下ねた(単語の一覧)英語!下ネタの英語とお下ネタ集…下ネタ英語とスラング、英語の下ネタ。英語下ネタと下ねた一覧

 

下ねた単語の一覧を

使いこなせるようになったら、

英語上級者です。

 

スラングを使った文章や、

単語の使い方を覚えて

ベッドで恥をかかないようにしましょう。

 

 

下ねたの単語を一覧で!英語の下ネタ(下ネタ英語)、英語下ネタ…下ねた一覧、しもねたの英単語

 

下ネタを英語で言うと、

「dirty jokes」となります。

 

Dirtyは「汚い」と言う意味で

使うことが多いですが、この場合は、

「下品」と言う意味で使われます。

 

海外の英語で下ネタの単語は

スラング(隠語)が多いので、

 

普通に使う下ネタは英語の辞書に

載っていないことも多く、

 

大人になって下ねたを辞書通り使って

笑われたことがあると、

自分の友人のKは言っていました。

 

下ねた英語は、スラングでないと

変に上品な言葉になってしまうようです。

 

英語で下ネタのフレーズを使う、

特にベッドで英語で下ねたを言うのは、

 

英語圏以外の人には

ハードルが高いと思われます。

 

英語圏の女性に笑われないように、

下ネタ英単語一覧で、スラングや、

 

例文を調べて

使いこなせるようになりたいですね。

 

 

英語の下ネタは、「下ネタ一覧表」や

「下ネタ集」「下ネタいちらん」

 

「下ネタスラング」などで

検索すると調べられますが、

 

下ねたの単語を一覧で

意味だけを覚えるのではなく、

 

例文や、一文で覚える方が

自然に使えるようになるでしょう。

 

例えば、「入れて」を英語の下ネタで

文章にすると「Put your dick in me」

「Come inside me」です。

 

「Dick」について知っている人が

多いとは思いますが、

 

男性のあだ名でも使いますが、

スラングでは男性器となります。

 

 

このように、下ネタ単語は

通常の意味とは違う意味で

使われる英単語の下ネタもありますので、

 

知っておいた方が英会話で

恥をかかないようにできますし、

ジョークを理解できるようにもなります。

 

 

英語の下ネタ集!スラングの英語の一覧(下ネタ)

 

英語のスラングを使って下ねたを

自然に英語で話せるように、

スラングの意味や、使いかたを覚えましょう。

 

英語の下ネタスラングはたくさんあり、

通常使う単語でも下ネタの

 

意味があるスラングは

使い方に気を付けください。

 

例えは、飲み物のコーラを

英語風に発音すると、

 

つい「コーク」と言ってしまいがちですが、

この発音は、英語のスラングで

男性器を意味する「Cock」と似ています。

 

レストランで「コーラが欲しい」と

注文したつもりで、

下ネタと間違われてからかわれた話は、

 

日本人女性が海外で

経験するあるあるです。

 

また、日本語で料理長を表す「コック」も、

早く発音すると「Cock」に

聞こえるのでご注意ください。

 

下記に下ネタ集の一覧を掲載しますので、

happyなdirty jokeライフに

活用してください。

 

女性性器は「Pussy 」または、「beaver」

女性の胸「boobs」または「 tits」

女性のお尻「butt」「booty」「ass」など。

 

ちなみに、ムカつく奴と言う意味で

使われる「asshole」は、

 

この「ass」お尻と「hole」穴で

「ケツの穴」という意味です。

くだけた場でよく使うスラングです。

 

 

この他、「coming」は男女問わず

セックスでオーガズムに達するときに

よくつかいます。

 

使い方は「I’m coming」です。

通常でも「そちらへ向かってます」

という意味でつかうので、

 

シチュエーションで使い分けてください。

また、「hot」は、セクシーという意味で

つかうスラングです。

 

「Sexy」よりも砕けた言い方です。

使い方は「 She is so hot」です。

 

 

下ねたの単語一覧を英語について

 

英語の下ネタは、スラングがほとんどです。

英語圏のジョークはスラングを

交えたものが多いので、

 

スラングを理解できると、

ジョークを理解し、

切り替えせるようになります。

 

特に、下ねたのスラングを

使いこなせるようになると、

恋愛だけでなく、

 

通常のコミュニケーション力も

上がりますので、

 

使う使わないは別として、

知っていることに損はありません。

 

コメント