初七日の数え方、計算とは。犬などペットは?香典は?浄土真宗などでは?

スポンサードリンク






初七日とはいつになるのか、何をするのか解説いたします。

故人の告別式が終われば続いて執り行われる仏事が

初七日法要になります。

 

親族が再び集まらなければならない事も考慮し、

告別式が終われば

 

執り行うことが

 

一般的になってきました。

 

故人の供養だけでなく、

 

参列者へも精進料理もあります。

 

 

 

スポンサードリンク






初七日、49日の数え方、計算

 

 

<49日の数え方と法要>

 

初七日とはどういう意味であるのか?

初七日とは仏事のひとつで、

 

故人が亡くなった日を含めた

 

 

7日目のことです。

 

 

故人が三途の川に

 

到着するまでの

 

期間とされていて、

 

 

渡る川の流れは

 

裁きで決まるとされています。

 

 

故人がなるべく

 

緩やかな

緩流で

 

向こう岸まで渡れるようにと

 

お経を唱えるのが

 

 

初七日法要になります。

 

 

また仏教では亡くなっても

 

49日間は成仏せず]

 

この世をさまようと考えられていて、

 

 

7日ごとに

 

7回審査があるといいます。

 

 

この7回目の審査が

 

49日目ということになり、

 

49日目に

 

極楽浄土へ行けるかどうかが決まると

 

考えられています。

 

 

遺族はこの7回ごとに

 

故人がラクに極楽へ行けるよう

 

お経を唱え

 

供養することになります。

 

 

 

 

<計算と法要>

 

初七日はいつから数えるのでしょう。

 

一般的には亡くなった日を

 

1日目と数えるため

 

 

告別式が行われた日や

 

火葬された日からの

 

計算ではありません。

 

 

また初七日の数え方は

 

宗教や地域によって

 

考え方が変わってきます。

 

 

 

浄土真宗での考え方としては

 

初七日というのは

 

故人へ感謝を捧げることが目的とされ、

 

関西など一部地域の数え方は

 

故人が亡くなった前日を1日目と数え、

 

 

亡くなって6日目が

 

初七日になるということになります。

 

 

 

ペット、犬・猫などの場合

 

 

他にも飼っていた犬や猫のような

 

ペットの場合も同じです。

 

 

亡くなった日から

 

同じように

 

亡くなった当日を含めた

 

7日目に

 

初七日の供養を行ってあげましょう。

 

 

 

葬儀や法要には違いがある

 

<浄土真宗と曹洞宗>

 

同じ仏教でも

 

浄土真宗は亡くなると

 

すぐ阿弥陀様の力で

 

極楽浄土へたどり着くと

 

考えられています。

 

そのため初七日法要は

 

故人ではなく

 

遺族が故人を思い偲んで

 

行われるとされています。

 

 

 

また曹洞宗の葬式は

 

故人が出家するための

 

儀式と考えられ、

 

初七日は

 

故人が三途の川までたどり着く日で

 

 

どんな流れの川を渡るのかが

 

決まる日とし、

 

無事に渡れるよう

 

お経を唱えるという考え方です。

 

 

 

<法要と香典>

 

葬式と初七日を同日に執り行うとなると

 

香典はどうすればいいのか、

 

金額はいくらにすればいいのか

 

気になるところです。

 

 

事前に同日で執り行うことが分かっていれば、

 

仏事が別々のものとなるため

 

香典も別々に

 

用意する必要があります。

 

 

金額は故人との関係性によって

 

変わってきますが、

 

金額は初めの数字を

 

奇数にすることが大事です。

 

 

例えば5,000円や3,000円のように

 

最初の数字を奇数にします。

 

 

これは偶数にすると

 

割り切れる事から

 

「縁を切る」

 

などのような

 

縁起の悪い数字と見られるためです。

 

 

初七日は葬式の半額程度が

 

相場とされています。

 

 

例えば葬式が10,000円なら

 

初七日は5,000円となります。

 

 

もし葬式が5,000円で

 

初七日は2,500円となった場合には

 

キリ良く3,000円に

 

するのがいいでしょう。

 

 

 

<創価学会の香典>

 

独特の一例として創価学会の葬式をご紹介します。

 

一般的な仏式の葬式と同じですが、

 

僧侶は呼ばず祭壇も

 

独特なもので

 

「友人葬」というのが

 

執り行われます。

 

 

家族や親しい友人、

 

地域の人などで

 

読経することが

 

最大の供養とされているため、

 

香典不要となります。

 

しかし遺族の考え方で

 

受け取る人もいるので

 

渡すことが失礼になることはありません。

 

 

葬儀に赤ちゃんと

 

 

<葬儀と赤ちゃん>

 

赤ちゃん連れの法要参列には

 

多くの注意点があります。

 

 

まず葬式が始まる前に

 

遺族に対して

 

一声かけておくとよいでしょう。

 

 

退席に備えて

 

出入り口の場所や授乳室、

 

 

おむつ替えスペースなど

 

 

事前に確認しておくことや

 

 

周りへの配慮も忘れないよう

 

 

葬儀スタッフへ説明しておくと

 

周りからのサポートも

 

得られるはずです。

 

 

初七日までのお供えと回忌

 

<葬儀が終わって初七日までの過ごし方>

 

 

初七日の法要が終わっても

 

初七日までの家での供え物は大切です。

 

初七日までのお供えでは、

毎日、水と線香、

 

そして故人が好物だった

 

お菓子屋や果物などを

 

お供えしてあげましょう。

 

 

 

また初七日までしてはいけないこととして、

 

神社へのお参りや住宅の購入、

 

結婚式への出席などがあります。

 

「死は穢れである」

 

という古くからの考えにより、

 

なるべく家にいて

 

外に出ることで人に会い、

 

穢れを周りに広めないようにという伝えです。

 

一周忌法要が終わるまでは

 

控えるようにしましょう。

 

 

最後に回忌の早見表を紹介します。

 

回忌とは故人の命日に合わせて行う

 

仏事のことで、

 

 

三回忌や七回忌のように

 

割り切れない奇数になります。

 

 

亡くなった翌年が一周忌となりますが、

 

2年目からは

 

亡くなった年も加えて

 

三回忌、

 

 

6年目が七回忌となります。

 

 

周忌と回忌で数え方がややこしいですが、

 

ネット上で命日や

 

亡くなってから

 

何年後に回忌を執り行えばいいのか

 

簡単に確かめられる

 

早見表が作成されています。

 

初七日とは何日目なのかも確認できます。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

宗教や宗派が違っても同じように

 

仏事は執り行われています。

 

不明な点があればまずは

 

菩提寺などへ連絡してみることをお勧めします。