台湾のバナナは持ち帰り向き?バナナチップス(お菓子)の販売店、時期や種類など特徴…農薬は大丈夫?お土産にバナナミルクやバナナケーキが欲しいけど売ってない?輸入の品質(台湾バナナの糖度や産地)、バナナミルクジュースやお菓子の持ち込み(台北、旗山から)、青山のお店や関税について紹介

スポンサードリンク






 

台湾バナナは品質が高く、値段が安いのもバナナ好きにはうれしい。

 

何より台湾産は、バラエティがあることがそのバナナの魅力。

この記事で詳しく語ろう。

 

 

台湾のバナナ(台湾バナナ)を持ち帰りたい!お土産におすすめの種類は?チップス(バナナチップス)や旗山のケーキ(バナナケーキ)、バナナジュース(バナナミルクジュース)、などのお菓子、台北のお土産に人気のバナナミルクって美味しいの?

スポンサードリンク

 

台湾のバナナを現地から持ち帰りたいなら、

まずは色々なバナナを実際に手に取って

味わってみることをおすすめする。

 

台湾では約17品種のバナナが販売されているので、

自分が美味しいと思ったバナナを厳選して持ち帰ってみよう。

 

 

お土産におすすめの品種は、李林蕉と南華蕉と呼ばれる品種。

どちらも日本ではなかなか食べることのできない品種なので、

是非持ち帰りをしたい品種だ。

 

李林蕉は酸味が強いのが特徴で、台湾でも希少なバナナとして

高い値段で販売されている。

 

南華蕉酸味が少ないので、バナナが苦手な人にこそ

一度食べてみてもらいたい品種だ。

 

 

本場台湾のバナナケーキの風味を味わえる専門店が青山にはある。

趣向を凝らしたメニューが色々とあり、

 

目でも楽しめるようなお洒落なバナナケーキがある。

蒸しバナナケーキや、バナナとクルミのパンケーキなど様々だ。

 

 

バナナチップスには色々と種類があるが、

作られている場所はおもにバナナの原産地だ。

 

バナナチップスは食感で選ぶのがおすすめ。

 

厚切りや薄切り、糖度、作り方でも食感が変わってくるので、

色々とチェックしてみよう。

 

 

バナナミルクはミキサーにバナナと砂糖、

牛乳を加えて混ぜるだけで簡単に美味しく飲むことが出来る。

 

自分も子供の頃は、親と一緒に楽しみながら

作って飲んだのがいい思い出として残っている。

 

バナナミルクには代謝を助け疲労回復ストレス解消などの

効果があるので、美味しく飲んでみてもらいたい。

 

 

【台湾バナナは日本に持ち込みができない。】

しかし、面白い例外があって未成熟のバナナなら持ち込みができる。

 

成熟したバナナにはミカンコミバエが寄生するため、

持ち込みが禁止されているのだ。

 

 

台湾のバナナが売ってない!輸入して販売している販売店は?品種や産地、時期など特徴は?農薬は大丈夫?

スポンサードリンク

 

台湾バナナの品種には、北蕉、旦蕉、紅皮蕉、李林蕉、南華蕉など

たくさんの種類がある。

 

台湾のバナナの魅力は産地によって異なる味わいを楽しめることだ。

 

 

例えば台湾バナナの代表格の北蕉は、

甘みが濃くねっとりした食感が特徴。

果肉の密度がとても高く、日本人好みの味わいだ。

 

台湾ではバナナに農薬を使わない有機栽培も行われている。

バナナには虫がつきやすいので、

無農薬栽培で作られたバナナの数は少なく、値段も高い。

 

台湾のバナナには防腐剤にミョウバンを使用しているので、

防カビ剤を使用しているフィリピン産と比べれば安全である

 

皮をむいた後、上から1センチくらいの部分を切り落とせば

染み込んだ農薬をカットできるのでさらに安心して食べられる。

 

 

台湾バナナの産地は、南投県、高雄市、屏東県の3つが代表的。

 

台湾のバナナが高い理由は、人件費や生産方法の違い、

関税など様々な理由がある。

 

ただ、夏の7月頃はバナナの収穫量が増えるので、

値段も安くなって売られている。

 

 

日本ではあまり見かけることのできない台湾バナナだが、

実は日本にバナナの専門店があるのだ。

 

【館山市北条にある「バナナ問屋 佐藤商店

(台湾バナナを売っているお店)では、

台湾産、エクアドル産、フィリピン産のバナナを扱っている。】

 

美味しいバナナに出会いたければ一度行ってみることをおすすめする。

下記に一応ホームページのURLを貼っておく。

佐藤商店 三代続くバナナの専門店!! | 房総タウン.com
バナナ問屋 佐藤商店 以前からずっと気になっていた館山市北条の「バナナ問屋 佐藤商店」へ行ってきました。店の前のノボリには「バナナ専門店」と書いてありますが、本当にバナナしか売っていないのでしょうか? ご主人の佐藤勝利さんにお話を伺うと 「創業は昭和6年、3代続くバナナ店。戦後は少しバナナ以外の果物を扱ったけど、やっぱ...

 

台湾バナナの苗は現地で販売されており、

輸入することができる。

輸入手続きが面倒で大変だが、自分で育ててみるのもおもしろい。

 

 

まとめ…台湾バナナの精度や持ち込み、関税、青山のお店についてもサイトをチェック

 

あなたは台湾バナナを口にしたことはあっただろうか?

 

 

日本ではフィリピン産のバナナが主流で、

なかなか本場台湾のバナナを口にすることができない。

 

一度食べたら忘れられないフルーティーな味わいと、

質の高さは折り紙つき。

色々な種類や形、味わいを楽しめるのも魅力だ。

 

 

しかも輸入というプロセスがない現地では、

日本で食べるバナナと同じとは思えないほど新鮮で、美味

是非台湾バナナを食べてみてもらいたい。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)