タイの歯磨き粉ならスパークル?茶色…ダリーやコルゲートなどおすすめを紹介!お土産に人気はハーブやホワイトニング、デンティス?

 

タイの歯磨き粉と言えばスパークルが人気だが、

中にはバッタもんも混じっているので注意。

 

やはり、こうした大手で手に入れたい。

 

↓↓↓スパークル(SPARKLE) 歯磨き粉 (レモンソーダ) 

 

 

自分も、タイの歯磨き粉が欲しい時は

Amazonで取り寄せている。

 

明らかにおかしい商品がサイトに載り続けることはないので

安心して愛用できる。

 

 

近年、日本のコスメショップなどで1,200円ほどで見かける

高級歯磨き粉、デンティス。これが実はタイの歯磨き粉だと知っている人は

そんなに多くない。

 

このデンティスをはじめ、タイの歯磨き粉について、考察していく。

 

 

タイの歯磨き粉は茶色?スパークルやダリー、コルゲート、ハーブやホワイトニング、デンティス(dentiste)darlieなどの値段も紹介

 

タイの歯磨き粉は、ハーブによる爽快感や、口臭予防、

研磨剤・着色料によるホワイトニング効果があり国内外でとても人気である。

 

タイには冒頭で紹介した歯磨き粉、デンティス(dentiste)以外にも

様々な種類がある。

 

 

有名なものでいうと、デンティス、コルゲート、スパークル、

ダリー(darlie)である。

 

 

まずは、デンティス。

 

こちらは日本でもたまに見かけるほど有名な歯磨き粉である。

通常タイプやホワイトニングタイプ、あとは容量など数種類発売されている。

 

日本では1,200円ほどで販売されているが、

タイでは4分の1ほどの値段で手に入れることが出来る。

 

口臭予防の効果、ホワイトニング効果、

あとは天然由来のハーブを使用しているため

安心という特徴が挙げられる。

 

タイの歯磨き粉はハーブをたくさん使用しているため

茶色いものが多いがこちらは明るい水色となっている。

 

 

コルゲートは、アメリカの会社が販売する歯磨き粉だが、

原産国はタイである。

 

タイの歯磨き粉の中でも強力なホワイトニングと研磨剤なし

という特徴が挙げられる。

 

こちら、タイの歯磨き粉のなかでも、材がピンク

ハートの粒が入っている商品もだしているのでカワイイ!

お土産としても人気がある。

 

 

スパークルもコルゲート同様、アメリカの会社が販売する歯磨き粉で

原産国がタイの商品である。とても爽快感とミント感が強いので

慣れていない日本人にとっては好みの分かれるものである。

 

 

ダリーは、タイの歯磨き粉のなかでも、最近みるようになった

ハットをかぶった黒人がパッケージされたものである。

こちら台湾などアジア圏でもとても人気のもので様々な種類がある。

 

どの歯磨き粉も現地で購入すれば300円ほどの値段で

手に入るものばかりだ。

 

 

タイの歯磨き粉をお土産に?人気のおすすめは…

 

紹介した歯磨きはどれも日本で買うとなれば

1,000円はするものばかりある。

だが現地で購入すれば300円ほどで手に入るということで、

お土産としても人気だ。

 

 

タイの歯磨き粉のおすすめとしては、

最近人気がでてきたprim perfectである。

 

こちらは従来のチューブ型の歯磨き粉ではなく、

丸いプラスチック容器に入った練りタイプの歯磨き粉だ。

 

スパチュラなどで取って使用する。

 

 

なんといってもコンパクトな見た目と、ホワイトニング効果が絶大で

タイ在住の日本人の間でも人気になっている。

 

タイの歯磨き粉の中でもダリーのソルトタイプや、

ハーブと木炭がミックスされているツインロータスという

歯磨き粉シリーズも人気になってきている。

 

 

まとめ

 

タイの人たちは美へのこだわりが強く、

その中でも歯をきれいに保つことを大事にしている。

 

そんな国の歯磨き粉なので、口臭やホワイトニング効果も絶大である。

日本で人気がでるのも頷ける。

 

個人的にもしタイに行くことがあれば、

何種類か買って色々試したいほど。

 

 

種類も多いのでハーブ感の強さ、味、効能など、

自分に合ったものを探すのも楽しそうだ。

 

 

現地に行けないなら、便利な通販を利用。

こちらならコスパもいい。

 

↓↓↓スパークル(SPARKLE) 歯磨き粉 (レモンソーダ) 

コメント