疲れた。男に。婚活。恋活。結婚生活。恋愛に疲れた

スポンサードリンク
 





一昔前は結婚場がセッティングされており、

当人が選ぶことは少数でした。

 

婚活、恋愛をしたこともないという

 

男、女の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

現代ではお見合いではなく、

 

自分で結婚相手を探す時代となりました。

 

そのこともあって、

 

 

男、女の多くが婚活、恋活を

 

マッチングアプリにて行っています。

 

インターネットにおける恋愛は

 

いろいろな人と出会えるメリットがある反面、

 

相手のことは見えないという

 

デメリットがあります。

 

男、女のどちらも

 

騙されてしまうケースは後を絶ちません。

 

恋愛によって

 

疲れたという話を下記にあげます。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





婚活に疲れた

 

 

 

婚活で出会った多くの異性は

 

結婚相手を探すために行っているものの、

 

 

低確率で例外もあります。

 

 

 

既婚者、

 

最初から結婚するつもりのない異性と

 

当たってしまったあかつきには、

 

 

人間不信に陥ってしまうかもしれません。

 

つかれたと感じ、

 

もう二度とやりたくないと

 

考えるようになります。

 

 

男の性格があまりにも

 

残念というケースもあります。

 

 

 

年収1000万以上なのに、

 

性格的に受け付けない男は

 

無理という結論を下します。

 

 

 

 

年収は高いのに、

 

35歳以上となった男は

 

要注意といえるでしょう。

 

 

 

 

女性にとってはストーカー男にあたってしまうと、

 

人生が台無しになってしまうリスクをあわせもちます。

 

一度会うまでに、

 

 

 

男と何十回、

 

 

何百回にわたり

 

やり取りをすることで、

 

会うのかどうかを決めます。

 

 

 

 

細心の注意を払っているにもかかわらず、

 

 

相手選びに失敗することもあります。

 

 

己の人を見る能力のなさに失望し、

 

奥出になってしまいます。

 

 

 

 

マッチングアプリにおいては、

 

残念な男を共有することもあるみたいです。

 

 

ここに名前の載っている男をチェックすることで、

 

 

外れになる率を下げられます。

 

 

 

 

結婚生活で苦労しないために、

 

男の学歴、

 

幼少期や会社での立ち位置、

 

 

実家の跡取りであるかなどを

 

 

あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

これらの情報だけでは判断できないものの、

 

参考にはなります。

 

 

立ち位置がリーダー格であった場合、

 

 

自分が引っ張っていくという

 

意識を持っている傾向があるため、

 

耳を傾けてくれない確率はあがります。

 

 

 

婚活はうまくいけば儲けものくらいでやりましょう。

 

必死になりすぎていては、

 

自分を見失ってしまいます。

 

 

理想を高くしすぎないことも重要です。

 

 

 

相手に求めすぎると、

 

失敗する確率は高まります。

 

妥協することが成功の秘訣です。

 

 

 

見る目を養う力をつけることも重要です。

 

危ない男というのは、

 

どんなに隠したとしてもどこかには出ています。

 

 

一日に数時間も電話を要求する男と交際している、

 

 

 

女性のエピソードを聞いたことがあります。

 

 

 

とんでもない男性とぶつからないためには、

 

 

焦らないという気持ちをしっかりと持ちましょう。

 

寂しさの穴埋めのために恋愛をすると、

 

地獄に叩き落されることになりかねません。

 

 

 

 

結婚生活に疲れた

 

 

 

男、女では価値観が大きく異なります。

 

男はプライドで生きる傾向が強いため、

 

 

己の感情を優先しがちです。

 

 

女性は男に合わせているうちに、

 

疲れたと感じやすくなります。

 

 

 

自分とレベルが違いすぎるケースにおいては、

 

疲労をためやすくなります。

 

 

 

 

結婚生活では、

 

婚活のときは見せなかった、

 

負の部分についても見なくてはなりません。

 

 

 

憧れだった男が、

 

 

 

一瞬にして

 

嫌悪の対象になることもあります。

 

 

 

男の性格的に問題なくとも、

 

実家の跡取りであった場合も

 

注意が必要です。

 

 

 

相手方の父親、母親と

 

生活を一緒にすることになります。

 

 

 

家庭内の喧嘩が絶えず、

 

最悪の生活を送る確率はあがります。

 

 

男は好きなのに、

 

姑とはいたくないという、

 

 

複雑な心理を抱えることになるかもしれません。

 

 

結婚生活ともなると、

 

毎日のように合わなくてはなりません。

 

 

相手の嫌な部分を見ることによって、

 

 

 

疲れたと思う機会は増えるのではないでしょうか。

 

 

 

結婚生活を長続きさせる秘訣として、

 

相手の違いを認めることです。

 

 

 

人間関係すべてに言えることです。

 

あの人は~とレッテル張りをせずに。

 

 

違いがあることを認めることをおすすめします。

 

 

 

テキストのコピーはできません。