静かなるドンは面白い!名シーンや名言などおもしろい!紹介

スポンサードリンク
 





アニメ「静かなるドン」は、面白いと評判です。その理由はいくつかあり、

幅広い年齢から人気があります。

 

また実写版もあり、

 

こちらの方も人気があります。

 

あらゆる漫画サイトのランキングで見かけますが、

 

今まで読んだことがない方でも

 

一度見るとハマッてしまうほど

 

面白い漫画です。

 

 

では、どのようなところが面白いのか、

 

名シーンや名言なども気になりますね。

 

 

そこで今回は

 

・登場人物の名前の一覧表と簡単なあらすじ

・ おもしろい!名シーンや名言

・名作、静かなるドンを見た人の感想

・静かなるドンの面白い巻は

・静かなるドンは面白い!

・ 静かなるドンは名作

 

について紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク
 





登場人物の名前の一覧表と簡単なあらすじ

 

 

 

「静かなるドン」は、非常に面白い作品です。

 

どのような内容なのでしょうか。

 

 

ネタバレを明かすことになるので、

 

 

ここではドラマと映画の

 

出演者と簡単なあらすじを紹介します。

 

 

 

 

1.登場人物

 

 

 

アニメの登場人物とドラマキャストの一覧表

 

 

 

 

登場人物

ドラマキャスト

近藤静也

中山秀征

秋野明美

石田ゆり子

川西部長

石倉三郎

逃野

松澤一之

近藤妙

野際陽子

鳴戸竜次

鹿賀丈史

猪首硬四郎

阿藤快

生倉新八

なぎら健壱

肘方年坊

成瀬正孝

沖田寝多

須藤正裕

坂本健

美木良介

沢木全次郎

平泉成

大久保竜造

宍戸錠

 

 

 

 

・アニメ:

 

198811月~201212月まで連載されました。

 

 

全巻108巻で全1175話となっています。

 

 

 

・ドラマ:

 

19941021日~1995317

 

日本テレビ系列で放映されました。

 

 

登場人物の前の読み方が難しいので、

 

アニメを見ながら覚えると

 

違う楽しみ方が出来ます。

 

 

 

 

映画キャスト

 

 

映画はドラマとでは、キャストが違います。

 

主な出演者を紹介します。

 

 

 

 

主な登場人物

「静かなるドン 新章」

2009年)

「静かなるドン」

2010年)

近藤静也 袴田吉彦

香川照之

秋野明美 小林恵美

喜多嶋舞

鳴戸竜次 永倉大輔

長谷川初範

 

 

 

 

2.簡単なあらすじ

 

 

下着会社プリティで冴えないデザイナーをしつつ、

 

実は1万人の子分を持つ

 

広域暴力団新鮮組総長の

 

一人息子という

 

2つの顔を待っています。

 

 

2代目総長が敵対する

 

組織に撃たれてしまったので、

 

 

主人公である

 

近藤静也が3代目総長になります。

 

 

近藤静也の性格は

 

至って大人しく

 

荒い部分が見えない主人公は、

 

どの様にして

 

組織をまとめていくのかなど、

 

 

主人公である近藤静也の

 

カタギ人生と

 

ヤクザ人生の

 

奮闘が描かれています。

 

 

 

 

おもしろい!名シーンや名言

 

 

 

「静かなるドン」では、

 

様々な名シーンや名言があります。

 

 

ここでは、名シーンや名言を紹介します。

 

 

 

<名シーン>(最終回)

 

 

秋野と静也の絆

 

 

秋野と静也の関係ですが、

 

ブチ切れた静也が色々と

 

やらかしたことがきっかけで、

 

2人はそれぞれの道を歩みます。

 

 

2人は、長い付き合いで

 

別れてしまいますが、

 

 

最後に名前で呼び合う

 

シーンは感動です。

 

 

 

 

馬場花子写真展に秋野と静也の写真

 

 

色々な写真がある中、

 

元副社長が見ていたのは

 

「秋野と静也が穏やかな笑顔で下着について談笑している写真」

 

です。

 

 

キャラの濃かった静也と致富から始まって

 

最終的に

 

下着会社の社長まで

 

上り詰めた秋野がいないって

 

寂しく感じます。

 

 

 

 

静也と猪首の最後のシーン

 

 

秋野や鳴戸など周りにいた

 

穏やかな人達が、

 

みんないなくなってしまいました。

 

 

静也が長年描いたゴールが

 

現実になりつつある状況で

 

終わりを迎え寂しく感じます。

 

 

下着デザイナーの仕事が好きで、

 

何としてもしがみつきたかったはずの

 

仕事を捨てないといけないのは

 

見ていてつらかった。

 

なぎの護符を大事に、

 

自分の目指した道を歩んでいくのは

 

見ていて感動した。

 

 

 

 

 

<名言>

 

 

名言と言われるものは3つあります。

 

 

「人は過去を忘れて幸福になることもある!

 

 

「上に立つ者の器量で下の者はどうにでも変わるのさ」

 

 

「暴力の抑止力はより強力な暴力。悲しいかな国家間でもそれで平和が保たれています」

 

 

 

 

名作、静かなるドンを見た人の感想

 

 

 

「静かなるドン」は、

 

面白いと評判ですが、

 

感想は個人差があります。

 

 

ここでは、アニメやドラマなどの

 

感想を紹介します。

 

 

 

 

1.アニメ

 

 

・個性豊かなキャラクターと

 

コテコテのラブストーリーが面白い。

 

 

 

・シリアスとギャグが上手くかみ合っ

 

何度も読み返すほど面白い作品。

 

 

 

・主人公の近藤静也は、昼間はしがない平社員。

 

しかし夜などは

 

関東最大の広域暴力団の総長という

 

2つの顔がある。

 

同じ会社の美人デザイナーの

 

秋野明美に惚れており、

 

裏の顔のこともあり

 

告白までは至らないという

 

もどかしさも面白い。

 

 

 

 

 

2.ドラマ

 

 

・ヤクザを題材にしているドラマだが、

 

所々コメディ要素があるので

 

家族で安心して見れる。

 

 

 

 

・ヤクザというより

 

ヒーローものとして

 

見ることが出来る。

 

またBGMも効果的で

 

感情移入してしまう。

 

 

 

・「俺を怒らせて、生きて帰った奴はいねえ」

 

という決めセリフが最高。

 

 

 

 

 

3.映画

・原作にハマッて映画を拝見。実写にすると、やむを得ないチープ感がありながらも、

構成がまとまっており、すんなりと楽しめて見れる作品です。

・色々酷くて笑った。面白いシーンは「鳴戸と猪首が笑いながら敵を倒すシーン」です。BGMも最高!

・原作を見ずに映画を拝見。設定や内容は気に入ったが、漫画のノリをのまま映画にした感じ。

軽く見れるわりに設定が面白いのが良いと思う。

映画やドラマの動画をネットなどで見ることが出来ます。一度見てみて下さいね。

 

 

静かなるドンの面白い巻は

 

 

ヤクザ漫画の名作「静かなるドン」ですが、

 

ドラマや映画は聞いたことあるけど

 

見たことがないという方もいると思います。

 

 

アニメではどの巻が面白い巻なのでしょうか。

 

 

 

 

①26

 

 

非常に緻密に計算された

 

「計算されてない展開」

 

に感銘と感動。

 

最後には

 

恐怖の策士が

 

再び昼間の静也に

 

罠を仕掛けようと!?

 

さらに深く

 

「静かなるドン」

 

の世界にハマっていくこと間違いなしです。

 

 

 

 

②44

 

 

「秋野が自分の正体を知っている」ことに

 

静也が気づいたりしますが、

 

それ以上に

 

「初めて静かなるドンが積極的に動くんだ」

 

 

という前巻の

 

意味深なセリフの

 

本当の意味や目的が

 

龍馬との対峙で

 

明らかになっていく

 

展開に圧倒されます。

 

 

この間を読んで

 

近藤静也が好きにならない人はいないでしょう。

 

 

 

 

③108巻(最終回)

 

 

108巻の最終回では、

 

波乱の運命と純愛の行方が描かれています。

 

鳴戸に龍宝、生倉と肘方、

 

川西や馬場花子まで、

 

おなじみの面々が勢ぞろいします。

 

そして感動のフィナーレが訪れます。

 

 

「静かなるドン」のアニメは、

 

携帯アプリのなどで

 

無料で読み放題があります。

 

 

主人公の近藤静也の強さを

 

堪能してみて下さい。

 

 

 

 

静かなるドンは面白い!

 

 

 

「静かなるドン」を読み終えた方の中での

 

「なんJ」のスレを紹介します。

 

 

108巻もあるのにイライラせずに読めた。

 

 

・割と最後まで面白い。ギャグも。

 

 

・あのギャグセンスは現代でも十分通用すると思う。

 

ただの極道漫画と思ったら、

 

読んでみるとかなり面白い。

 

 

 

20巻ぐらいは夢中に読め、

 

60巻くらいまでは面白く読める。

 

100巻くらいまではまあまあ読めて、

 

108巻までは何とか読める。

 

だんだんつまらなくなるが、

 

キャラの魅力で最後まで読める。

 

 

 

 

・ナンバーワンの漫画と思う。

 

テーマが愛で一貫している

 

などのスレがありました。

 

 

面白い漫画ですが、

 

感じ方には個人差があるようです。

 

参考程度にしておいて下さい。

 

 

 

静かなるドンは名作

 

 

 

今回は「静かなるドン」について紹介しました。

 

アニメ「静かなるドン」は面白いと評判で、

 

見たことない人でも見始めるとハマるほどおもしろいです。

 

「静かなるドン」の名場面や

 

名シーンは先程紹介しました。

 

 

名言については、

 

「上に立つ者の器量で下の者はどうにでも変わるのさ」

 

 

が読者に響いている様です。

 

 

「静かなるドン」を見たことない方は、

 

 

今回の記事を見て是非一度読んでみて下さい。

 

 

きっとハマるはずですよ。

 

映画やドラマも見てみて下さいね。

 

 

コメント

  1. はやと より:

    静かなるドンは好きです

テキストのコピーはできません。