台湾に移住して後悔?老後の生活費や条件(移住条件)で失敗…移住するにはビザや50歳の仕事が必須?デメリットもブログで紹介

スポンサードリンク


 

台湾といえば、日本人が

比較的イメージしやすい近隣の国だ。

 

海外への移住を考えている人にとって、

隣国というだけでハードルが下がることも珍しくない。

 

だが、旅行で行く場合と、

実際移住する場合では大きく違ってくる。

 

 

旅行で台湾を訪れた際は、

とにかく食事が自分の口に合い

楽しい思いをした。

 

最もそれは、

食事をメインと捉え

旅行先に選んだから。

 

 

移住となると毎日の生活、

文化の違い、言語の壁などが

ダイレクトに影響する。

 

 

若いうちは勢いと体力で

どうにかできるかもしれない。

 

しかし体力も次第に衰え始めると、

勢いだけではどうにもならない。

 

 

移住して後悔してしまわないためにも、

老後のことまで考えておくべきである。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

スポンサードリンク

台湾に移住するには?ビザの条件など移住条件について

 

台湾での永住権取得を考えているのであれば、

ある程度の条件のクリアを目指すことになる。

 

しかし、台湾は移住するにも

比較的ビザがとり易い。

 

 

日本人の場合はなんと、

ノービザで3か月の滞在が可能なのだ。

 

 

そのため、3か月以内に出国し、

再び入国を繰り返すという外国人も多くいる。

 

だがこれは非常にグレーゾーンの方法。

 

あくまでも観光ビザは

観光のためのものである。

 

 

永住権を得るためには、

合法で5年間以上住んでいる

という条件も出てくる。

 

曖昧な方法での滞在は、

注意すべきところだ。

 

 

次に、一般的な就労ビザを

取得するための条件は、

職務経験が必要となる。

 

大卒の場合は2年以上、

短大及び専門学校卒の場合は

4年以上の職務経験が必須だ。

 

就労可能である限り、

何度でも更新できる

一番おすすめのビザである。

 

 

注意点としては、

事業主が就労許可を申請するため、

許可が下りるまで働けない。

 

 

早く対応してくれる事業主であっても、

2週間以上かかることはやむを得ないのである。

 

 

就労ビザ以外に、

退職者ビザというものが

用意されている。

 

 

満55歳以上であり、

まとまった資金を持っている、

などの条件が必要だ。

 

 

台湾に移住する準備!仕事や家族は?

 

それでは、

台湾移住が決まったとして

準備はどうするのか。

 

単身でバックパッカーのような

生活をするのとはわけが違う。

 

 

家族のいる場合、

仕事はどうするのか

事前準備が重要となる。

 

一人暮らしのようなノリで、

いきなり台湾に行くことはやめてほしい。

 

 

いきなりは家族がいれば

反対されるだろうが(笑)。

 

 

台湾に限らず、まずは

海外就労を果たさなければならない。

 

ありがたいことに、

台湾は日本人にとても優しい国である。

 

 

日本人に向けた仕事は多数あり、

おまけに日本人も多く就労している。

 

 

見ず知らずの土地に、

同志がいることは

非常に心強いだろう。

 

 

今では海外専門のエージェントもおり、

日本にいながら仕事の

オファーを受けることも可能だ。

 

 

日系企業や、

日本食レストランなども多い。

 

 

就労先は他の国と比べ

見つけやすいだろうが、

忘れてはいけないのは収入の差だ。

 

 

日本より物価が安いと安心する反面、

収入も低くなることを頭に入れなければならない。

 

 

台湾に移住…税金や老後の年金、生活費は?

 

台湾に移住した時のことを考え、

気になることは、

言語よりまずは予算だろう。

 

 

台湾に移住し、

住む家を確保することは

必須条件である。

 

 

台湾ではルームシェアが人気のようだが、

家族の場合そういうわけにもいかない。

 

 

学生向けにはワンルームや

キッチン・バスなしの物件が多い。

 

 

しかし夫婦で

キッチン・バスつきの家を探すと、

それなりの値段となるのが現状だ。

 

 

旅行で訪れるだけで、

実際に生活することを

考えていない人が多々いる。

 

 

確かに物価、というよりも

食費は安くつくだろう。

 

何しろ屋台など食べる物、

場所はいくらでもあるのだ。

 

日本人の口に合うものも多い。

 

 

イコール、生活費は

それほど必要ないというわけではない。

 

 

仕事をしている場合、

日本よりずっと収入が

減ってしまう可能性が高いからだ。

 

 

日本に住んでいる水準から見ての

「物価が安い」という言葉である。

 

 

実際現地の人達がみんな

そう思って生活しているのか考えてほしい。

 

 

もしそうであれば、

日本のみならず台湾への移民が

途絶えないはずだ。

 

収入が減ってしまう中での生活と考えると

イメージできるのではないだろうか。

 

 

実のところ、台湾に移住しながら

貯金をするというのは難しい。

 

 

また、台湾にはぜいたく税など、

日本にはない税金があることも

押さえておくべきである。

 

 

次に、

老後の移住を考える人にとって、

気になるのは年金だろう。

 

 

海外は、60歳未満でも

年金への加入の義務がなくなる。

 

 

海外に移住しても

年金をもらうことは可能だが、

国民年金への加入をおすすめする。

 

慣れない土地で年金どころではない。

 

義務ではないのだから

そう考えるのも無理はない。

 

だが、老後のことを考えるのであれば、

国民年金はぜひ加入しておきたい。

 

 

そうしなければ、

就労を終えた先に充実した移住生活は

待っていないと言っても過言ではない。

 

 

台湾に移住するデメリットをブログで公開!失敗したと後悔しないために

 

では最後に、台湾に移住した際の

メリットとデメリットをまとめておこう。

 

 

まずメリットは、

とにかく親日で日本人にとって

居心地のいい国である。

 

 

仕事面だけでなく、食事や生活、

そして多少の日本語が

通じることがありがたい。

 

これらは海外移住への足掛かりとなり、

とても助かることである。

 

 

それとは逆に、

デメリットを見てみよう。

 

台湾に移住し、

失敗したと後悔したという人が語るのは

ダントツで収入である。

 

無論、それを承知で

移住したという人もいるだろう。

 

 

しかしながら、

いきなり10万の収入になるのは

正直それなりの覚悟が必要だ。

 

 

「台湾は物価が安いから収入が減っても大丈夫!」

 

 

そう思っているのなら、

残念ながら後悔してしまう

パターンの人間である。

 

 

都心に住もうと思えば家賃が高い、

ということは日本でも同じだ。

 

しかし金額自体は

日本の家賃より確かに安い。

 

そのため、安いと捉えられがちだが、

「収入が少ない」ことを

忘れてはいけない。

 

 

現地の暮らしが気になる人は、

ブログをチェックすることもおすすめする。

 

移住者のブログ

 

 

まとめ

 

食に関しては

本当に困ることがない国、台湾。

 

 

何度も言うが、

自分は台湾の食事は

非常におすすめしたい。

 

旅行で行くのなら、

ぜひまた行きたい国の一つだ。

 

リーズナブルに日本人の

口に合うものが食べられ、

おまけに日本食も十分にある。

 

 

そして親日である文化とも言える人柄が、

台湾での居心地の良さを感じさせる。

 

 

しかしながら、実際に移住となると

大変不便な事柄も出てくるのだ。

 

 

自分も、若いうちに

楽しむのは大賛成である。

 

だがいつまでも

若さを保ってはいられない。

 

 

住んでからこそわかる点は多々ある。

 

 

今回の記事で、

少しでも事前のイメージが

できれば幸いである。

 

 

台湾のみならず、

海外移住は老後のことまで

考えた上で検討してほしい。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント