シンガポールのリトルインディアで夜遊び!オーチャードタワーで夜の女とシンガポール夜遊びを楽しむ…広州より夜遊びが楽しい?

 

シンガポールは、様々な国から色んな人種が集まる

多国籍国家として有名な国であり、他の国よりも厳しいルール

設けている罰金都市でもある。

 

そんなシンガポールの夜遊び事情は、

果たしてどうなっているのだろうか・・・

他のASEANに比べて情報が薄い。

 

 

そこで今回は、

シンガポールの夜遊びについて紹介していく。

 

 

シンガポールの夜遊び情報!オーチャード(オーチャードタワー)はどう?

 

シンガポールの夜遊び情報を詳しく解説しよう。

 

 

シンガポールには

オーチャードタワーというタワーがあるが、

 

ここはシンガポールの夜遊びで

お持ち帰りしたい人が多く来る場所として有名なのだ。

 

タワー内のクラブで働いているのは、

シンガポールで夜遊びを専門にしている女子ばかりで、

 

客もお酒を飲む人より

女子目的で来る人の方が遥かに多い

 

なので、お酒目的で行くのなら、

別の施設を利用した方が良いだろう。

 

 

タワー内の特に有名なクラブには、

入場料が約20シンガポールドル

ドリンク一杯20シンガポールドルかかる。

 

また、お持ち帰りの値段交渉は女子とし、

ショートで150、ロングで250シンガポールドル

大体の相場となっている。

 

日本円だと1万~2万近くかかり、

これはシンガポールの夜遊びの相場としては高い方だ。

 

 

コスパ良く夜遊びを楽しみたいなら、

ゲイラン地区の店を利用するのがおすすめだ。

 

この地区は、他と比べると

少し治安は悪くなってしまうが、

その分夜遊び店もホテルも安くなっている。

 

相場は女子の人種によって変わるが、

約80~100シンガポールドル

 

日本円で約6千~8千円と

オーチャードタワーよりも結構安い

 

時間短縮すればもっと安くなるので、

初めて行く人や夜遊び未経験の人には

もってこいの場所なのだ。

 

 

そしてもう一つ、

ゲイラン地区をおすすめする理由がある。

 

この地区の店は、

シンガポール政府が公認している、

いわば合法の店なのだ。

 

なので、他の店よりも

安心して利用できるだろうし、

 

店自体も中華系・インド系など

人種別になっているので、

自分好みの女子を見つけることもできるだろう。

 

 

しかし、中には違法となっているものもあるので、

少しでも怪しい、と思ったら

関わらないようにしよう。

 

 

シンガポールの夜遊び、ハイアットは?リトルインディアの夜遊びってどんな感じ?

 

シンガポールにある高級ホテル

グランドハイアットの地下1階にはバーがあるのだが、

 

ここはシンガポール夜遊びの中でも

特に女のレベルが高く

出会いを求めて多くの人が訪れる人気店だ。

 

 

最初はお酒やシンガーの歌を楽しみながら

軽く話をしている感じだが、

夜が更けると交渉も活発になる

 

交渉の相場はバラバラだが、

ショートで200~400シンガポールドルとなっている。

 

ロングになるともっと値が上がり、

オーチャードやゲイランと比べるとかなり高いが、

その分満足度も高いという。

 

入場料はワンドリンク込みで

2~30シンガポールドルかかるが、

 

グランドハイアットに宿泊している場合は

無料で利用できるという。

 

 

シンガポールには、

リトルインディアと呼ばれるエリアがある。

 

その名の通り、

多くのインディアたちが集まるインド人街で、

インドを思わせる建物も多いのが特徴だ。

 

 

シンガポールの夜遊びエリアと言えば、

リトルインディアも候補に挙がっているみたいだが、

個人的にはそんな印象は見られなかった。

 

というのも、このエリアの夜遊び店について

何の情報も出てこなかったり、

 

スリが横行していたり

夜はトラブルが多発していたりと、

 

少なくとも夜遊び向きのエリアでは無いのでは?

と感じ取れてしまう。

 

 

店が全くない、という訳でもなさそうだが、

今まで紹介してきたエリアで店を探したほうが

無難なのではないかな、と思う。

 

 

様々な種類の夜遊びがあるが、

その中でも特に人気なのはゲイランだろう。

 

そんなシンガポールゲイランの夜遊び動画

紹介しているサイトがあるので、

こちらも要チェックだ。

 

 

まとめ

 

厳しい罰金制度や国のイメージから、

個人的に夜遊びとは無縁な国なのでは?

 

と思っていたのだが、

無縁どころか合法だったとは驚きだ。

 

安心して遊べるし、

しかも色んな国の女子たちと知り合えるし、

まさに夜遊び天国ではないだろうか。

 

だが、何度も言うがシンガポールは罰金都市

 

浮かれて羽目を外して

罰金を支払うことになってしまった

…となっては台無しだ。

 

 

普段何気なく行っている行動も

罰金の対象になっている可能性があるので、

 

気を付けなければいけない。

郷に入っては郷に従え、だ

 

コメント

  1. きよ より:

    やっぱり客もお酒を飲む人より女子目的で来る人の方が遥かに多いんですね。
    需要と供給があっていますね!笑