収入印紙の買い方の解説!コンビニ・郵便局・買えるところ、使い方と注意点について

スポンサードリンク
 





 

収入印紙は​コンビニ、郵便局、市役所などで買えます。

 

収入印紙とは租税・手数料を払ったことを

 

証明する証票です。

 

 

 

もっとも身近に使われる場面は

 

契約書や領収書です。

 

 

 

社会に出るまで

 

収入印紙の存在を知らなかったという人もいるでしょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





市役所・法務局・コンビニ・郵便局。収入印紙が買えるところ

 

 

 

 

1.コンビニ

 

 

 

切手やはがきを買うようにレジに行って買います。

 

 

セブンイレブン、

 

ファミリーマート、

 

ローソン

 

 

の大手コンビニエンスストアは

 

もちろん、

 

 

 

ミニストップ、

 

デイリーヤマザキ、

 

ポプラ

 

 

でも取り扱っています。

 

 

 

 

コンビニで買うメリットは

 

 

24時間いつでも買うことができます。

 

 

 

 

仕事先で急に必要になった時は、

 

コンビニに在庫がある限り

 

 

 

すぐに買うことができるのでおすすめです。

 

 

 

 

だた注意点が2つあります。

 

 

 

 

 

1つ目は駅内にある

 

 

コンビニ(ニューデイズ)や

 

店舗によって

 

 

収入印紙が置いていないことです。

 

 

 

 

 

店頭に

 

 

「切手・はがき・印紙」と

 

 

書いてあれば

 

 

取り扱っていますので、

 

 

事前に確認するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

2つ目は

 

 

 

200円の収入印紙しか置いていません。

 

 

200円以外の金額を購入したい場合は

 

 

コンビニ以外で買いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2.郵便局

 

 

 

郵便窓口とゆうゆう窓口で購入できます。

 

 

郵便局では低額から高額なものまで

 

 

全種類の収入印紙を取り扱っています。

 

 

 

しかし店舗によって

 

営業時間が異なりますが、

 

 

 

 

平日の9~17時と販売時間に

 

 

限りがあります。

 

 

 

大きな郵便局では

 

 

土日祝日や

 

営業時間外に

 

 

ゆうゆう窓口で買えますが、

 

 

 

 

簡易郵便局は

 

 

営業時間内に

 

買わなければなりません。

 

 

日本郵便のホームページで

 

 

自分が住んでいる地域の郵便局を調べ、

 

余裕をもって買いましょう。

 

 

 

 

 

 

3.市役所

 

 

 

パスポートの手続きなどで

 

収入印紙が必要となるので、

 

 

販売窓口で買うことができます。

 

 

 

 

しかし役所によっては

 

置いていない場合があるので

 

 

 

事前に問い合わせすると安心です。

 

 

 

 

 

 

 

4.法務局

 

 

 

あまり生活に馴染みがありませんが、

 

販売窓口と売店で販売されています。

 

 

書類の手続きの手数料で

 

高額な収入印紙を使うので、

 

 

 

郵便局と同様に

 

全種類を取り扱っています。

 

 

 

 

 

 

 

5.金券ショップ・ネットオークション

 

 

 

コンビニや郵便局などで

 

 

収入印紙を買う場合は

 

消費税がかからず、

 

 

額面の金額のみ支払います。

 

 

 

しかし金券ショップと

 

ネットオークションで買うと

 

 

消費税が加算されます。

 

 

 

メリットは額面より

 

 

安い値段で販売されているのでお得です。

 

 

 

また金券ショップは

 

 

土日祝日も営業しているので、

 

 

平日に買えなかった時でも買えます。

 

 

 

 

ネットオークションは

 

自分のタイミングで買うことができます。

 

 

 

しかし両者とも

 

取り扱っていない金額があるので

 

 

注意が必要です。

 

 

他にも印紙さばき所に登録している

 

 

タバコ屋・酒屋、スーパーマーケット

 

 

でも買うことができます。

 

 

 

 

 

 

収入印紙の購入。金額と種類

 

 

 

 

 

収入印紙には

 

 

1円、2円、5円、10円、20円、

 

30円、40円、50円、

 

60円、80円、100円、

 

120円、200円、300円、400円、

 

500円、600円、1,000円、

 

2,000円、3,000円、4,000円、

 

5000円、6000円、8000円、10000円、

 

20000円、30000円、40000円、

 

50000円、60000円、100000円

 

 

の31種類あります。

 

 

 

比較的多く使われる

 

 

 

200円はコンビニ・金券ショップで買えます。

 

 

ただし

 

 

200円しか置いていないので、

 

 

 

それ以外の額面が欲しい時は

 

 

郵便局や法務局で

 

 

買ったほうがよいでしょう。

 

 

 

2018年7月1日に収入印紙のデザインが変更されています。

 

 

最新デザインと合わせて

 

 

 

古いデザインは問題なく使うことができます。

 

 

 

 

 

契約書や領収書での収入印紙の貼り方

 

 

 

 

貼り付け場所は特に指定がない場合は、

 

 

文書の隅や余白につけるのが無難です。

 

 

次に収入印紙と文書をまたぐように

 

 

担当者のサイン

 

 

 

または印鑑(シャチハタ、ゴム印可)で消印を入れます。

 

 

最後の消印は重要で印紙税を納めた証明と、

 

 

収入印紙が使用済みになったことを表すために必要です。

 

 

 

文書に記載された額によって、

 

 

使う収入印紙が変わります。

 

 

 

 

一例として領収書の場合、

 

5万円以上100万円以内は

 

 

200円、

 

 

 

100万円以上200万円以内は

 

 

400円が必要です。

 

 

 

約束手形と為替手形の場合は

 

 

10万円以上100万円以下は200円、

 

 

100万円以上200万円以下は

 

400円になります。

 

 

 

詳しくは国税庁のホームページに

 

 

課税文書と印税額が一覧表で

 

 

掲載されているので

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 

クレジットカード払いや銀行振り込みなど、収入印紙を使うときの注意点

 

 

 

 

貼り忘れや消印を忘れてしまった場合、

 

 

過怠税(かたいぜい)として

 

 

当初納めるはずだった印紙税の3倍を払います。

 

 

 

 

例えば1万円の収入印紙を貼った

 

 

領収書に消印を忘れた場合、

 

 

3万円の過怠税が発生します。

 

ただし自ら納税忘れを申告した場合は

 

 

1.1倍に軽減されるので、

 

 

覚えておきましょう。

 

 

 

また貼り間違えた時は

 

郵便局で交換できます。

 

 

 

未使用のもの、

 

 

課税文書ではない書類

 

 

(白紙や封筒など)

 

 

 

に誤って貼ってしまった時は、

 

 

1枚につき

 

5円の手数料

 

 

(10円未満の収入印紙はその半額)

 

 

がかかります。

 

 

 

 

消印が入ったものや、

 

汚れ・破れているものは

 

 

偽装防止のため、

 

交換することはできません。

 

 

また現金に

 

 

交換することもできませんので、

 

 

注意しましょう。

 

 

契約書や領収書の貼り間違えや

 

 

納める印紙税より

 

 

多く貼ってしまった場合は、

 

税務署に申請すれば

 

 

還付されます。

 

 

 

収入印紙を間違えて貼った書類は

 

 

 

申請するのに必要となるので、

 

 

捨てないようにしましょう。

 

クレジットカードで支払った領収書に

 

 

収入印紙の貼り付けは不要です。

 

 

5万円以上でも収入印紙はいりません。

 

 

 

 

これは相手と

 

クレジット会社での取引扱いになり、

 

 

金銭の受領を証明する目的で

 

作成された課税文書に該当しないからです。

 

 

 

 

 

もし相手から発行を求められた時は

 

 

「クレジットカード利用で受領」

 

 

と記載します。

 

 

 

 

これを書き忘れてしまうと、

 

 

課税文書扱いになってしまうので

 

 

注意しましょう。

 

 

 

 

銀行振り込みで金銭を受け取った場合は

 

 

 

領収書に収入印紙が必要です。

 

 

 

振込控え書が領収書の代わりになるので、

 

 

本来は領収書を作成義務はありません。

 

 

 

しかし相手から発行を求めらてた時は

 

 

作成しなければなりません。

 

 

印紙税を削減したい場合は

 

 

 

「振込金控え書を領収書に代えさせて頂きます」

 

 

と記載しましょう。

 

 

 

 

収入印紙の購入とは

 

 

 

収入印紙はコンビニ、郵便局、

 

 

市役所、法務局、

 

 

金券ショップなどで

 

 

買えます。

 

 

 

 

買い方はレジや販売窓口に直接行き、

 

 

欲しい額面を伝え購入します。

 

また購入場所によって

 

 

取り扱っていないところや

 

 

営業時間が異なるので、

 

 

事前に確認するとよいでしょう。

 

 

 

収入印紙は31種類あり、

 

 

 

 

契約書や領収書など

 

課税文書に記載されている金額によって

 

 

納める印紙税が変わります。

 

 

 

こちらも事前に確認が必要です。

 

 

切手やはがきのように

 

馴染みがありませんが、

 

 

 

仕事や生活で必要になる場面があり、

 

 

収入印紙の買い方や使い方を

 

 

覚えておくと便利です。

 

 

 

テキストのコピーはできません。