和菓子の市場について解説

スポンサードリンク
 





 

お菓子は食事と違って様々なシーンで食べられます。

 

お茶うけやデザートとして食べられることはもちろん、

 

手土産やお見舞い、季節行事にも食べられます。

 

お菓子と言っても、

 

洋菓子、和菓子、洋菓子のような

 

和菓子、和菓子のような洋菓子もあります。

 

和菓子市場がどうなっているのか、

 

市場動向について調べてみました。

 

 

 

スポンサードリンク
 





和菓子市場の市場動向調査を見てみた

 

 

全日本菓子協会がまとめている資料を見ると

 

お菓子の小売金額が多いものは、

 

1位がチョコレート、

 

 

2位がおまんじゅうやようかんなどの和生菓子、

 

 

3位と4位は僅差で

 

 

ケーキやドーナツなどの洋生菓子もしくは

 

 

スナック菓子となっていて、

 

 

これは平成29年から同様の傾向が見られます。

 

 

 

アイスクリーム類の売り上げは

 

 

その夏の天候に左右されますが、

 

 

和菓子や洋菓子は天候に左右されることはないでしょう。

 

 

 

少し前まではクリスマスが平日なのか

 

土日なのかでケーキの売り上げが変わりましたが、

 

 

今となってはクリスマスにケーキを食べる習慣は

 

定着したと考えられます。

 

 

 

そうなると、

Advertisements

 

 

Advertisements

売上金額は消費者の好みが

 

反映していると考えられそうです。

 

 

 

和菓子市場を調査した統計資料から考えられること

 

 

和菓子も洋菓子も柔らかいものが

 

好まれるようになってきたことがわかります。

 

アメの中でも、

 

 

固いドロップタイプのアメよりも

 

 

グミなどが好まれるようになりました。

 

そのため、固い印象のある、

 

 

せんべいやかりんとうなどの

 

売り上げが低迷しているのでしょう。

 

 

 

和菓子は贈答用よりも

 

 

家庭内での消費が多く見られます。

 

 

 

これは働き方が変わってきたこと、

 

 

子供の日に柏餅を食べるなど、

 

 

行事と結びついていることが考えられます。

 

 

 

高齢者は洋菓子よりも

 

 

和菓子のほうを好む方が多い印象ですが、

 

 

 

これは次々に新商品が発売される

 

 

洋菓子に情報が追い付いていないために、

 

 

 

馴染みのある和菓子を好んでいる、

 

 

バターや生クリームを使った

 

洋菓子を重いと感じる方もいるでしょう。

 

 

 

 

また、いつでもダイエットを気にする方が増えていますので、

 

 

比較的カロリーの低い和菓子が好まれ、

 

 

またアレルギーの観点から、

 

洋菓子を選びにくい面も考えられます。

 

 

 

 

2018年の調査では和菓子などお菓子の市場規模は2兆を超えている!

 

 

2018年の市場調査ではお菓子の市場規模は2兆2907億円です。

 

想像以上に大きな市場であることがわかります。

 

 

消費者はどこでお菓子を購入しているかのグラフを見ると、

 

 

デパート+専門店よりもスーパーや量販店、

 

コンビニでの購入が圧倒的に多いことがわかります。

 

 

そのため、コンビニで発売となった

 

「バスク風チーズケーキ」がヒット商品となりました。

 

 

 

また、外国人観光客からも和菓子への関心が高いのですが、

 

賞味期限が短いことから

 

和生菓子の売り上げに結びついていないようです。

 

去年までは外国人観光客がドラッグストアを訪れて、

 

薬や化粧品と一緒に

 

日本のお菓子を大量に購入する姿が良く見られました。

 

 

これらのことから、

 

スーパーやコンビニで気軽に手に取りやすい商品を開発する、

 

ヒット商品を開発するなどの工夫が必要でしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

お菓子の小売り金額の順位は、

 

1位チョコレート、

 

2位が和生菓子、

 

3位と4位は僅差で洋生菓子、

 

もしくはスナック菓子となっています。

 

お菓子の市場規模は

 

2兆2907億円ととても大きなものになっています。

 

市場動向調査から、

 

Advertisements

和菓子市場は高値で安定していますが、

 

消費者の好みは変わっていきます。

 

柔らかいもの、

 

スーパーやコンビニで

 

気軽に購入できるものに人気が集まっています。

 

今後の商品開発に生かされることが期待されます。

 

 

コメント

  1. fだ より:

    だあ

テキストのコピーはできません。