「40代独身男性の実家暮らし」の実情とは?親から離れない理由

 

40代独身男性の実家暮らしと聞くと、

よくTVで取り上げられるニート…

 

PCのオンラインゲームに

ハマっていたりする彼らの様子が思い浮かぶ。

 

 

ただあれはメディアが一部を取り上げているだけで、

もちろん本当の実態を表してはいない。

 

 

そこで、この記事では彼らの生活の実情と、

彼らの結婚に関する考え方について語ってみる。

 

 

40代独身男性の実家暮らしの実態。背負うものがあるのか?

 

 

そもそも、この世代の独身男性は、

日本にどのくらいいるのか。

 

 

2010年の国勢調査で明らかになった数字とは、

45歳の独身男性は21万人程度だ。

 

5年さかのぼってみよう、

2005年の独身男性は21万7千人程度。

 

実はその間に結婚した人の数は、

6千人程度なのである。

 

2010年の男性の既婚率は81%であり、

未婚の男性は少数派といえる。

 

 

40代独身の男性が実家で暮らしているパターンとして、

3つに状態を分けることができる。

 

一つ目はサラリーマンや、

ブルーカラーなど、

何かしら雇用されている勤め人である。

 

二つ目は自分で事業を行い、

収入を得ている自営業者である。

 

三つめは収入がそもそもないような、

中高年ニートとも言われる、

無職の男性である。

 

勤め人と自営業者は、

仕事を行っている。

 

そのため背負うものは仕事だけだ、

というようなロジックも、

完成するのではないだろうか。

 

実際にそうやって働いている方は多くいる。

 

このカテゴリーに属する方は、

結婚がしたくなった時に、

結婚ができる可能性が高いのである。

 

収入があるために、

妻と生活ができるためである。

 

 

ニートの男性はどうだろうか。

 

これは、社会的な問題にすでになっていて、

NHKなどでも特集が組まれるほどである。

 

 

家で何をしているのかも、

近年解析されて分かってきた。

 

ゲーム、インターネットの匿名掲示板、

ライトノベル等、

生産性が全くないものであることが多い。

 

基本的に背負うものもなく、

東京で大きな地震が起きて欲しいやら、

 

テロが起きて欲しいやら、

かなり退廃的である。

 

親の年金などで生活しているが、

親がいなくなっては背負うものどころか、

一般市民が背負ってあげなければならない。

 

このカテゴリーに属する男性は、

年齢を勘案しなくても、

結婚は難しいのである。

 

 

40代独身男性の結婚願望とは?その価値観を分析!

 

 

基本的に、40代で結婚できる、

男性の特徴として挙げられるものは、

 

結婚願望が具体的にある、

ことが大前提になってくる。

 

40代で彼女イナイ歴が年齢の方は、

未婚男性で15%を占めている。

 

大きな障壁になっていることが、

そもそも結婚はしたくない、

もっと自由に生活していきたい、

 

といった結婚したくない願望である。

 

実際に40代で結婚した独身男性の割合は、

3%とも言われている。

 

この3%という数は、

統計の考え方ひとつで、

大きく変わってくるのである。

 

国が公に公表している実数は1%であり、

結婚相談所が広告のために出している数字は、

40%にもなってくる。

 

どれを信用していいのかはわからないが、

40%はないはずである。

 

なぜなら、中高年ニートは、

それ以上に存在するからである。

 

40%の理屈説明するには、

結婚願望が具体的であり、

収入も学歴も一定以上あり、

 

女性から見てストライクゾーン内の人、

限定の数字ではないか。

 

 

まとめ

 

 

今現在で、40代の男性というと、

バブルの後半あたりの世代と考えられる。

 

それはつまり団塊ジュニア世代でもあり、

社会的なインフラを支えている世代である、

といって過言ではない。

 

逆に、新たな問題が発生し続けている、

世代ともいえる。

 

この世代は、学校を出てから定職についていない、

いわゆるフリーターの創生期でもあり、

ニートが確認されている先頭の世代でもある。

 

 

俺もまさにこの年頃、

そしてバツイチだが独身。

 

こうしてフィリピンや東南アジアを放浪しているのは、

同じ40代独身としても変わりものだろうが(笑)。

 

 

大変難しい世代ではあるが、

もっと下の世代、30代や20代が、

40代になったころに比べて、

今の40代の男性は既婚率が高いはずである。

 

20代が40代になったころには、

もしかすると既婚率が60%程度まで、

下がってくるかもしれないのである。

 

 

基本的に、今の日本社会は、

企業社会といってもいい、

大企業だけが優遇され、

 

その他大勢は多大な犠牲のもとに、

生活をしていかなければならない。

 

40代独身男性で実家に暮らしていること自体、

負け組でも何でもないと認識すべきであろう。

 

既婚者は、老後の年金が少なく、

なけなしの貯蓄を切り崩して、

毎日の生活に四苦八苦しているのだから。

 

国内
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)