果が有るのでしょうか。

 

今回は野菜ジュースは効果ないということの間違い。

 

野菜ジュースが本当に効果が有るのかなど

 

理由や選び方について紹介していきます。

 

理由を知って、正しく野菜ジュースを選びましょう。

 

 

スポンサードリンク
 





毎日野菜ジュース飲んだ結果は?なぜ野菜ジュースは効果がないと思われているの?

 

 

野菜ジュースは効果ないという噂がありますが

 

 

野菜ジュースには効果がいと思われている理由があります。

 

いくつか紹介します。

 

 

 

<理由1>ビタミンが加熱殺菌などで失われる?

 

 

野菜ジュースに使われている野菜は

主に“外国産”です。

 

 

外国から輸送されてくる野菜は、

 

そのままの状態ではなく

 

「熱濃縮」という

 

熱を加え

 

水分を飛ばして

 

 

野菜の体積を減らして

 

輸送されています。

 

 

ビタミンは「熱濃縮」の段階で

Advertisements

 

熱に弱いので無くなっています。

 

国内で商品にする時も

 

加熱殺菌するので更に

 

ビタミンが失われています。

 

 

熱を加えても残っているのは、

 

脂溶性のビタミンAE

 

そしてミネラル類です。

 

熱に弱いビタミンは、

 

本来の野菜と同じ成分にする為に、

 

後から添加しています。

 

 

 

 

<理由2>野菜ジュースは砂糖や添加物を多く含んでいるので体に悪い?

 

 

野菜ジュースは飲みやすくするために、

 

砂糖や添加物を使って甘くし、

 

飲みやすくしています。

 

しかし

 

最近の野菜ジュースのほとんどが

 

“砂糖や保存料不使用”となっています。

 

 

安心して野菜ジュースを選ぶには、

 

成分表を見て

 

砂糖等無添加

 

と書かれているものを選びましょう。

 

 

 

 

<理由3>野菜ジュースでは食物繊維が摂れない?

 

 

食物繊維には

 

“水溶性食物繊維”と“不溶性食物繊維”

 

2種類があります。

 

 

 

野菜ジュースになると失われるのが

 

“不溶性食物繊維”で、

 

“水溶性食物繊維”は

 

しっかり入っています。

 

 

 

食物繊維を摂ることで

 

適切な腸内の善玉菌のエサになることと、

 

排便が促されることです。

 

善玉菌は

 

野菜ジュースに含まれる

 

“水溶性食物繊維”を好むので

 

 

野菜ジュースは腸に優しいと言えるでしょう。

 

 

 

 

<理由4>毎日飲むと不健康になる?

 

 

野菜で一番気になるのが水耕栽培です。

 

水耕で抵抗力がないので

 

抗生物質と似た化学化合物を投与しています。

 

 

野菜の葉を大きく育てるために

 

 

窒素肥料を大量に投与しがちですが、

 

 

その結果として

 

 

硝酸態窒素が残り、

 

それを人が

 

大量に摂取すると

 

チアノーゼを起こす可能性があります。

 

 

硝酸態窒素は、

 

 

野菜だけでなく加工食費に含まれており、

 

 

その一つが野菜ジュースです。

 

 

ある商品では

 

水道水基準値の10倍の

 

硝酸態窒素の残留が

 

検出されたことがあります。

 

野菜を輸入する時は、

 

「熱濃縮」の段階で

 

ビタミンCや酵素は壊れてしまいます。

 

その証拠にビタミンCを含む

 

市販の野菜ジュースにはほとんどありません。

 

 

ビタミンCが含まれているものは

 

後から添加されたものです。

 

 

毎日野菜ジュースを飲んだ結果、

 

飲み過ぎると栄養過多になり

 

 

不健康になる場合が有るので

 

注意しましょう。

 

 

 

野菜ジュースは体に悪いは嘘?発がん性は?無塩は?

 

 

野菜ジュースは、加熱殺菌や濃縮還元、

 

酵素やビタミンが減少します。

 

 

Advertisements

食事から野菜を摂った方が良いです。

 

 

忙しい中、野菜を摂ることは難しいです。

 

 

野菜が食事で取れない時は、

 

野菜ジュースを飲むのが好ましいです。

 

 

野菜ジュースは効果ないわけではありません。

 

 

嘘ではなく野菜ジュースを飲む効果はあるでしょう。

 

 

また発がん性についてもですが

 

心配する必要はないです。

 

 

添加物はメーカーは国の定めた基準値から

 

さらにこれよりも低い基準値を

 

独自に設定しています。

 

私たちの体はある程度のものまでは大丈夫です。

 

それを超えると問題となります。

 

また無塩は実は悪いことです。

 

塩分はわたしたちにはとても必要なものです。

 

 

効果的な飲み方は野菜はできるだけ食事から取る様にしましょう。

 

補う目的で野菜ジュースを飲むのをおすすめします。

 

 

飲んではいけない野菜ジュース。野菜ジュースの選び方

 

 

野菜ジュースを選ぶときにはポイントが3つあります。

 

 

野菜汁と果汁の構成比

 

使用している野菜の数

 

砂糖の使用・不使用

 

 

野菜だけの野菜ジュースは

 

甘くなく美味しくありません。

 

 

飲みやすいと感じる

 

野菜ジュースには砂糖が入っているものがほとんどです。

 

 

野菜を摂る目的で

 

野菜ジュースを飲む場合

 

 

『野菜汁100%』を選びましょう。

 

 

また野菜の種類の多い物を選びましょう。

 

 

使われている野菜が多い程、

 

色々な種類のビタミンを摂取出来ます。

 

 

野菜ジュース飲んではいけない効果ないものは

 

野菜の種類が少なく

 

砂糖が多く含まれるものなので

 

注意しましょう。

 

 

おすすめの野菜ジュースのランキング

 

 

おすすめの野菜ジュース5選のランキングを紹介します。

 

 

野菜ジュースは効果ないどころかいいものなのです。

 

 

1位:つぶより野菜(カゴメ)

 

使用されている野菜の種類は

 

6種類と少ないですが

 

350gの野菜が使われており、

 

野菜の量は

 

他の商品と比べても

 

トップクラス。

 

 

野菜ジュースというより

 

スムージーの様な濃さが特徴です。

 

 

 

2位:48種類の濃い野菜(キリン)

 

使用されている野菜は48種類と多く、

 

砂糖の使用もありません。

 

48種類の中に

 

生姜が含まれているのが特徴です。

 

 

 

 

3位:野菜一日これ一本(カゴメ)

 

 

100%の野菜汁の使用で

 

21種類の野菜を使用しています。

 

350gの野菜を使用していることが特徴です。

 

 

 

 

4位:カゴメ野菜ジュース(カゴメ)

 

100%の野菜汁ですが、

 

野菜の種類が12種類と少なめです。

 

機能性表示食品として

 

 

認定を受けているのが

 

 

特徴で安心して飲むことが出来ます。

 

 

 

 

 

5位:あまいトマト(カゴメ)

 

 

100%の野菜汁で使用している野菜は、

 

トマトの1種類のみです。

 

 

トマトにはリコピンという

 

抗酸化物質が含まれています。

 

 

GABAも含まれており

 

リラックス効果が有ると言われています。

 

以上がおススメの野菜ジュース5選です。

 

 

 

野菜ジュースは意味ないわけでもない。

 

野菜ジュースは、効果ないや意味がないと思われている

 

様ですが調べてみた結果、

 

 

効果はあるようです。

 

しかし

 

野菜はジュースで摂取するより

 

食べ物で取る方が効果が有ります。

 

忙しい毎日で野菜が摂りにくい時には

 

便利な野菜ジュースです。

 

 

野菜ジュースを選ぶときも

 

ポイントがあり

 

Advertisements

購入前にはチェックしてみて下さい。

 

飲んではいけない

 

野菜ジュースもあり

 

 

添加物が入っていたり

 

 

砂糖が多く入っているものは控えましょう。

 

野菜ジュースは種類も多く

 

購入するとき迷います。

 

 

そんな時おススメの野菜ジュースを

 

紹介したので参考にして下さい。

 

野菜ジュースは野菜の栄養を摂取するのには

 

効果的ですが、

 

飲みすぎると逆効果の場合が有るので

 

注意しましょう。

 

テキストのコピーはできません。