台湾のビーチ!リゾートできれいなのは?おすすめのビーチリゾートホテルも

スポンサードリンク


 

台湾のビーチリゾートでシュノーケリングしたい。

 

でも台湾情報は食に関するものが豊富なのに、

きれいな海やリゾートの情報があまりない・・・

こんな声が時々耳に入る。

 

近場の外国・台湾だが、きれいな海なら

東南アジアまで足を伸ばす人が多いのか?

 

 

そこで今回は、実際に行ってみて良かった

シュノーケリングや海水浴におすすめのビーチを

いくつかご紹介する。

 

 

スポンサードリンク

台湾のビーチで海がきれいなリゾートやホテルは?ビーチリゾートなら墾丁?

 

スポンサードリンク

 

シュノーケリングなら、俺が個人的に

最もおすすめしたいのは墾丁

 

台北から数百キロ南下したところにあり、

タクシーかバスで高雄から1時間ほど。

 

 

ここの主なビーチは、やはり南湾。

一般的な台湾のイメージとは違う、

南国の雰囲気満載のビーチだ。

 

シュノーケリングを始めマリンスポーツはもちろん、

周辺には博物館や公園もある。

 

夜市が豊富で、お酒を飲んで

ナイトライフを楽しめるのもいい。

 

 

またリゾートのある島として知られる緑島

ここは俺も大好きな温泉まで満喫できる(笑)。

 

あとシュノーケリングには、珊瑚礁でできた島

小琉球。海の色が何しろ美しい。

 

 

それ以外では、アクセスの良さで考えたら

台北から電車1本で行ける便利な福隆海水浴場

 

台湾で、観光地らしい様々なイベントを

ビーチで楽しむにはおすすめの場所。

 

ただし時期によっては混雑しているので、俺のように

人混みが苦手なあなたなら(笑)行く時期は選びたい。

 

 

同じくアクセスが良く、美しいビーチと

夜空が綺麗なことで知られる隘門沙灘

 

 

宜蘭は、あなたがサーファーなら是非おすすめしたい。

台湾でサーフィンという何ともオツな体験ができる(笑)。

 

亀山島は、この場所で有名な観光ポイントだ。

 

ただしここには活火山があるので

状況には注意を。

 

 

台湾に来て広々した場所を楽しみたいなら、

全方向を見渡せる開放的なビーチと白い砂浜の吉貝を。

 

七星潭風景区は小石が多く少し歩きづらいが、

個人的にこの景色が好き。

 

 

日本人に旅行で人気の台湾。

 

ビーチも意外と充実しているのを知ったのは

スポンサードリンク

現地在住の畑中に情報をもらってから。

 

好みや利便性で選ぶことになるが、

台湾のビーチにも様々な顔がある。

 

 

台湾のビーチの魅力は、何しろ日本から遠くないので

費用もそれほどかからない点。

 

ちょっとした海外を楽しみたいというあなたには

便利な場所だ。

 

 

台湾のビーチリゾートホテルでおすすめなのは?

 

泊まってみて個人的に良かったのは、ハワードプラザホテル。

 

 

シーザーパークホテルやシャトービーチリゾートも

仲間の間で人気だが、ここは匂いのきつい台湾料理同様(笑)

好みで分かれるところだろう。

 

 

台湾のビーチ。シュノーケリングや海水浴に最適な時期は5月?3月は?

 

台湾で海水浴やシュノーケリングを楽しむなら

6月から8月がベストシーズンで、日本とほぼ同様。

 

沖縄だと3月でも泳げるが、これは台湾も同じ。

ただ曇ると、やはり肌寒い。

 

そして当然ながら、北部と南部では1℃くらいの

微妙な気温差が。関東で言えば湘南と下田くらいの差か(笑)。

 

 

8月からは台風がやってくるので

気象情報はしっかり見ておきたい。

 

 

まとめ。台湾のビーチを楽しむなら

 

台湾でシュノーケリングや

海水浴を楽しめる場所を紹介してきた。

 

この台湾は沖縄と同じく温暖だが、

俺がいるフィリピンのような常夏ではないので

時季をしっかり選んで渡航しよう。

 

 

アジアの親日国ランキングでは、意外なことに

俺が移住したこのフィリピンよりも下だった台湾。

 

それでも日本語が話せる人が多かったり、ビーチを含め

現地に行ってみると、日本人に対して好意的なのがよく分かる。

 

台湾はもともと食文化が充実していて、日本人にも

人気の旅行先。台湾料理は日本にもたくさんお店があり、

味覚としても日本人に合う。

 

そして中国の本土以上に治安がいい。

 

 

ただし台湾は日本ほどではないにしても地震が

比較的多い国。

 

ビーチで遊ぶ場合は油断せず、

常に津波には気を配っていたい。

 

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)