ウズベキスタンの女性の眉毛や性格!服装(一人旅)や顔、結婚(美人の紹介)など…名前や女性の地位も紹介

 

ウズベキスタンは中央アジアに位置する、

かつてシルクロードの中継地として栄えた国。

 

一部の日本人に人気の国だが、ウズベキスタン女性は

日本に多くなく、実際のところがよく分からない。

 

 

そこで、この記事では

そのウズベキスタンで暮らす

女性について考察してみる。

 

 

ウズベキスタンの女性の眉毛…顔は美人?性格はわがまま?脈ありのサインやベッド…ウズベキスタン女性の本音

 

ウズベキスタン女性は

美人が多いことが有名である。

 

 

西洋と東洋の中間に位置する国柄、

その東洋と西洋の血が混じってきた歴史があり、

ハーフ美人もとても多い。

 

東洋の空気を感じる、

エキゾチックで

ハッキリとした顔立ちの人が多い。

 

 

髪も黒髪が多く、

ミステリアスな雰囲気である。

 

眉毛も濃いめ。

 

地方部には眉毛を

わざとつなげた女性がいる。

 

最近では少なくなってきているが、

眉毛が繋がっている女性が

美しいとされた文化もある。

 

 

同じく都市部と地方部では

ウズベキスタンの女性の地位に格差がある。

 

都市部では就業率も高く、

各々好きな服装で自由に働いている。

 

しかし、地方部では

まだ女性は家事や育児に専念する

という考えが強く根付いている。

 

 

職業選択の自由も

男性に比べると少ない。

 

 

ウズベキスタン女性の性格は、

わがままではなくおおらか。

 

親切な人が多く

母国愛が強い人が多い。

 

 

恋愛面において保守的な女性が多いので、

情熱的なアプローチよりも

落ち着いたアプローチのほうが響きやすいだろう。

 

些細な脈ありサインも見逃せない。

 

 

ウズベキスタンの女性と結婚!紹介してくれる場所は?

 

ウズベキスタン人女性と出会うのに、

一番手っ取り早いのは

ウズベキスタン現地に行くことだ。

 

日本人向けのツアーなどあるので、

利用するといいだろう。

 

直接顔を見て出会えるので安心感も強く、

距離感を最短で縮めることが出来るだろう。

 

 

街中で声をかけるのが難しい人は

現地の紹介所など利用するといいだろう。

 

 

現地に行くのが難しい場合は、

SNSや紹介サイトなど、

インターネットを利用することがオススメである。

 

親日のウズベキスタン女性や

好みのタイプなども

検索できるので効率が良い。

 

 

相手も出会いを求めているので

現地でナンパなどするよりは成功率は上がる。

 

しかし、結婚となると

注意が必要なことも多々ある。

 

全く違う文化で生まれ育っているので、

その文化の違い、特に宗教観などは

あらかじめすり合わせしなければならない。

 

 

ウズベキスタン人女性の名前は結婚後、

姓は夫婦別姓か、

夫婦どちらかの姓に統一するか選べる。

 

国際結婚の場合、

別姓を選ぶ人が多い。

 

そこも日本の文化とは

違うところである。

 

 

 

 

ウズベキスタンを女性が一人旅できる?一人旅の服装は?

 

世界遺産にも登録されている

美しいイスラム建築が

数多くあるウズベキスタン。

 

観光地としても人気の国である。

 

 

基本的には親日家が多い親日国で、

夜でも子供が外にいるくらい治安はいい。

 

女性一人旅でも

最低限の警戒をしておけば

安心して観光できる国である。

 

 

30日以内の観光でも必要だったビザは、

2018年に廃止されているので、

より旅行しやすい国となった。

 

ウズベキスタンは、

夏はものすごく暑く、

冬はものすごく寒い国である。

 

観光のベストシーズンは

4~6月や、9~10月あたりだが、

ベストシーズンも朝晩は冷え込む。

 

現地で体調を崩さないためにも、

服装には注意したい。

 

 

観光でモスクなど訪れる際は、

露出の高い服装などはNGだ。

 

軽く羽織れるものは必須。

 

ロシア正教会に訪れるときには

頭を覆うスカーフのようなものを

用意しておくといいだろう。

 

 

まとめ。ウズベキスタン女性は保守的なので控えめなアプローチを

 

青の都とも呼ばれるほど

美しいウズベキスタン。

 

歴史的な建築物が残る一方で、

都市部は緑化都市として

きちんと整備されている。

 

観光客にも親切な国民性である。

 

その美しい街並みと

ウズベキスタン美人を堪能するために

一度は訪れてみたいものだ。

 

コメント