体力が低下…年齢のグラフは?眠気は病気の原因?体力低下のデメリットや対処、病気や免疫のデータと問題、子どもや30代のグラフ(年齢)、グッデイや食事への影響、20代の急激な体力の低下の原因について。英語では何て言う?

スポンサードリンク


 

体力の低下は、ある年齢になると

ふとした瞬間に感じるもの。

 

 

そして近年、子供の体力低下が嘆かれている。

その原因はいったい何なのか。また、その対処法は?

 

 

ゲームや室内遊びが定番だったこども時代。

今の30代以降には体力の低下が多くみられる。

 

 

体力低下なんて感じさせず、

日々の疲れとおさらばするためには、

 

何より時間的・経済的・人間関係的な

制約から解放されよう

 

 

この記事では、体力低下の年齢や原因などについて紹介する。

 

 

スポンサードリンク

体力が低下する年齢は?20代だったら体力低下の原因は病気?急激な体力低下の原因

 

体力が低下する年齢は人それぞれ。

 

体力という点では100歳を越えて

今なお現役の日野原先生のような人や、

 

65歳以上でもバリバリ活躍している人はたくさんいる。

 

そして、そんな元気な彼らは、

歳がいくつであっても精力の低下を感じない。

 

 

もし、20代で急激な体力の低下を感じているのだとしたら、

もしかしたら病気かもしれない

 

 

体力低下を文部科学省がgenninn(原因)として

発表している内容がある。

それは子供時代の外遊び不足、基礎体力不足にある。

 

 

体力の低下は、現代の30代に多く見られる。

 

体力低下の原因は、

今の30代の子供時代や青年期の生活が、

 

塾や室内ゲーム遊びが主流になってきたことにある。

 

また、体力低下の原因と視力は結びつきがある。

1980年代以降、パソコンに室内ゲームが主流になってきた。

 

それは同時に視力の低下も引き起こしている。

 

 

また、体力低下の原因としてクルマが挙げられる。

車は確かに便利だが、同時に歩く機会を減らしている

 

車がない時代はどんな距離でも歩き

歩くことで体力を付けていた。

 

 

そして、体力低下の原因は、

学生のデータからも読み取ることが出来る。

1990年以降、学生の体力テストの成績は完全に右肩下がり

 

体力低下の原因は看護とは何ら関係の無いように感じるが、

看護を他人に任せることで、自身の体力は減少傾向にある。

 

相対的に見て、体力低下の原因として

仲間内で身体を動かす機会

減っていることにあると言える。

 

 

体力が低下した場合の影響は眠気や食事に?

 

大量に寝汗をかくことがあるなら、注意が必要な場合もある。

 

体力低下による寝汗だとしたら、

胃腸や内臓機能の低下がみられる。

 

 

同時に、ストレスなどにより

自律神経のバランスが乱れている可能性が高い。

体力が低下することで、眠気が生じる

 

 

しかし、長時間寝ることにも体力が必要

 

ぐっすりと眠ることが出来ているのであれば、

そもそも眠気は生じないのだ。

 

 

また、食事をうまくとることが出来ていなければ、

もちろん体力の低下につながる。

 

食事の栄養から得るエネルギーは多く

 

食事がなおざりになっているのであれば、

体力にも悪影響を与えるのだ。

 

 

そして、外出することで、

歩いて自身の体力を付けることにもつながる。

先ほど説明した通り、は現代人の体力を奪っている。

 

昔のようにたくさん歩くことで、

体力を付けることが可能になるのだ。

 

 

子供(子ども)の体力が低下。年齢などデータをグラフで…子どもの場合の問題、原因と対策は

 

子供の体力が低下していることをベネッセが発表している。

 

原因は、子どもの進学のために

に行かせる親が増えているため。

 

これはもちろん子供の将来を考えての行動であり、

一概に間違っているとは言えない。

 

 

しかし、塾や英語、

そろばんなどの座学の習い事がほとんどで、

体を動かす習い事や、

 

子どもが外で遊ぶ時間がないのが現実である。

 

 

また、体力の低下について、

文部科学省が以下のように述べている。

 

保護者をはじめとした国民の意識の中で、

人を知識の量で評価しがちであったことにより、

身体や精神を鍛え思いやりの心や規範意識を育てるという、

 

子どもの外遊びやスポーツの重要性

子どもの学力の状況に比べ軽視する傾向が進んだ。】

そして、体力低下の原因として研究がされている。

 

多くの親は子どもの体力の低下と

その及ぼす影響への認識が十分でない

さらに、勉強だけできれば問題ないと考えられており、

 

子どもに積極的に外遊びやスポーツをさせなくなり、

体を動かすことが減少したことが原因とされている。

 

体力低下の対処方法として、勉強だけでなく、

身体を動かすことで、精神を鍛え

 

思いやりの心や規範意識を育てるという認識を

広めていく必要がある。

 

 

この考えが広まり、勉強だけでなく、

 

運動をし、体力のある人こそが協調性があり、

社会貢献できる人間だという認識が必要だ。

 

 

体力低下の原因は、単純にゲームであるが、

ゲームから協調性を学ぶこともできるという

意見もあるかもしれない。

 

だが、実際に身体を動かし

それに伴う体力がなければ

社会貢献はすることができない

 

 

グラフのデータ

調査データクリップ!子どもと教育 | 運動・体力 〜第1回〜 | ベネッセ教育総合研究所
ベネッセ教育総合研究所のWebサイト。子ども、保護者、教師・学校についての調査研究を行い、その成果を公開しています。

 

 

まとめ

 

体力の低下する年齢は、人によって違う

 

子供時代をどのように過ごしてきて、

どれだけ体力があるかどうかにかかっている。

 

 

が生活に普及し、外で遊ぶことがなく、

ゲームなど室内遊びをしてきた世代。

 

その世代は、習い事も、身体を動かすものではなく

塾や英語など知識にばかりとらわれていた世代である。

 

 

事実、子どもの体力は年々低下し

今では不眠や食事にまで悪影響を及ぼしている。

 

今後の体力低下の対策として、

文部科学省も勢力をあげて、

是非意見を述べて欲しい。

 

 

子供のばかりを気にするようでは、

体力低下はもちろん、協調性もなく、

社会貢献できない大人に育つと。

 

そしてそのような大人が増えれば増えるほど、

結婚率は下がりさらに少子化が進み

ついには日本人がいなくなると。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント