台湾に移住!生活費や条件(移住条件)は?老後に失敗したと後悔せず移住するには…移住方法(仕事や住むためのビザ)、暮らしをブログで紹介

スポンサードリンク


 

台湾に移住したい方に必見。

生活費や台湾への移住条件、生活費や税金、暮らしについて。

移住者のブログをおすすめしながら紹介していく。

 

 

スポンサードリンク

台湾に移住したい!移住するには?条件(移住条件)は?生活費や税金、暮らしを現地に住む人のブログで

 

台湾での移住条件に特に難しい条件はない。

 

目的に合ったビザを取得し、

あとは自分の給料や手持ちのお金に合った

居住環境を整えるだけである。

 

 

台湾での生活費は1人暮らしで換算すると、

日本円にしておよそ10~20万円といったところ。

 

変動が大きいのは、

場所によって家賃が違うためである。

 

日本人は台北市内などに家を借りることが多いが、

ここは中心地であるため家賃が高めになることも。

 

家賃を必要最低限に抑えたいなら、

あらかじめ安めの物件を探してから行くことをおすすめする。

 

 

税金については台湾は約5%が取られるが、

日本と比べると安い方だと言える。

 

所得税のみで申告も自分で行うというのが台湾流だ。

 

 

では、台湾での暮らしは日本と比べてどの違うのか?と

気になる方も多いのではないだろうか。

 

建物は場所によってアジアン的なところも多く、

女性に人気なスポットも多い。

 

食事に関しては

「外食で済ませることが多い」

という人がほとんど。

 

自炊をするよりも外食をした方が安いと

口を揃えて言う。

 

 

ショッピングモールやお店には日本のお店もある。

外国へ移住しても日本食が食べたい人におすすめの国である。

 

しかし、海外で日本食ばかりを食べていると

高くつくこともあるため注意したい。

移住者のブログ

 

 

台湾への移住方法!ビザの手続きと仕事(日本語)について

 

次に台湾への移住方法について。

 

 

ビザには色々な種類がある。

 

・学生であれば学生ビザ

・18~30歳であればワーキングホリデービザ

・台湾で職に就きたいのであれば就労ビザ

 

といったいくつかの方法が存在する。

 

 

多くのブログでも紹介されている「ビザラン」と呼ばれる、

日本人であればビザなしで90日間滞在するという方法もあるのだが、

限りなくグレーに近い方法なのでおすすめはしない

 

どうせ移住するのであれば、

正式な手続きを踏んで移住した方がすっきりするし

自分も安心するからだ。

 

 

台湾に住みたいけど、

英語や中国語が話せないと

不安になる人も多いのではないだろうか。

 

そうした人には、

日本語でできる仕事をおすすめしたい。

 

例えば、

日本人客に対応するカスタマーサポートや

日本語学学校の教師、日系企業向けの営業など多岐にわたる。

 

しかし、就職するまでには語学のサポートがないと厳しい面がある。

中国語ができる友人に紹介してもらいながら

仕事を探すということも必要といえだろう。

 

その他、台湾の就職サイトである

「1111人力銀行」「104人力銀行」「518人力銀行」

といった求人紹介サイトも活用しよう。

 

 

台湾に移住、老後に失敗したと後悔しないためにボンビーガールもチェック

 

台湾に移住はしたいが、

老後の生活が気になるという方もいることだろう。

 

台湾は物価が安く人柄が温厚で治安がいいと言われているが、

交通マナーが悪い、都心では空気が悪いといった

デメリットも存在する。

 

 

台湾移住に失敗した人の後悔の理由としてありがちなのが

 

・物価の安さに魅力を感じ台湾に移住したが、

現地の給料が安くて生活することができなくなった。

 

・場所によって水道水が飲めないといったこと。

 

日本との違いとしては、やはり給料面。

生活水準にあった給料があるわけでないといったところだろう。

 

人によっては、あまりに少なすぎて

生活が困難になるということもあり得るわけだ。

 

幸せ!ボンビーガールでも台湾での生活が紹介されたが、

台湾は部屋が広く、家賃が高めだといえる。

 

しかし、6.5万円ほどでリビング15帖というのは

なかなか魅力的な物件だ。

 

しかし、生活費などのリアルな面を見ると、

職業によっては台湾で生活するには不利だという注意点もある。

 

誰もが同じ給料をもらえるわけではないのだ。

低所得者もいれば高所得者もいる。

 

 

まとめ

 

台湾に移住したいという方は、

下見がてら旅行に行くのもいいだろう。

 

物価が分かる上に、

住みたいと感じれば不動産などに行って

家の値段を実際に見ることもできる。

 

実際に自分がここで生活したら……ということを想像して、

生活ができそうであればそのまま暮らし、

余生を過ごすというのもいい経験になると自分は考える。

 

まずは行動、そして考え、吟味する時間が必要だ。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント