スペインで就職する日本人!就職率は?就職難の中どう活動する?

スポンサードリンク


 

ヨーロッパの中でも日本人に人気のスペインだけに、

就職して現地に住みたいという人が多いが・・・

 

実際に就職した人が周りにいないと

知らないことばかりで不安。

 

 

そこでこの記事では、実際の体験者が

スペイン就職の現状について紹介する。

 

 

スポンサードリンク

スペインで就職する日本人。就職難で低い就職率…どう活動すればいい?

 

現地人の失業率は日本の7倍近く、若者の2人に1人に

仕事がない中で、外国人であるあなたがスペインで

就職するのは至難の業。

 

ここは、日本人の強みを活かすほかない。

 

 

例えば寿司職人になるために日本の学校で学び、

学校からスペインでの就職先を紹介してもらうなど。

 

現地スペインの学校を卒業し、ツアーガイドとして

観光関係の仕事に就職するのも一つ。

 

日本人向けなら、例えば世界の観光地に

展開するタビナカでは現地在住のガイドを常に募集している。

 

 

スペインでの就職先の探し方だが・・・

 

現地の職安であるSEPEに登録する、オンライン

仕事を探すなどは行動力のあるあなたに合っている方法と言える。

 

 

このスペインでは現地でのコネクション

大切になってくるので、facebookで事前に知り合いをつくって

就職先を紹介してもらうのも一つ。

 

スペインの都市部などにある日本食レストランなどへの

就職を希望する場合は、お店に足を運んで直接交渉。

 

不景気のヨーロッパにあっては、履歴書を持って

飛び込むくらいのフットワークが必要になる。

 

 

スペインでの就職活動時期は、現地の就職状況や

就職事情を考えると、当然ながら早いに越したことはない。

 

 

スペインでの就職の魅力と問題点

 

英語や中国語と同様に、世界中で話す人が最も多い言語の一つ

スペイン語。就職後に仕事を通じてこれを学べるのは、

今後を考えても大きい。

 

 

また日本人とは違う明るい気質

スペイン人と気が合えば、楽しく仕事を続けていける。

 

就職して現地で生活するにしても、

スペインという豊かな文化の街は魅力。

 

 

さらには、1年に有休が30日もあったり

公的医療が無料だったりするのもいい。

 

 

一方でスペイン就職の問題点は、

この国にワーホリの制度自体がないこと。

 

ただ日本とスペインがワーホリ協定に署名したので、

近い将来この方法も選択肢になる。

 

 

現状はほとんどの日本人が学生ビザで3年以上滞在し、

その後就労ビザを取って働くというのが一般的。

 

この学生ビザでは、制限はあるものの

パートタイムで仕事ができる。

 

 

就職面接はポイントで判断され、自分の

今までしてきたことや長所など、自己アピールが

しっかりできることが必須になる。

 

当然あなたとしては、この就職しようとする会社が

しっかり就労ビザが出るまで面倒みてくれるかどうかを

判断することが必要だ。

 

 

スペインでは英語を話す人がそれほど多くはないため、

就職に際しては一定レベルのスペイン語ができることが条件となる。

 

 

ちなみにスペイン人の平均給与は月20万円弱。

北部バスクやマドリード方面が給与が高めなので、

多くの人が就職先を求めてやってくる。

 

日本の東京やこのフィリピンのマニラと同様、

外国人のあなたがスペインで就職するなら

やはり都会が選択肢となる。

 

 

スペインに就職して移住するなら知っておきたいこと

 

現地でツアーガイドをするタカシ。

 

バルセロナに住む彼だが、「ここは家賃は高いものの、

それ以外はほどほどなので自分の給料でやっていけます」

なんて話していた。

 

 

ただしこのバルセロナやマドリードは当然

地方よりも生活費がかかる。

 

仕事が安定するまで、例えば移住してから1年以上は

不安なく生活できるだけの貯蓄を持っていたいところ。

 

 

ちなみにスペインは物によって消費税が違い、

何と15パーセント以上もの幅がある。高い物だと

20パーセント以上になるので注意が必要。

 

現地での生活を考えると

これは無視することができない。

 

 

このヨーロッパの人気国スペインに

移住したい語る日本人に、何人か出会った。

 

最近では、丸の内OLでありながらスペインの

フラメンコにドハマりした美寿紀。本気で移住を

考え、現地在住の日本人のブログを読みあさっていた。

 

 

このようにスペインは人気の国であり、そもそも

リタイアメントビザなど長期滞在や移住のためのビザが取りづらい

 

当然ながら、スペイン人と結婚するのが

現地に移住するにはベスト(笑)。

 

とは言うものの、クリスチャンの国スペイン。

結婚には宗教的に様々な規定が。

 

 

またスペインでは結婚の手続き自体が複雑であり、

かつ6カ月という長い期間がかかる。就職も含め現地に

在留し続けられるよう、しっかり計画を立てておきたい。

 

それでも魅力あるスペイン移住

 

難しい面はありながらも、

やはりスペイン移住は魅力。

 

フラメンコのような情熱的な文化はもちろん、

ガウディーの作品を始め世界遺産にも事欠かない

美しい街並み。

 

またバイク乗りの頃から太陽が大好きな俺は、

イギリスと違って好天の日が多いのはこの上なく嬉しい。

 

 

またスペイン料理は日本人に馴染みがあり、

味覚にも合っている。移住後の食生活に不満はないはずだ。

 

まさに俺もスペイン料理に目がない一人で、

パエリアなら毎日の主食にできる(笑)。

 

 

ノリが良く明るいスペイン人。

 

俺が移住したこのフィリピンの人達もスペイン人の

血を引いている人が多く、テンションが似ている。

 

フレンドリーでとっつきやすいから

友達にもなりやすい。

 

 

何より、国民の皆が昼寝を習慣にしているのは

最強の文化(笑)。昼寝がパワーナップとして

重要であることは、世界的にも認知されてきている。

 

 

様々な魅力のあるこのスペインで良い就職先に恵まれたら、

相当幸せな日本人の一人になれるのは間違いない。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント