タイの人口!ピラミッド(人口ピラミッド)や人口推移、人件費は?人気の俳優(人気俳優)やお土産、英語や人気スポットなど【2020年最新版】

スポンサードリンク


 

微笑みの国タイは観光地として人気だが、

そこに住むタイ人のことは意外と知られていない。

 

そこで日本人旅行客も多いタイのこと、

カルチャーやお土産人気スポットなど考察する。

 

 

スポンサードリンク

タイの人口、ピラミッド(人口ピラミッド)や推移(人口推移)の予測、増加率や人口密度など都市の統計は?(2020年)人種の構成も紹介

 

タイは東南アジアの国である。

 

現在の人口は約6800万人であり、想像したよりも少ない印象を受ける。

首都バンコクにはこのうち890万人が住んでいる。

全人口の8人に1人はバンコク在住ということである。

 

 

大きい都市に人口が集中することによって、首都の人口密度は年々高くなっており

その増加率も年々伸びている。しかしタイ全体の人口は減少すると予測されている。

 

タイの人口ピラミッドの2020年のデータをみると、

日本と同じ少子化のように推移している。

 

少子化が進むということは、こらからタイは人口減少という

問題を抱えやすいということである。

 

これには、タイの出生率が低下していることが原因のひとつとなっている。

 

 

タイは、ほかの国に比べて姓の多様化が進んでいるという統計がでている。

そちらも要因のひとつだと考察ができる。

 

 

タイ国民の人種の割合で一番大きいのはタイ族で75%ほどである。

タイ族のなかでも人種は大きく4つの民族にわけられる。

北部タイ族、タイ・ラオ族、パク・タイ族、中央部タイ族である。

 

こちらがタイ全体の75%ほど、そして華人が約15%ほど、

残りの10%がクメール人やマレー族となっている。

 

 

タイ人の女性の貞操観念って?男性と付き合う(恋愛する)、結婚するなら知っておきたい日本人の女性の好み…浮気は大丈夫?名前が独特?英語は話せる?

 

タイ人男性は、付き合うまでとても情熱的にアプローチしてくる。

とても、レディーファーストで優しい、

 

それは彼女や意中の相手だけではなく母親にもすごく優しい

というのがタイ人男性の特徴である。

 

会うたびに花束をもらったりだとか、

日本人には少々こっぱずかしいようなアプローチをしてくれる。

 

 

しかし、もう一つの側面として飽きっぽいという面も持ち合わせている。

タイ人男性と結婚して失敗した、と嘆く人にとっては、

結婚するまでは情熱的に愛情表現していてくれていたものが、

 

結婚したら徐々に飽きてきてそういうサプライズを一切してくれなくなる

そして、なかには浮気をする人もいるという点である。

 

かつ、プライドが高いのでなかなか謝ったりはしてくれない。

 

 

基本優しいが恋人よりも家族優先なのがタイ人男性である。

タイ人男性と付き合ったり、結婚するためにはこちらも

広い心が必要といえるだろう。

 

タイ人男性と付き合っている日本人女性はやはり心が広いタイプが多い。

 

 

あとは、タイでは男女ともによく働く人が多いので、

仕事もがんばりつつポジティブな思考ができる人、

というのも好みのひとつに入ってくるだろう。

 

 

ではタイ人女性はどうだろうか。

 

タイは東南アジアの中でも風俗産業が繁栄しているイメージが強いため、

タイ人女性の貞操観念は低くみられがちである。

 

しかし、タイは仏教国であるため、当然個人差はあるが

貞操観念は高いと思っていい。

 

そんなタイの人々のコミュニケーションをとるには、基本はタイ語である。

バンコクなどの大都市だと英語が通じるところも多いが、

少し地方にいくと全く通じないといっても過言ではない。

 

 

タイ人の特徴として、正式な名前がすごく長いということもあげられる。

名前は長ければ長いほどかっこいい!という風潮すら感じられるほど長い。

初対面で名乗るとき、告げられる名前はほとんどの場合がニックネームである。

 

公的な場は本名を使用するがそれ以外は、基本ニックネームなのである。

なので親友がお互いに本名をしらない、ということも起こりえる。

 

 

タイで人気のもの!俳優(人気俳優)やお土産、ホテルなど人気スポット、曲や歌手、スポーツのブランドなど

 

タイは物価も、安いことから日本人旅行客に人気の国となっている。

タイはその旅行しやすさと、ホテルが日本と比べて1室が広くて綺麗な割に

安く泊まれるということも人気の理由のひとつである。

 

 

観光では、有名な寺院や世界遺産などが旅行者に人気スポットになっている。

ダイビングなどを楽しみたい人にとっては、

プーケットなどもおすすめのスポットとなっている。

 

 

プーケットには、タイで人気のインスタグラマーが紹介したこともある

プーケットオールドタウンという

フォトジェニックな街並みのショッピングエリアもある。

 

人気のお土産には、歯磨き粉やヤードムというスティック状のアロマで

片鼻にいれて眠気覚ましとして使われているものが人気になっている。

 

 

タイの文化を身近に感じるのであれば、

日本でもタイの人気ドラマなども、みることができる。

 

タイで国民的人気ドラマである「運命のふたり」というドラマは、

2019年10月よりネットフリックスにて配信されている。

史実はベースにしているので、よりタイについて知ることができる。

 

そして、9×9というタイの人気俳優と、

人気歌手のボーイズグループもとても人気なので、

曲なども要チェックである。

 

そのほかにも、日本にも上陸したタイ初のスポーツブランドの

WARRIX(ワリックス)もタイ国内で爆発的人気を誇っている。

 

 

タイの人件費は?人身売買でタイ人が逮捕なんて話も

 

タイのバンコクなどでは、日系企業のオフィスや

コールセンターなどが進出している。

 

その理由のひとつに

人件費は日本に比べて安いという理由があげられる。

 

 

しかし、この30年ほどでまだまだ日本に比べて安いものの、

その人件費は4,5倍まで高騰している。

 

首都バンコクでは、近代化が進んでいるが、

進むにつれて田舎との貧富の差は広がっている。

 

そのような貧困を理由に現代社会において、

タイの一部地域ではまだ人身売買が行われているというのが現実である。

 

いわゆる貧困から子供を売ったり、子供もいなければ、

いわゆる借金取りが債務者の体の一部を切り取り

 

観光地にて物乞いをさせたりする例もあるので、

観光する際は我々も注意が必要である。

 

最近では国内での取り締まりも、昔に比べると厳しく逮捕者もでているので、

国を跨いだ人身売買がメディアに取り上げられたりしている。

 

 

まとめ

 

ものすごいスピード間で発展してきたタイだが、

その発展の陰には田舎との経済格差や、貧富の差という問題も見受けられる。

 

 

観光の面ではとても魅力的であるが、やはり観光客を狙った犯罪なども

おきやすいので注意をしたいと思った。

 

コメント