豆乳を毎日は危険?太る?男なら量は?毎日飲むと効果は…毎日飲んだら肌や生理、バストアップに結果が?200mlで大丈夫?

スポンサードリンク


 

豆乳が体にいいことは知っている人が多いが

 

「味に癖があるのでは?」

「牛乳を買ってしまって豆乳には手が出ない」

 

という人もいると思う。

 

 

豆乳の具体的な効果など魅力がわかれば

飲もうという人も増えるはず。

 

豆乳の魅力に迫ってみる。

 

 

スポンサードリンク

豆乳を毎日飲むと危険?効果はない?男は太るという声も…毎日飲んだら男性への結果は?

 

豆乳を毎日飲むことは健康にいいとされているが、

栄養分をよく知らない人も多いし、

男が豆乳を毎日飲むと太るだけだと考えている人もいる。

 

 

豆乳は、低脂肪高たんぱくの大豆タンパク質によって

動脈硬化や肥満予防が期待できる。

 

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンによって

乳がんや骨粗しょう症の予防にも期待できる。

 

 

更に、サポニンという物質の抗酸化作用が

肥満予防やアンチエイジングなどの効果をもたらしてくれる。

 

 

豆乳を毎日飲むことの効果は、

女性だけではなく男性にもあると言える。

 

 

では、成長期の子どもは?

豆乳を毎日飲むのは子供には何かいい影響があるのか?

 

 

豆乳を毎日食事のたびに飲んでいるという人に対して

知恵袋で回答を見つけた。

 

 

過剰摂取すると

 

・生殖機能障害(生理不順や男性機能障害など)

・妊婦の場合は胎児の先天性障害

・乳幼児の場合は生殖器官の発達障害

 

などの原因になる可能性があるとされる。

 

 

しかし、日本豆乳協会によると、

問題が起きる過剰摂取はサプリメントなど特殊な食品による摂取で、

豆乳から摂取する場合は起きないとしている。

 

 

砂糖を添加していない豆乳にもオリゴ糖が含まれているため、

毎日過度に飲めば糖分のとりすぎになり

危険糖尿病につながることも考えられる。

 

このあたりは、他の食べ物と同じだ。

 

 

豆乳を毎日飲むと効果は…肌や生理、バストアップに?量は200mlがいいの?

 

豆乳に含まれるイソフラボンが

女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをして、

女性らしい体を作ったり月経周期や妊娠を助けたりする働きをする。

 

 

バストについては、

乳腺の発達と脂肪を増やすことにつながるため

バストアップが期待できる。

 

 

豆乳を毎日飲み続ければ

生理不順を治すことにも効果がありそうだ。

 

今日明日のようなスピードで

病気を治したり予防したりすることはできない。

 

しかし、豆乳を毎日飲み続ければ

乳がんや骨粗しょう症の予防に役立つと言われている。

 

 

友人に、豆乳を1年ほど毎日飲み続けて

生理が遅れることがなくなったという人もいる。

 

 

豆乳に限らず、

小さな努力を毎日続けることに意味があり、

生理前だけ飲んでも意味がないと友人は言っていた。

 

 

では、薄毛や乾燥など肌のトラブルにも効果があるのだろうか?

 

皮膚や筋肉、内臓、髪の毛などの主な成分はたんぱく質で

豆乳には多くのタンパク質が含まれているから、

豆乳を飲めば肌や髪を健康に保つことができる。

 

豆乳のイソフラボンは直接髪の成長を促すわけではないが、

髪の成長に関わる「IGF-1」という成長因子を増やす補助的な効果がある。

 

豆乳を毎日飲めば髪の毛が増える可能性はあるのだ。

 

 

豆乳を飲む目安は、1日200mlほど。

味噌などその他の大豆製品からも

栄養を摂取することを心がけてほしい。

 

 

まとめ

 

老若男女問わず健康にいい豆乳だが、

飲んでいる人は意外に少なく、

女性では4割弱というデータもあって残念だ。

 

 

そのままでも料理に使っても摂取できるから

もっと注目されるといいと思う。

 

手軽なサプリメントもあるが、

過剰摂取を避けるためにも

できるだけ普通の食事からとることがおすすめだ。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント