「40代で独身の男性、女性の実家暮らし」の実情とは?親から離れない理由

スポンサードリンク






 

40代独身男性の実家暮らしと聞くと、

よくTVで取り上げられるニート…

 

PCのオンラインゲームに

ハマっていたりする彼らの様子が思い浮かぶ。

 

 

ただあれはメディアが一部を取り上げているだけで、

もちろん本当の実態を表してはいない。

 

 

そこで、この記事では彼らの生活の実情と、

彼らの結婚に関する考え方について語ってみる。

 

 

40代独身男性の実家暮らしの実態。背負うものがあるのか?

 

スポンサードリンク

 

そもそも、この世代の独身男性は、

日本にどのくらいいるのか。

 

 

2010年の国勢調査で明らかになった数字とは、

45歳の独身男性は21万人程度だ。

 

5年さかのぼってみよう、

2005年の独身男性は21万7千人程度。

 

実はその間に結婚した人の数は、

6千人程度なのである。

 

2010年の男性の既婚率は81%であり、

未婚の男性は少数派といえる。

 

 

40代独身の男性が実家で暮らしているパターンとして、

3つに状態を分けることができる。

 

一つ目はサラリーマンや、

ブルーカラーなど、

何かしら雇用されている勤め人である。

 

二つ目は自分で事業を行い、

収入を得ている自営業者である。

 

三つめは収入がそもそもないような、

中高年ニートとも言われる、

無職の男性である。

 

勤め人と自営業者は、

仕事を行っている。

 

そのため背負うものは仕事だけだ、

というようなロジックも、

完成するのではないだろうか。

 

実際にそうやって働いている方は多くいる。

 

このカテゴリーに属する方は、

結婚がしたくなった時に、

結婚ができる可能性が高いのである。

 

収入があるために、

妻と生活ができるためである。

 

 

ニートの男性はどうだろうか。

 

これは、社会的な問題にすでになっていて、

NHKなどでも特集が組まれるほどである。

 

 

家で何をしているのかも、

近年解析されて分かってきた。

 

ゲーム、インターネットの匿名掲示板、

ライトノベル等、

生産性が全くないものであることが多い。

 

 

基本的に背負うものもなく、

東京で大きな地震が起きて欲しいやら、

 

テロが起きて欲しいやら、かなり退廃的である。

 

 

親の年金などで生活しているが、

親がいなくなっては背負うものどころか、

一般市民が背負ってあげなければならない。

 

このカテゴリーに属する男性は、

年齢を勘案しなくても、

結婚は難しいのである。

 

 

「40代独身男性が気持ち悪い」と耳にしたことはあるはずだが、

その理由を考えてみたことは?

 

 

かくいう俺も、まさに40代独身男性。

 

自分自身の経験、そして周りの女性の意見も含め

「気持ち悪い」と言われる理由を考えてみる。

 

 

40代独身男性が気持ち悪いと思われる理由

 

40代独身男性が気持ち悪いと思われてしまうのはなぜなのか?

 

 

それはやはり、日本人の古い結婚観がベースにある。

 

そう、今までの常識が

「40代なら家庭を持っていて当たり前」だったから。

 

 

40代の独身男性・・・このワードを耳にして

多くの日本人は、どのような人を思い浮かべるだろうか。

 

 

たいていは「この歳まで結婚をしていない男性は

何か問題があるに違いない」。

 

外見で魅力を出すには難しい年齢だし、一方で

性格に難あり?女遊びが激しいんじゃない?

なんて思われてしまう。

 

 

具体的に語ろう。

 

まずは外見。

 

何もしないまま体がたるんできてしまったり、

髪が薄くなってしまったり。

 

そのような外見が単純に

気持ち悪いと思われてしまっている。

 

逆に見た目に気を遣いすぎて変に若作りをしてしまい、

年齢に合っていない格好にも女性は引いてしまう。

 

 

そして性格。

 

過去の武勇伝や自慢話を語ろうもんなら、

それだけで女性は嫌気がさす(笑)。女性にとっては

ただプライドが高い、話の長いおじさんくらいにしか思われない。

 

 

最後に「遊んでいるのではないか」という先入観。

 

自分の好きなように自由に生きてきたからこそ

婚期を逃してしまったのでは?

 

そんな自由に生きてきた人が結婚して

急に生活を変えられるのか。という不安を

女性に与えてしまっている。

 

 

実は「40代独身男性は気持ち悪い人ばかりではない」という事実

 

それでも、今の日本の40代独身男性が

みんなこんな人たちばかりかと言えば、俺の周りを見ても

決してそうではない。

 

 

焦って結婚をするものでもないと、

女性に対し慎重になっている人もいる。

 

趣味を思いっきり楽しんでいたり、

起業して世のために努力していたり。

 

バツイチ男性からは

「再婚は当分いいや・・・」という声も。

 

 

そもそも、結婚して縛られたくないなど

人それぞれいろいろな価値観がある。

 

「孤独のグルメ」の五郎さんの

「結婚すると人生が重たくなる」というフレーズに

深くうなづいていた俺のように(笑)。

 

 

フランス人カップルの友人がそうであるように、

日本でも事実婚がもっと認められてもいい。

 

生涯独身率だってどんどん上がりつつある。

結婚が必須の時代ではないということだ。

 

 

40代なら妻子がいて当然・・・

この昔の価値観はどんどん崩れていくはずだ。

 

 

今の40代男性は、昔に比べたらずっと若々しく見える。

 

20代で老け込んだ人がいることを考えたら、実年齢以上に

その人の意識がその人の外見や性格に大きく影響を及ぼす。

 

 

40代男性のあなたは、自分磨きに徹して

魅力をガンガンアピールしよう。

 

 

自分の性格をすぐに変えるのは難しいもの。

 

しかし外見は、自分の努力次第でいくらでも変えていける。

内面の前に、まずは自分の外見を見直してみよう。

 

体がたるんでいるなと思ったら、食事に気をつけたり

ジムに通ってみたり、通勤に徒歩や自転車を取り入れてみたり。

 

 

体が引き締まれば、自然とファッションにも気を遣うようになる。

食事に気をつければ、年中ダイエッターな女性たちとも話が合い、

自然と会話が弾む。

 

外見を磨くことで、次のステップに進むきっかけにもなる。

スポンサードリンク

自分に自信がつけば結婚のチャンスにつながる可能性だってある。

 

 

気持ち悪いと思われてしまうのは、「どうせもう40代だし」と

外見も内面も磨くのをあきらめてしまったからこそ。

 

意識と行動が変わればいつでも若々しくいられるし、

輝くあなたに女性はひきつけられる。

 

 

まずは、周りにいる40代の独身男性で輝いている人を見つけ

マークしてみよう。身近にいなければタレントでもいい。

 

その秘訣に気づくのは、そう難しいことではない。

 

 

40代独身男性の結婚願望とは?その価値観を分析!

 

 

基本的に、40代で結婚できる、

男性の特徴として挙げられるものは、

 

結婚願望が具体的にある、

ことが大前提になってくる。

 

40代で彼女イナイ歴が年齢の方は、

未婚男性で15%を占めている。

 

大きな障壁になっていることが、

そもそも結婚はしたくない、

もっと自由に生活していきたい、

 

といった結婚したくない願望である。

 

実際に40代で結婚した独身男性の割合は、

3%とも言われている。

 

この3%という数は、

統計の考え方ひとつで、

大きく変わってくるのである。

 

国が公に公表している実数は1%であり、

結婚相談所が広告のために出している数字は、

40%にもなってくる。

 

どれを信用していいのかはわからないが、

40%はないはずである。

 

なぜなら、中高年ニートは、

それ以上に存在するからである。

 

40%の理屈説明するには、

結婚願望が具体的であり、

収入も学歴も一定以上あり、

 

女性から見てストライクゾーン内の人、

限定の数字ではないか。

 

 

一方で、40代独身女性の実家暮らしも

この国で増えているのは、あなたも気づいている通り。

 

 

ではなぜ、40代独身女性の実家暮らしが増えているのか?

現状とともに、その理由を語ってみる。

 

 

40代独身女性の実家暮らし。日本の現状とその理由

 

手元にあるデータで言えば、30代から40代までの独身女性の

実家暮らし率はなんと約46パーセント。

 

実に、ほとんど2人に1人が実家暮らしということになる。

 

この比率は、30年で3倍

 

 

このように独身女性の実家暮らし率が高くなった理由は、

 

結婚年齢や未婚率の上昇

独身女性の給与水準が上がらず、貧困率が高まったこと

 

が大きい。

 

つまり、一人暮らししたくてもできない現実が

目の前にあるということだ。

 

 

40代独身女性の実家暮らしから抜け出すには?

40代独身女性が実家暮らしを脱却したいとして、

具体的にどうすればよいのか?

 

 

当然ながら、結婚して家庭を持つことを考えるだろう。

 

結婚なんかいいとあきらめたら、それで終わってしまう。

だから本当に結婚したかったら、いろんなイベントに

参加してみるのもいい。

 

日本では未婚率が年々上がっている。にも関わらず婚活市場は

なかなか盛り上がっているようだ。

 

どうしてもこれだけは譲れない、というのがあるのは当然だが

40代はやはり苦戦する。妥協することも必要かもしれない。

 

 

個人的におすすめしたいのは、

独身女性が経済的に自立すること。

 

結婚は相手あってのことだが、

お金を稼ぐことは自分の努力で何とでもなる。

 

 

幸いこの国では、ネットビジネスのように小資本で

副収入を得る基盤がすでに整っている。

 

クラウドソーシングで仕事もできるし、

ビジネスブログの運営を始めてもいい。

 

一人暮らしをするための収入がお勤め以外に月数万円もあれば、

実家暮らしから抜け出すことも可能になる。

 

 

40代独身女性の実家暮らしでも悲観はいらない

 

語ってきたように、日本では40代の独身女性の実家暮らしが

かなり多い。日本経済の先行きが見えない以上

この状況は続くだろう。

 

 

しかし、今は未婚の人を変に心配する時代ではなくなった。

 

昔のように、親や知人が見合いをすすめることもない。

娘に結婚する気がなければ、それっきりだ。

 

 

結婚にこだわるよりも、経済的自立を目指そう。

すぐに実家を出ないにしても、新たな収入があれば

親の介護を含め、将来への不安も小さくなる。

 

 

ちなみに、俺の周りにも実家暮らしの女性がいるので

話を聞いてみた。

 

彼女はもともと3人家族だったが、5年前に父親が亡くなった。

実家暮らしにありがちな、母親にべったりというのはない様子。

 

彼女は夏はテニスをやったり、冬はスキーに行ったりと

とても行動的。それから福祉関係のボランティア活動も

やっているという。

 

その彼女は行動範囲が広いにもかかわらず、

結婚にはあまりこだわりはなさそうだ。

 

 

彼女のように、実家にいることを悲観せず

日々を楽しんでいれば、それを見ている親も安心するはず。

 

 

まとめ

 

 

今現在で、40代の男性というと、

バブルの後半あたりの世代と考えられる。

 

それはつまり団塊ジュニア世代でもあり、

社会的なインフラを支えている世代である、

といって過言ではない。

 

逆に、新たな問題が発生し続けている、

世代ともいえる。

 

この世代は、学校を出てから定職についていない、

いわゆるフリーターの創生期でもあり、

ニートが確認されている先頭の世代でもある。

 

 

俺もまさにこの年頃、

そしてバツイチだが独身。

 

こうしてフィリピンや東南アジアを放浪しているのは、

同じ40代独身としても変わりものだろうが(笑)。

 

 

大変難しい世代ではあるが、

もっと下の世代、30代や20代が、

40代になったころに比べて、

今の40代の男性は既婚率が高いはずである。

 

20代が40代になったころには、

もしかすると既婚率が60%程度まで、

下がってくるかもしれないのである。

 

 

基本的に、今の日本社会は、

企業社会といってもいい、

大企業だけが優遇され、

 

その他大勢は多大な犠牲のもとに、

生活をしていかなければならない。

 

40代独身男性で実家に暮らしていること自体、

負け組でも何でもないと認識すべきであろう。

 

既婚者は、老後の年金が少なく、

なけなしの貯蓄を切り崩して、

毎日の生活に四苦八苦しているのだから。

 

スポンサードリンク

国内
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)