スカイウォーカーの夜明け、あらすじ、スターウォーズ、相関図

スポンサードリンク






映画『スターウォーズ』シリーズ8作目

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の映画監督は、

9作目『スカイウォーカーの夜明け』が

どのような計画を知らされていなかったことが分かりました。

 

今ごろになって聞けない登場人物の相関図、

ストーリーをネタバレ込みで説明します。

2015年と2017年『スター・ウォーズ』シリーズをまとめました。

 

Star Warsはどのように誕生したのか?

なぜ世界がこんなに夢中になっているのか?

基本をおさえておけば

映画がもっと楽しめます!

 

スポンサードリンク






スターウォーズの時系列

 

(1)エピソード4/新たなる希望 (製作年:1977年)

(2)エピソード5/帝国の逆襲 (製作年:1980年)

(3)エピソード6/ジェダイの帰還 (製作年:1983年)

(4)エピソード1/ファントム・メナス (製作年:1999年)

(5)エピソード2/クローンの攻撃 (製作年:2002年)

(6)エピソード3/シスの復讐 (製作年:2005年)

(7)アメリカ映画(エピソード7) (製作年:2015年)

(8)最後のジェダイ(エピソード8) (製作年:2017年)

(9)スカイウォーカーの夜明け(エピソード9) (製作年:2019年)

 

 

このオススメの順番は

製作年順そのままです。

この順番で観るから

リアルタイムで映画の続きを追ってきた

ファンと同じ感動が理解できるのです。

 

 

スカイウォーカーの夜明けのネタバレ

クレイトの戦いを生き延びた10数倍の

レジスタンスのメンバーは

別の機会に仲間たちを探し、

惑星エイジャン・クロスの

クロスランズと

名前を付けられた地域に

秘密基地を残しました。

レイ(デイジー・リドリー)は

ここでジェダイの道を行き着くために

特訓に励む毎日です。

行きつくクレイトの戦いを生き延びた

10数名のレジスタンスのメンバーは

別の機会に仲間たちを探し、

惑星エイジャン・クロスの

クロスランズと名前を付けられた地域に

秘密基地を置いていました。

師をなくしたレイにとって、

今まで一度も

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)がいた

惑星オクトーのジェダイの木に入れていた

8冊のジェダイの聖典は

ジェダイの知識を自分の物にないと困る本でした。

この聖なる書は数千年の間に多くの監督によって

文章を手に入れ直しれ、

ルークが銀河中を旅して集めたものでした。

レイは文章を読み、

銀河系の闇の奥に姉の星があることを知ります。

 

 

スカイウォーカーの夜明けと最後のジェダイのつりあいが悪かった理由!

 

2020年3月、自分の考えを言ったり

他人の考えを批評したりして、

話し合いしてはっきりさせるきっかけになりそうな

インタビューが伝えられ、

ファンの間で話題となるのです。

映画監督は『スカイウォーカーの夜明け』の展開で

最も大切な計画、

「カイロ・レンことベン・ソロが死亡という考えの内容」

について知らされていなかったというのです。

作家のサリア・ウィルソンが

映画監督がパソコンやスマートフォンを使って、

セミナーやミーティングを

オンラインを行ない

『スカイウォーカーの夜明け』を作っている中のことを

質問した時、

サリアが

「『最後のジェダイ』を作っている時に、

ベンが死ぬことを知っていたの?最初から知ってた?」

と聞くと映画監督は

「知らなかった」

と答えます。

追っかけが

『最後のジェダイ』と『スカイウォーカーの夜明け』の

つりあいが取れていないように

見えていた理由は、

ジョンソン監督が

次の作品の内容を知らないでいたことが

大きな原因になっていたのです。

 

ジョンソン監督が次の作品の内容を知らないでいたことが

大きな状態になっていたのです。

さらにくわしい

スカイウォーカーの夜明けのあらすじ・ネタバレ相関図は

インターネットで細かく観れます。

 

 

スター・ウォーズとスカイウォーカーの夜明け

 

『スター・ウォーズ』の話は、映画以外にも

テレビ、コミック、小説など

いろいろな形で伝えられてきました。

ディズニーの中心的な人になった、

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)より

以前に映画を作られた

それまでのスピンオフは

レジェンズという位置づけになり、

新しい続きが正史(カノン)として

使われることになりました。

 

『スカイウォーカーの夜明け』でスピーカーを取ったJ

エイブラムス監督は、

ほかの続きを知らずに

観ても楽しめるように作ったと話しているので、

『スター・ウォーズ』の終わりを見た後で、

今も続きをもう一度見てもいいかもしれません。

 

公開日の12月20日には、

日テレ映画「金曜ロードシネマクラブ」で、

前に作った作品『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)が

衛星放送で初放送されました。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で

スカイウォーカー家の話は終わりますが、

今から後も『スター・ウォーズ』の映画は続きます。

 

『スター・ウォーズ』(Star Wars)は、

ジョージ・ルーカスが製作した、

アメリカのスペースオペラ・メディア・フランチャイズです。

1977年に公開された同名の映画に始まり、

映画シリーズだけでなく、

アニメーション、

小説・コミック、ゲームなどの

やり方で広く広げるのです。

2020年にはその総価値が700億米ドルと予想されていて、

歴代メディア・フランチャイズの中で

5番目に高い収益を上げています。