スウェーデンに移住し看護師に?スウェーデン移住の後悔、デメリットは?移住するには…条件や50歳、40代の仕事、方法で失敗しないために

 

スウェーデンに移住して看護師をしたり

現地で働くなら、エージェント選びが何より重要。

 

これは、周りに移住者が多く現地の就職事情に

精通する自分が言い切れる結論だ。

 

 

延命治療を始め、医療面で

スウェーデンなど北欧の考え方がしっくりくる・・・

 

そんな看護師が、日本から渡航して

現地で働くケースも。

 

 

関東で救急看護を中心に忙しく働いていたケイちゃんが、

まさにそんな一人だった。

 

 

スウェーデンどころか、海外で働くのが初めてで

右も左も分からなかった彼。

 

そこで自分がケイちゃんに紹介したのが、

このエージェントだ。

 

↓↓↓スウェーデン転職に強いエージェント

 

 

自身が海外移住者ということもあり、

他の国で就職したいという人からの相談が毎日のように。

 

 

そんな日本人に毎回紹介しているのが、リクルートキャリア。

 

理由は、数ある転職エージェントの中でも

サポートが厚く、最も信頼できるから。

 

 

現地の事情を知り尽くしたエージェントを味方にすれば、

日本とは違うスウェーデンの就職事情に振り回されることなく

質の良い職場をあっさり見つけることができる。

 

 

■転職成功数ナンバー1

■案件数が25,000以上(うち8割以上がリクナビ限定求人)

■9割以上が正社員案件

 

 

希望勤務地でスウェーデンを指定すれば

案件が簡単に見つかる。

 

強み診断もアピールに役立つし、

企業からのスカウトメールで効率的な活動が可能。

 

 

エージェントに登録した後の行動の早さが、

転職の成功を決める。

 

より有利な求人情報を得るためにも、登録後はすぐに

職歴書をアップロードしてほしい。

 

 

北欧の国スウェーデンへの移住をしたいが・・・

 

仕事はどうすればいいのかはもちろん、

それ以外でも悩みは尽きない。

 

 

具体的に、どうすれば失敗せずスウェーデンに移住できるのか?

一緒に見ていこう。

 

 

スウェーデンに移住するには?看護師の仕事もある?条件など方法をブログでチェック

 

スウェーデンに移住する予定の日本人はビザを取得する必要がある。

 

スウェーデン人と事実婚しスウェーデンに移住した

日本人イラストレーターの方がいるが、

この方のようにスウェーデンの永住権所持者がパートナーの場合

居住ビザが発行されスウェーデンに住むことができる。

 

 

また、就職活動のやり方も日本と異なり、

スウェーデン移住した日本人が就職する際は

イラストなどのデザイン系やライターなどの仕事が就きやすい。

 

 

求人の探し方はスウェーデンに移住された方のブログ

「スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ」

でも紹介されているので参考にしてみよう。

 

ただし、英語やスウェーデン語ができる必要があるので、

言葉を勉強してから行くべきと考える。

勉強せずに行くのは無謀なのでダメ。

 

 

また、留学するために移住する場合はビザの条件に

生活するための貯金があるかなどの条件がある。

 

 

スウェーデンでは看護師の仕事もあるが、

日本の看護師免許を持っていてもスウェーデン語の

試験や所定の課程を修了することなど、

条件がありすぐに働けるわけでないので注意しよう。

 

道は険しくてもスウェーデンの大学で

看護師免許を取得するほうがありだと思う。

 

 

以下も参考に。

【スウェーデンに家族と共に移住したエンジニアのブログ】

 

 

スウェーデン移住の後悔…スウェーデンに移住したいがデメリットも?失敗しないために年金や費用、居住許可について確認を

 

スウェーデンに移住したいとき、まず何が必要なのだろう。

 

91日以上の留学でスウェーデンの居住許可を得るには

残高証明を英文で大使館に提出する必要がある。

 

自分の他の書類での経験からも、

銀行に日本語で申請すれば英文で発行してくれるし、

申請にはその書類で効果がある。

 

 

また、スウェーデンでの居住許可申請はスウェーデン移民庁に行う。

 

移住の際のデメリットとしては、日本人の場合は就労などのビザが

必要になること。

 

 

また、日本より物価も高く、年金を受け取るは3年の社会保険料の

支払いが必要になり、スウェーデンで生活していくには

多くの費用が必要に

 

 

まとめ…スウェーデンに移住するにはハードルがあり、準備が必要

 

スウェーデンに移住するにはビザを取得したり、

残高証明が必要だったりとハードルがある。

 

また、仕事も探さなければならない

移住を考えたら、まずは言葉の勉強やこれらの準備などを

しっかりしてから取り組んでいこう。

 

 

ケイちゃんがお世話になったリクルートキャリアの担当エージェントは、

ビザのサポートもしっかりしている会社だけを

丁寧に紹介してくれた。

 

 

ビザについては特に、個人が自力で手続するのは本当に大変。

 

この点、現地に精通したエージェントが現地での滞在の面も

しっかりフォローしてくれるのはありがたい。

 

↓↓↓スウェーデンで転職するなら

 

コメント