美味しい(おいしい)仕事とは…軽貨物や看護師もおいしい仕事って本当?労働収入以外を増やす方法も紹介

スポンサードリンク






 

働くのが大好きな人は別として、誰しも「長時間労働」「低賃金」

の仕事など好まず、できればおいしい仕事をしたいもの。

 

ただ、当然ながらすぐには見つからない。

この記事で思い当たるものを紹介しよう。

 

 

よくいわれる「美味しい仕事」

スポンサードリンク

 

おいしい仕事といえば、日本人労働者のほとんどを占める

サラリーマンがまさにそうだと言う人がいたり、一方で

地方公務員がおいしい仕事だと語る人も。

 

 

ただし、残念ながらこれは俺のオヤジのような団塊の

世代までの話。いわゆる年功序列や終身雇用が当たり前

だった時代だ。

 

語弊を恐れずに言えば、大してパフォーマンスを発揮しなくとも

勤務時間内に職場や取引先で基本指示されたことをこなしていれば

十分な給料がもらえた。

 

マイカーやマイホームを持てるのは当たり前だったし、

結婚も子供をつくることに対しても不安はなかった。

 

しかし、今の時代は違う。

 

サラリーマンもサバイバルの時代に入り、正社員でも安定とは

いえなくなり、公務員ですら賃金がこれからカットされていく。

 

 

ちなみに番外編として、おいしいと言われる職業で面白いのは・・・

モニターを観るのがメインの仕事である、セルフガソリンスタンド

の監視員(簡単な資格が必要)。

 

また美術館やオフィスといった施設の警備員もおいしい仕事

という人もいる。やってみると、実はいろいろ細かい気苦労が

あったりするものだが。

 

おいしいといわれる倉庫内などの軽作業は、アルバイト時代に

何度も。人と話す仕事が苦手なあなたには楽ではあるものの・・・

 

そこにお局がいたり生理的に合わない人間がいたりと、

面倒なことが多いのが実際のところ。

 

 

軽貨物や看護師はおいしい仕事?おいしいとこどりも可能なの?

 

軽貨物(軽配送)がおいしい仕事と言われているのは、

「月に70~80万円稼げる」という求人広告のオーバートークが原因。

 

 

身近に赤帽を続けている人がいるが、彼曰く日給12,000円で

25日必死に走って月30万円というところ。

 

仮に月70万円を稼ごうと思ったら、相当な距離を走る必要があり

体力的にも厳しく、安全面でもおすすめできない。

 

彼が言うには、ガス代や手数料を引いた手取りで日給1万円くらいになるなら

スポンサードリンク

その仕事は受けてもいいのでは?とのことだった。

 

 

一方で、個人的に過酷なイメージのある看護師。

 

病院や老人ホームのような施設の日勤、訪問看護なら

ゆったり働けておいしいと、准看護師のサチが語っていた。

 

逆に言うと急性期病院や救急、夜勤は

体力的にも精神的にもきついということか。

 

 

看護師の需要は高い割に人数が少なく給料も悪くないので、

向いている人にはおいしい仕事と言えそうだ。

 

 

おいしい仕事より、先を見据えて豊かになれる仕事を

 

こうした、いわゆる「おいしい」と呼ばれる仕事を

続けるのもいいが・・・怖いのは、思考停止状態に陥って

自分が成長するチャンスをどんどん逃してしまうこと。

 

驚くほどのスピードで、

時代はどんどん変化している。

 

ご存じのようにグローバル化は加速し、AIによる

オートメーションも容赦なく進み、機械で代替できる

仕事はどんどん奪われていく運命に。

 

 

こんな時代の中で将来にわたって楽しい人生を送るために、

今の努力が将来の豊かさにつながる仕事をしたい。

 

そこでモテ仲間におすすめしているのが、あなたの得意分野や

興味のあるジャンルで、ブログやメルマガを使って行う情報発信。

 

日本語で文章を書くという、外国人には敷居が高く

ほとんどの日本人が可能なスキルを活かせるビジネス。

 

積み重ねた記事が集客をどんどん楽にし、

自動化すれば収入も安定して入り続けるように。

 

 

同じオンラインのクラウドソーシングでは作業を

続けなければいけないが、情報発信ビジネスは後々

自分の手を離れて収入をもたらし続けてくれる。

 

 

いずれにしても、自分でスモールビジネスをするなら

参入障壁が高くたやすく始められなかったり、

利益率が高い仕事を選びたい。

 

 

まとめ

 

おいしい仕事、豊かになれる仕事について紹介したが

いかがだっただろうか?

 

 

「おいしい仕事・・・しかしないねぇ。

ブラック企業はもうこりごりだし、どうしよう」

 

名古屋配属になってもう長い、早稲田時代の友達

有川。久々にSkypeで話すとこんな話題に。

 

スポンサードリンク

仕事
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)