悪口を言わない人(女)は友達が少ない?信用できない?その心理は?悪口を言わないようにするには…言わない人になりたいなら言わない方法や名言、効果や愚痴を言う人・言わない人の特徴を知ろう。「言わない人が嫌い」と嫌われる理由は無関心だから?言わない方がいいのは分かるけど…言わない人なんていない、言わないなんて無理?

スポンサードリンク






 

悪口を言わない人は信用できない?

悪口を言う人の方が信用できない気がするが……

 

 

悪口を言うことで、場が盛り上がったり、

一致団結するという女性独自の嫌な点もある。

 

 

世間はどう感じているのだろうか。

 

また、悪口を言わないで済むようになるには

どうしたらよいか。以下で考えていこう。

 

 

悪口を言わない人、特に女は友達が少ない?信用できない?人のことを言わない心理

スポンサードリンク

 

悪口を言わない人は嫌われるという説がある。

悪口を言わない人は嫌いと言われるのはなぜだろうか。

 

それは、悪口を言わない人は、

他人に対して無関心であるという心理があるからだ。

実際、なかなか悪口を言わない人なんていない

 

そして、悪口を言わない人は信用できないと言われ、

友達が少ないという話がある。

 

 

だが、悪口ばかり言う人と、

楽しく明るい良い話が出来る人と、

どちらと一緒にいて楽しいだろうか。

 

自分は完全に後者といる方が、楽しいし気も楽だ

自分自身も前向きになることが出来、

楽しい話が出来る仲間には、相談もできて信頼している

 

 

しかし世間では、悪口を言わない人が嫌いだと言われている。

確かに現代のネット社会では、

炎上であったり批判が多くみられるのも、

 

悪口が蔓延している。

特にTwitterや2ちゃんねると呼ばれる

書き込みサイトやでは、批判や中傷がひどい

 

 

一方、きらきらした世界観をもつ

インスタグラムでは、叩かれたり、

悪口を言われることはなかなか無い

 

これはTwitterとインスタグラムのはいったい何だろうか。

それを考えた時に感じるのは、

相手の顔が見えるか見えないかではないだろうか。

 

悪口も基本相手に面と向かって言い合うのではなく

相手の顔が見えないところで言うもの。

 

悪口を言うことで、

相手を陥れたいという心理が働いているのである。

 

悪口を言うことが面白いと感じ、

その場の会話を盛り上げるために、悪口を言っている。

特に女性は悪口を言うことで団結しているように感じる時がある。

 

 

だが、悪口を言われる対象が

いつ自分になるかわからない。

 

そんなひやひやする心情の中、

悪口を言う仲間といても楽しいとは思えない。

 

 

また、よく人の悪口を言う人というのは

ほしがり」の人が多いように感じる。

つまり、物欲だけではなく、自分の立場や生活環境

 

人間関係、あらゆるものに不満がある。

そしてもっといいものがほしい

 

いつも思っているような人が、

他人を見るとなにかと悪口を言いがちである。

 

 

だが、悪口を言わない人の心理は、

単純に自分が言われたら悲しいし嫌だと感じる。

そして、悪口を言ったところで得るものがないからだ。

 

 

悪口を言わない方法と、名言から学べること

 

悪口を言わない方がいいのは当然だし、

悪口を言ったところで何も得るものがない

 

言われた相手は、言われてることに

気づいた時にはひどく傷つくし、悲しい思いをさせる。

 

だが、悪口言いたくてしょうがない、

ストレスがたまっていたり、

どうしても相手を陥れたくて仕方がない。

 

 

そう思っても断然、悪口は言わない方がいい

悪口を言わない方法はとても簡単。

悪口はたばこと同じ

スポンサードリンク

 

たばこは良くない物だとわかっていても、

たばこを吸うことで

イライラが解消されるように感じるもの。

 

だが、実際のところ、

たばこを吸うことで身体への悪影響ははんぱではない。

また、副流煙として、周りへも悪い影響を与える。

 

 

悪口もたばこと同様で、悪口を言うことで

ストレスが解消されるかと思いきや、

そのストレスはさらに増殖され、

 

自身をさらに追い込むことになる。

 

 

また、悪口を言われた相手はもちろん、

悪口を話された人は嫌な気持ちになる。

 

悪口を言うことは、自分のストレスをさらに増やし

周りへも悪影響を及ぼす。

 

 

まずは、悪口が全く良いことがないことを、

自身に言い聞かせよう。

 

 

そして、悪口を言わないようにするには、

ノートを付けること。

 

これは、デスノートのように悪口を書いて、

相手の名前を書いて呪うのではない

まずはノートを見開きにした左側に、悪口を書く

 

そしていったん気持ちを落ち着かせてから、

右側には解決方法を書く

 

解決方法のポイントは、

『相手が○○したら解決する』でなはく、

 

相手が○○してきても自分が△△したらOK

というように解決方法を記す。

 

数日後、このノートを見返したときに、

なんでこんなことでイライラしていたんだろうと

感じることも多いはず。

 

 

悪口に関する名言は、昔から数多くある。

悪口を言う側の人を象徴とする名言がある。

 

【ブスに限って、言葉もブス】という

名言をマツコ・デラックスが残している。

これを言われては、なかなか悪口を言いたいとは思わないだろう。

 

次に、悪口を言われた側の名言としては以下のものがある。

名言の帝王、ローランドが悪口を言われた時の悩みを相談され

名言を残している。

 

【ローランド様のファンのハタチです!

今の店で売れてから女の嫉妬なのか

嫌がらせされたり悪口を言われたりして

 

辛いですがどうしたらいいですか?

教えてください。】

 

この問いに対しローランドは

 

【別に誰に嫌われたかなんて重要じゃないよ。

大切なのは誰に好かれたか!

俺は自分のファンで居てくれる君が好きです。

 

ほら 世界で1番の男に好かれているって事実、

忘れないで!】という名言を残している。

 

 

まとめ

 

悪口や愚痴、噂話を遠ざけ

他人のことをとやかく言わない大人には、

共通点がある。

 

それは、自分がいつも気持ち良くいられる

工夫をしているということ。

 

そして、悪口がどれだけその本人や、

何より悪口を言っている自分自身を

傷つけるかを知っている。

 

その悪口が本人に伝わったらどうなるかを、

容易に想像できるのである。

 

 

そもそも悪口は劣等感の表れ。

そして劣等感は自信のなさから来ている。

 

自信を持つ簡単な方法は、

外見に気をつけて変えてみること。

自分に自信が持てれば

 

周りをうらやましく思うことが減り、

悪口を言いたくなる気持ちを抑えることが出来る。

 

また、ノートを付けていくことで、

気持ちをコントロールすることも可能になる。

悪口を言うことで得るものは何もない

 

自分の気持ちをコントロールし、

悪口とは無縁のポジティブな暮らしを手に入れよう。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)