シンガポールとマレーシアの移動を鉄道と飛行機、バスで・・・フライトの予約の方法や両国の違いと関係、国境の地図も紹介。レゴランドを日帰りで観光・・・格安で日帰り、ツアーはJTBにも?旅行ならどっちがおすすめ?マレーシアのSIMはシンガポールでも使えるの?

スポンサードリンク






 

いずれも、日本人の移住先として人気のシンガポールとマレーシア

 

両者には違いがあるのだが、行ってみたことがないと

いまいちピンとこない。

 

そこで今回は、両国の違いや

格安ツアーの情報などを紹介する。

 

 

タイ・マレーシア・シンガポールの間の移動・・・鉄道と飛行機、バスなら?マレーシアとシンガポール、旅行にはどっちがおすすめ?国境の地図も紹介

スポンサードリンク

 

シンガポールとマレーシアの間を移動するには高速バスがおすすめ。

途中で乗り換えなくて済むからだ。

 

また、シンガポールからマレーシアのクアラルンプール市内までの

高速バスの料金は片道$11~18くらいが相場。

日本円にすると約1000円~1500円。鉄道や飛行機などと比べると安く済む

 

シンガポールとマレーシアの間を高速バスで移動した場合、

待ち時間などを含めても街の中心地まで約6時間で到着する。

 

 

飛行機で移動した場合は出国審査などの手続きがあるため、

全体的な時間は5~6時間程度とバスとあまり変わらない

 

高速バスの方が運賃も安く、一回乗ってしまえば終点までくつろげる

旅行の道中でゆっくりとしたい人には高速バスがおすすめだ。

 

 

シンガポールからの日帰り旅行には、

マレーシア行きのローカルタウンバスに乗って

ジョホールバルに行くのがおすすめ。

 

30分程度で到着するので気軽に行ける。

 

スルタン王宮博物館やジョホールバル動物園などの

観光スポットがたくさんある。

国境越えもできて二度おいしい。

 

シンガポールとマレーシアを結ぶジョホール水道を渡れば、

国境を徒歩でも越えることができる。

 

シンガポールとマレーシアの国境を短時間で

徒歩で越えてみたい人におすすめだ。

 

半日もあれば往復できるので、

一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

 

 

シンガポールとマレーシアの国境をで超える場合、

入国時にお酒やタバコなどの関税品が厳しくチェックされるので要注意。

 

シンガポールとマレーシアの国境を越えるためには

高速道路を利用するのだが、渋滞に巻き込まれる可能性が

非常に高いということを頭に入れておこう。

 

 

インドネシアは日本からみて、左下辺りに向かった場所にある。

 

そしてすぐ左側にはマレーシアとシンガポールの両国が隣接している。

両国における国境の地図のURLを貼っておく。

Google マップ

 

以前までシンガポール駅には、マレーシアからマレー鉄道が乗り入れていた。

現在は廃止されてしまったシンガポール駅だが、

歴史的建造物として保存されることになった。

 

 

【シンガポールとマレーシアの両政府は、

マレー半島高速鉄道計画を延期すると発表】

 

日本や中国が経路建設や車両提供などの受注を競っていたが、

延期に伴い、入札を取りやめることになった。

 

シンガポールとマレーシアの間を鉄道で国境越えする場合、

手続きが少し面倒

 

ざっくりとまとめると、

まずウッドランドと呼ばれる街にバスで移動して、

シンガポールの出国手続きを済ませる。

 

またバスに乗って、JBセントラル駅に移動し

マレーシアの入国手続きをする。

 

とはいっても、JBセントラル駅は

夜のイルミネーションがとても綺麗だし、

 

駅付近には、ショッピングセンターもあるので

暇つぶしにもなるし面白い

 

 

シンガポールとマレーシアを行き来するマレー鉄道の料金は、

列車の種類によって異なる。

 

全席指定のETSインターシティコミューター

料金が安いシャトル列車などがある。

 

マレーシアとシンガポールを結ぶ新たな鉄道計画も。

2024年には通勤鉄道の開通が予定されている。

 

タイから出発してマレーシアとの国境を列車で越える場合、

バンコク発のパダン・ブサール行きの列車に乗るのだが

面白いことにパダン・ブサール駅は、国境を挟んで2つある。

 

タイの国境を越えた側のパダン・ブサール駅で、

タイの出国審査とマレーシアの入国審査が行われる。

 

 

旅行でおすすめの国はシンガポールだ。

宿泊施設が多数あるし、ユニバーサルスタジオシンガポールなどの

大型施設も複数ある。遊びつくしたい人にとってはうれしい限りだ。

 

自分は遊びつくす派なので、行くとしたら絶対にシンガポールだ。

 

 

シンガポールとマレーシアの違いとは?関係も知りたい!マレーシアのSIMはシンガポールでも使えるの?

 

街の綺麗さや治安、交通の便利さやネットなどのインフラは

シンガポールが圧倒的に勝っている。

 

利便性については、シンガポールが小さな都市国家であり

当然その地理的な影響も大きい。

 

料理にも違いがありシンガポール料理の方が

スポンサードリンク

日本人の味覚に合う物が多い気がする。

 

 

一方で、ゴルフ好きなあなたにはマレーシアは天国のような場所。

人との関係を気にせずに、のんびりとスローライフを送りたいのなら

マレーシアの方が向いていると感じる。

 

 

今やかなり発展したシンガポールだが、独立する前は

もともとマレーシアという国の一部だったのはよく知られている。

 

そういう背景があって、この両国間は

簡単に行き来ができるというメリットが。

 

 

マレーシアのSIMは現地の空港で買うこともできるが、

おすすめしたいのはマレーシアやシンガポールなど、

東南アジア地域で利用できるプリペイドSIMカード

 

Amazonで買うことができて、androidやiPhoneなどで使用できる。

使い方は簡単で、空港でSIMを差し替えるだけで問題なく使用できる。

 

 

シンガポールとマレーシアを日帰りで楽しむツアー、JTBなら?バスの予約の方法も紹介。観光におすすめなのはレゴランド?マレーシアとシンガポールの旅行を格安のツアーで楽しむには

 

シンガポールとマレーシアのツアーを格安で楽しみたい人には

日帰りプランがおすすめ。

 

JTBなら色々な日帰りツアーのプランが用意されていて、

好みに合わせてプランを選べる。

 

 

例えば、シンガポール動物園のナイトサファリや、

マレーシアの世界遺産マラッカの観光と、

名物ニョニャ料理を同時に味わえるプラン、

 

国立公園に指定されているサピ島で

様々なアクティビティを楽しめるプランなど様々

 

 

JTBにはシンガポール、マレーシア間を

マレー鉄道に乗って旅する豪華なツアーもある。

 

のんびりと優雅なひと時を楽しみたい人におすすめだ。

 

 

JTBにはタイの観光地を訪れる日帰りプランも用意されていて、

マレーシアやシンガポールに負けないくらい魅力的なツアーがある。

 

例えば、アユタヤ遺跡の名所を観光するツアーや、

ダムヌンサドゥアック水上マーケットで路線市場を観光するツアーなど。

とても個性的で、一度は訪れてみたい。

 

マレーシアやシンガポールを観光する周遊ツアーのプランも

JTBには豊富に用意されている。

JTBなら、満足度の高いツアーを楽しめるはずだ。

 

 

シンガポールやマレーシアを訪れて、

自分だけの旅行記を書いてみるのも面白い。

 

 

マレーシアやシンガポールのツアーをとにかく格安で

楽しみたい人にはHISのツアーがおすすめ。

 

HISならシンガポール、マレーシア、インドネシアの各地の旅行が、

30,000円台から楽しめるのがうれしい。

 

 

観光やデートにおすすめなのがレゴランドだ。

 

マレーシアのジョホールバルにあるレゴランドでは、

プールや遊園地など様々なアトラクションが楽しめる。

プールのあちこちにレゴが浮いていてとても面白い

 

 

シンガポールからマレーシアの間を楽に移動できたら

旅行も一層快適になる。

 

そこでおすすめなのが、快適な移動と格安料金が魅力の

長距離バスの利用だ。

 

バスの予約方法を紹介する。

 

 

長距離バス予約サイトのBusOnlineTicket.comを利用すれば、

シンガポール、マレーシア以外にもタイやインドネシアのバスも予約できる。

 

サイトは英文だが、理解できないような

難しい内容ではないのでご安心を。

 

検索画面で出発地、目的地、人数、出発時刻、バス会社などを入力。

 

次に名前と電話番号(電話番号がない人はホテルの番号でもよい)を入力。

 

支払い方法をクレジットカード、Paypal

マレーシア国内のセブンイレブンから選択。

 

支払い後に、支払い完了メールが届くので

バスのターミナルでバス乗車券に引き換える

 

 

まとめ

 

シンガポールとマレーシアは日本から近い東南アジアの国であり、

南国の過ごしやすい気候で老人にも優しい(笑)。

冬のある日本よりも健康的な生活が送れるのがいい。

 

とはいっても、マレーシアの物価はまだまだ安く

シンガポールは日本と同じかそれ以上に高いため、

自分には積極的に移住するメリットがあまり感じられない(笑)。

 

 

両国の特徴を自分なりに表現してみると、

シンガポールはお金持ちにとっては利便性のある国だと思う。

逆にマレーシアは常夏のバカンスを楽しめるリゾートのような国だ。

 

どちらがいいかはあなた自身で実際に訪れて感じてもらいたい。

 

今では気軽に両国のツアーや旅行が楽しめるのだから、

友達も誘って楽しい思い出をいっぱい作ってもらいたい。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)