薬剤師の結婚!手続きに旧姓。結婚率に結婚年齢。男性も人気!結婚指輪に結婚後。結婚できないは誤解。結婚したいなら結婚相手は見つかる!

スポンサードリンク
 





薬剤師は、社会的評価が高く、収入も安定しているので、

結婚したい職業として人気です。

資格を持っているので、

女性は出産後も

安定した収入を得ることができます。

しかし一方で、

薬剤師は結婚できない

難しい職業ともいわれています。

安定した職業のはずなのになぜ、

ここまでいわれるのでしょうか?

今回は、薬剤師が結婚するのが難しい理由や

解決方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 





結婚が出来ない?結婚率は?薬剤師がいわれる理由とは?

 

薬剤師が結婚するのが難しいと

いわれている理由は

3つあります。

 

結婚が出来ないわけではありません。

1つずつ詳しく解説していきますね。

 

 

• 出会いが少ない

まず、薬剤師の男女比率を調べてみたところ、

 

約6割が

女性薬剤師であることが分かりました。

 

確かに

病院の薬局で薬をもらうとき、

 

女性薬剤師の方が

多かった印象があります。

 

結婚率に影響があることがわかります。

そして、

主に薬剤師の働く場所は病院です。

 

一緒に働く職業として、

 

医師や看護師が挙げられます。

 

男性薬剤師にとっては、

 

「看護師と出会いがあるかも」

 

と思うかもしれません。

 

しかし、

女性薬剤師にとっては

 

圧倒的に女性の看護師が多いので、

 

出会いの場がほとんどありません。

 

また、医師とも部署が違います。

 

話す機会も少なく、

 

親しくなるきっかけもほとんどありません。

 

結婚するカップルの出会い方で

 

「職場」が

 

一番多いことに対して、

 

薬剤師は職場での出会いが少ないため、

 

結婚率も下がってしまうのでしょう。

ただ、中には

 

勉強会や研修の場で

 

医師や研修医と仲良くなり、

付き合ったという話も聞くので、

全く接点がないわけではないと思います。

 

• 忙しくて時間が取れない

薬剤師は働いても

新薬の勉強や研修への参加など、

学ぶことはたくさんあります。

 

そのため時間がなかなか取れず、

 

恋愛は二の次に

なってしまう方が多いようです。

新卒で働き始めたときは、

覚えることが多く、

恋愛をしている

暇がないという方が

ほとんどです。

また、順調にキャリアを積めば

責任のある立場を任され、

後輩の指導に追われるので

忙しくて

恋愛に割く時間が

なかなか取れません。

 

• 一人の時間が充実している

毎日仕事で忙しい反面、

薬剤師は高収入で安定しているため、

 

休みは趣味に

没頭したいという方もいます。

 

友人や同僚に

同じ趣味を持っている方がいると、

その方達と一緒にいる方が

楽しい感じ、

恋愛は後回しになってしまう

傾向があるようです。

 

また、忙しくても

 

仕事にやりがいを感じるため、

 

結婚しなくても

 

一人の時間が

 

充実していると思う方も多いようですよ。

 

 

以上の3点、

 

薬剤師が結婚するのは難しいと

いわれている理由でした。

確かに、

 

高収入で安定した職業なので、

 

一人でも生きていこうと思えば

生きていけますよね。

 

中には一人でいる時間が

充実しているので、

 

結婚したくないという方もいるほどです。

ただ、やっぱり

結婚したいという方もいますよね。

 

実は、薬剤師は結婚したい職業として

とても人気があります。

 

気になる詳しい内容は、

 

次でお話していきますね。

 

平均の年収は高い。人気。実は薬剤師を結婚相手にしたい方は多い?

 

薬剤師を結婚相手に。

結婚したい職業として、

主に男性から人気があります。

調べてみると、

男性が結婚したい女性の職業7位でした。

結果だけ見ると

中途半端だと思うかもしれません。

女性からしても

男性の薬剤師は人気はあるものの

女性の薬剤師のほうが人数が多いために

こうなるのでしょう。

 

しかし、厚生労働省の調べによると

日本の職業は約1万7千種類もあります。

そう考えると、

 

かなりの上位に

ランクインしているといえますよね。

 

理由としては、

 

薬の知識が豊富で、

 

細かいところまで

気遣いができそうという方が多いみたいです。

 

また、安定していて

 

高収入だからという

理由もありました。

 

薬剤師の平均年収は、441万円、

キャリアを積んでいけば、

さらに年収は上がります。

 

資格を持っているからこそx

これだけ稼げるのだと思いますよ。

 

ちなみに、

 

女性が結婚したい職業ランキングでは、

 

薬剤師は上位に入っていませんでした。

男女比率を考えると、

 

男性薬剤師の方が少ないので

入っていなかったのかもしれませんね。

他にどんな職業が人気だったのか、

 

表にまとめてみたのでご覧ください。

 

男女別結婚したい職業ランキングベスト8

 

 

男女別結婚したい職業ランキングベスト8

男性が結婚したい女性の職業

女性が結婚したい男性の職業

1位 看護師 1位 医者
2位 保育士 2位 公務員
3位 公務員 3位 弁護士
4位 栄養士 4位 商社マン
5位 医者 5位 IT社長
6位 キャビンアテンダント 6位 消防士
7位 薬剤師 7位 自衛官
8位 警察官 8位 銀行員

 

 

どれも高収入で安定している職業ばかりですね。

結婚すると育児や

マイホームの購入などで費用がかかるので、

資格がある職業が人気なのも納得です。

 

そして、医者は男女ともに

人気が高いですね。

 

最近では、

 

メディアで美人な女医さんが

 

出演している番組が増えてきているため、

 

女性だけでなく、

 

男性も結婚相手として

 

考えるのかもしれません。

 

職業は結婚相手として人気だけど。薬剤師が結婚相手を見つける方法とは?

薬剤師の結婚が難しい理由として、

「出会いが少ない」

とありましたね。

しかし結婚相手はいるのです。

結婚したいと思うのであれば、

まずは自分から

出会いの場を作っていくことが大切です。

 

ここでは、

薬剤師が結婚相手を見つける方法を

3つ紹介していきます。

 

• 学生時代の友達の集まりに参加する

学生時代の友達の集まりに

積極的に参加してみましょう。

 

久しぶりの再会から、

お付き合いが始まるかもしれません。

 

また、友人が紹介してくれる

可能性もあります。

友人の紹介であれば、

自分と相性が良さそうな方を

紹介してくれそうですし、

何より安心できます。

 

ただし、紹介された相手を

上手くいかなかった場合、

友人と気まずくなるかもしれないので

注意が必要です。

 

• 合コンや街コンに参加する

出会いがないなら

合コンに行ってみるのもオススメです。

 

今は、職業や趣味別といった

ジャンルで分けられている

合コン、街コンが

多く開催されています。

 

ジャンルが分かれていれば、

 

話が合う人と

出会う確率も高くなりますよ。

 

• 結婚相談所に相談する

結婚相手を見つける一番の近道は、

結婚相談所に行くことです。

結婚相談所であれば、

自分の条件に合った人を

探すことができます。

当然、相手も結婚を考えているので、

どの方法よりも

早く結婚相手が見つかる可能性が高いです。

 

周囲には内緒で婚活をしたいという方にも

オススメですよ。

ただし、本格的に婚活を始める場合は、

会員費用を払っていくことになります。

どうしようか悩んでいる方は、

まずは結婚相談から

してみるのも良いかもしれません。

 

適齢期に結婚観。出産の時期。薬剤師が結婚する最適なタイミングはいつ?

正直にいうと、

結婚観は人それぞれなので、

特にいつが良いというのはありません。

ただ、女性は出産や育児のこともあるので、

結婚するには

28~29歳までの間が理想といわれています。

また、薬剤師は就学期間が6年と長く、

新卒で働き始めるのも

最短で24歳からです。

働き始めは覚えることがいっぱいあるので、

恋愛どころではないと思います。

 

丁度仕事にも慣れ始め、

落ち着いてくるのが28~29歳頃なので、

結婚を考えている方は

その時期が狙い目です。

女性薬剤師にとって、

結婚の適齢期は

働き始めて数年できてしまうため、

早い段階から

結婚を意識することが大切ですよ。

ちなみに、

女性薬剤師の平均の結婚年齢は30代でした。

 

やはり就学期間が長い分、

結婚が遅くなってしまう

傾向にあるようです。

 

結婚生活は?退職は?薬剤師が結婚するならどんな相手が良い?

 

薬剤師の仕事は薬の開発や調剤など、

多岐にわたります。

 

職場によっては、

土日祝日も働く、

病院では当直勤務を行うこともあります。

 

そのため、

休みが不規則になってしまいがちです。

 

さらに勉強会や

研修に参加する時間も必要なので、

毎日がとても忙しいです。

 

なので、

必ず薬剤師の仕事内容や

勤務形態に理解がある方と

結婚することをオススメします。

 

薬剤師の仕事の大変さをきちんと理解し、

 

労ってくれる相手であれば

結婚生活も上手くいくでしょう。

 

ちなみに、オススメする

結婚相手の職業は公務員です。

 

公務員は、

基本的にカレンダー通りの休みなので、

例えば、

子どもが産まれてから

自分が土日に働くことになっても、

面倒をみてもらえます。

 

また、公務員も安定した収入があるので、

女性薬剤師の場合は

産休もしくは退職しても、

経済面で困ることはありません。

そう考えると、

公務員と薬剤師の組み合わせは

バランスが良いのかもしれません。

また、職場で良い出会いがあれば、

職場結婚する薬剤師も多いようです。

しかし、

医療関係者同士の結婚となると、

お金の価値観や

家柄の問題で

両親から反対されることもあるみたいですよ。

これは知り合いの薬剤師の話ですが、

同じ職場の医者と付き合い、

結婚することになりました。

しかし、結婚相手の両親が

「うちは親族が歯科医師や外科医といった

医者の家系なので、

医者同士の結婚でなければ認めない」

と言われたそうです。

結局、何度も説得して

しぶしぶ相手の両親は結婚を認めてくれたみたいですよ。

結婚後は家同士の繋がりもできるため、

相手の両親にどう思われるかも考えて、

結婚相手を探すことも大切ですね。

 

遅い?結婚するには?薬剤師の結婚後の働き方は?

薬剤師の方は出会いが少ないのが課題です。

しかしここで見方を変えてみましょう。

薬局に出入りする関係者などはどうでしょうか?

取引先の人であったり

お客さんである患者さん

少し視線をかえるといますよね?

薬剤師さんの結婚は可能性大なのです。

ここにある年齢はあくまでも平均です。

この枠から外れることもよくあることです。

結婚するには遅いことはありません。

結婚したら仕事と家庭の

両立をしていかなければいけません。

特に女性の場合は、

結婚相手の理解がないと

フルタイムで働き続けることは難しいと思います。

 

中には、

「家事もせずに働くの?」

と言ってくる方もいるかもしれません。

 

子どもが産まれると

育児に追われるので、

さらに忙しくなることが予想されます。

だから結婚後、

今の職場で働くのが難しいと感じたときは、

 

転職を考えてみることをオススメします。

 

ちなみに何年目から

転職に有利なのか調べてみましたが、

基本的に、

1年以上薬剤師としての経験があれば

どこの職場でも受け入れてくれるそうです。

実際、結婚してから

今までのように働くことが難しくなり、

転職をしたという方の体験談では、

以前より働きやすくなり、

家のことができるようになった。

夫婦の時間が増えたなど、

転職して良かったという声の方が多いです。

また、パートタイムで働くのも

一つの選択肢だと思います。

転職するときは、

こちらの条件に合う職場を

探してみてくださいね。

• 土日祝日が休み、当直がない

• 自宅や駅から職場が近い

• 勤務する時間が短く、残業もほとんどない

全ての条件が揃った職場を探すのは

難しいことだと思います。

ただ、大切なのは

結婚生活において

何を一番大切にしたいかということです。

価値観は人それぞれ違うので、

夫婦でしっかり話し合って決めてくださいね。

 

報告はどうする?本籍は?事情があるなど。薬剤師が結婚するときに知っておきたいこと

ここでは薬剤師が結婚するときに、

知っておきたいあれこれや、

薬剤師の結婚式に関する

面白い質問もあったので紹介していきますね。

 

• 職場への結婚報告のタイミングは?

少なくとも3~4か月前には

職場に結婚報告をするようにしましょう。

産休や退職をする場合だと、

引継ぎ作業を行う必要もあります。

職場結婚や

先に子どもができてしまったなど、

様々な事情があり、

なかなか言い出せない方もいると思いますが、

後任のことも考えて

早めに行動することが大切です。

ただ、事前に

就業規則は確認しておいてくださいね。

 

• 結婚する際に伴う職場への手続きって?

主に扶養家族・住宅手当といった

福利厚生や

公的書類の

手続きが必要になります。

職場で手続きや書類を

処理してくれる担当者に

確認するようにしましょう。

 

• 結婚して氏名が変わった場合、免許の変更手続きはどうしたらいい?

結婚して氏名が変更になる場合、

指定された書類を

住所地の保健所に届出する必要があります。

指定された書類とはこちらになります。

 

1. 薬剤師名簿訂正申請書

薬剤師免許番号や、変更前の氏名、本籍地の住所など記載します。

2. 戸籍謄本または戸籍抄本

3. 1,000円分の収入印紙

4. 印鑑

提出期限は、

入籍してから30日以内になるので

遅れにように手続きしてくださいね。

また、戸籍上では

氏名が変わったが、

薬剤師名簿では

旧姓を使いたい場合も

手続きが必要になるので注意してください。

 

• 薬剤師の結婚式でどんな余興をしたらいい?

調べてみると、

職業を取り入れた演出を

行ったといった体験談が見つかりました。

薬剤師同士の結婚式に招待されたので、

余興ではお笑い芸人COWCOWさんの

「あたりまえ体操」の歌詞を、

薬剤師あるあるに変えて

披露したという方や、

新郎新婦のプロフィールを

処方せんに見立てて

作成したという体験談がありました。

どれも薬剤師ならではの

演出なので面白そうですし、

喜んでくれそうですね。

逆に新郎新婦が

招待客へのおもてなしとして、

招待客にジュースを調合して振る舞った、

ウェディングケーキに

風邪薬のイメージキャラクターを

のせた写真もありましたよ。

みなさんも良かったら参考にしてくださいね。

 

• 薬剤師って職場に結婚指輪を付けてもいいの?

薬剤師の仕事上、

衛生的に良くないといわれているため、

結婚指輪に関わらず

アクセサリーは付けない方が良いです。

特に、無菌調剤が必要な場合は

必ず外すようにしましょう。

事前に結婚指輪を付けても

問題ない職場なのか

確認しておくと良いかもしれません。

 

コメント

  1. てあww より:

    薬剤師に好きな女性がいるもんで

テキストのコピーはできません。