シチューはこの冷凍保存なら日持ちします!冷凍方法の裏ワザ

スポンサードリンク


 

家庭料理として身近なシチュー

この冷凍保存の方法を知らない人が意外と多い。

 

シチューを作って家族みんなで食べたとしても、

ついつい作りすぎてしまったりして残ってしまう…

なんて経験も良くある。

 

 

そんな時に残ってしまったシチューを、

上手に冷凍保存できたら…と思う人も多いのではないだろうか。

 

 

そこで今回はシチューを美味しいままで、

冷凍保存する方法アレンジレシピ

そして正しい冷凍方法について紹介しようと思う。

 

 

スポンサードリンク

シチューの冷凍。日持ちする冷凍方法は?冷凍保存後のじゃがいもアレンジも!

 

 

シチューは乳製品を使っているので、

実はすぐに傷みやすい料理である。

 

また具材となる野菜調理後の常温保存では、

傷みやすくなる原因となっている。

 

 

作りすぎてしまってすぐに冷蔵庫に入れたとしても、

冷蔵庫保存では1〜2日しか保たない

 

やはり、残ったシチューは、

長期間保存できる冷凍庫保存が無難であろう。

 

 

では、シチューを美味しく冷凍保存する方法をお伝えしていこう。

 

 1.残ったシチューを全体が体温ほどの温度になるまで冷ます。

 2.次に、鍋から小分け用のタッパーなどに移しかえて

   冷凍庫に入れる。

 3.その時に、しっかりと空気を抜いて出来るだけ小分けをする。

 

これが大まかな冷凍保存である。

 

さらにここから一手間加えることで、

シチューが格別に美味しくなる方法がある

 

それはシチューの具材であるじゃがいもやニンジンは、

すり潰して冷凍保存することである。

 

これをするだけで、解凍後に具材の味が落ちる心配もなく

さらにすり潰された具材がとろみとなって、

美味しさのプラスアルファとなってくれる

 

次に、シチューを解凍した後の、

アレンジレシピを3つ紹介する。

 

 

[シチューで野菜のキッシュ!!]

 

 

・材料(2人分)

 

 残ったシチュー

 お好みの野菜(きのこ類やほうれん草など)

 卵 2個

 チーズ 適量

 牛乳 適量

 バター 適量

 

・作り方

 

1)野菜を食べやすい大きさに切る

2)残ったシチューに牛乳を加えて温める

3)そこに1)の野菜を加える

4)耐熱皿にバターを塗って3)を入れる

5)お好みでチーズをのせてもよし

6)オーブンで加熱して完成

 

 

[シチューがフレンチトーストに大変身レシピ!!]

 

 

・材料(2人分)

 

 残ったシチュー

 食パン 2枚

 牛乳 残ったシチューとほぼ同量

 メープルシロップ 適量

 

・作り方

 

1)食パンを12等分に切り分け

2)残ったシチューと牛乳を一緒にフライパンで温める

3)沸騰したら食パンを加える

4)パンをよく染み込ませて焦げ目がついてきたら完成

5)お好みでメープルシロップをかけてもよし

 

 

[残ったシチューでマカロニグラタン]

 

 

・材料(2人分)

 

 残ったシチュー

 マカロニ 70g

 きのこ 適量

 みそ 小さじ1

 ピザ用チーズ 適量

 

・作り方

 

1)マカロニを茹でる

2)残ったシチューを温めてみそを溶かす

3)1)に2)を加えて、きのことネギを上に乗せる

4)ピザ用ソースを適宜散らして、

トースタで焼き焦げ目がついたら完成

 

 

このような感じで残ったシチューは、

色々なバリエーションに様変わりする。

 

ぜひ今回紹介したレシピを使って、

残ったシチューを美味しく食べてもらいたい。

 

 

シチューの冷凍できる期限。解凍までの正しい保存期間は?

 

 

さてシチューの冷凍保存方法とアレンジレシピが

分かったところで、「さっそくシチューを冷凍してみよう!」

と思った人も多いのでは?

 

ここで、さらに重要なポイント

 

それは一旦冷凍してみたはいいものの、

冷凍期間はどのくらい保つのか

そして正しい保存方法になっているのかということである。

 

 

そんな疑問をお持ちの方にも、

必見の情報を紹介していく。

 

 

まずは、シチューの冷凍期間についてだ。

 

調べてみると、冷凍保存したシチューは、

約1ヶ月保つということが分かった。

 

常温だと2〜3日しか保たないことを考えると、

たくさん作って小分けにしておくと便利である。

 

 

正しい保存方法のポイントは何度もいうが、

鍋のままの保存は避けて、

必ず保存用の容器に移し替えることである。

 

これは冷蔵保存にも冷凍保存にも、

共通して言えることである。

 

また解凍する際には、

常温で自然解凍するのは禁物である。

 

なぜなら余分な水分が出て、

水気の多いシチューになってしまうからである。

 

 

そのため解凍する時には電子レンジを用いるか、

に移して温めて解凍するのがおすすめである。

 

このように、解凍後も美味しいシチューを食べるためには、

少しの工夫で劇的に変わることがわかる。

 

 

まとめ。シチューは便利な冷凍食品として

 

だんだんと寒くなってくる季節は

暖かい料理が食べたくなってくる。

 

特にシチューは栄養が満タンで、

冬に食べたくなる料理として人気も高い。

 

自分自身、カレーと同じくらい大好物(笑)。

 

 

これからの季節にぴったりのシチューは、

正しく保存することで美味しさが保たれることが分かる。

 

また、解凍後のアレンジレシピも豊富で、

色々と作りたくなること間違いなしだ。

 

 

正しい冷凍保存と解凍で、

寒い季節をシチューを食べて楽しく乗り越えよう。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント