シンガポールの観光、予算やモデルコースは?服装の注意や時期、マップ(観光名所の地図)やビザ、子連れのプランを紹介

スポンサードリンク


 

シンガポールには様々な観光スポットが存在するが、

意外とまとまった情報が少ない。

 

そこで今回は、シンガポールのおすすめ観光スポットを紹介。

子連れや格安プランのツアーなど、魅力あふれる情報をお届けする。

 

 

スポンサードリンク

シンガポールを観光!子連れのツアーなどプラン、おすすめの時期やホテル、服装の注意など。予算は?

 

シンガポールは一年中暖かい陽気のイメージがあるが、

実は季節や場所によって気温が大きく異なってくる。

 

シンガポールの観光では、服装は基本的に

半袖短パンのメンズスタイルでもOK。

 

女性の場合も、日本の夏と同じスタイルで大丈夫。

男女どちらも必ず上着を用意しておくようにしよう。

 

 

シンガポールの観光やツアーでおすすめの時期は、

雨が少ない2月後半から10月

 

11月から2月上旬は雨季に入り、気温も低くなるので

薄着では寒いので要注意。

 

 

シンガポールの観光を子連れで楽しみたい人は一度ブログをみてみよう

おすすめのホテルやプラン、予算などが詳しく書いてあるので役立つ。

 

セントーサ島にあるハードロックホテルでは、

さくさくのバタートーストが楽しめる。

 

シンガポールを観光、滞在の日数は?ビザの期間の延長の申請はどうやって?中国人の場合は?

 

シンガポールは観光ビザを申請していなくても、入国及び再入国が可能。

空路での入国に限り、30日以内の滞在日数が与えられる。

 

シンガポールに30日以上滞在する場合は、

e-XTENDオンラインサービスから延長申請を行う。

 

2019年1月28日より、中国人の場合でもシンガポールに到着後96時間以内に

第三国に向かう場合、トランジットビザなしでの入国が認められるようになった。

 

 

シンガポールの観光地でおすすめのスポット(観光スポット)やルート(モデルコース)は?観光のマップ(地図)をPDFで。観光名所のランキングも紹介!

 

シンガポールの観光地で涼しい場所といえばガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

マリーナベイサンズに隣接したドーム型の植物園。

 

シンガポールの観光地で有名な場所がマーライオン公園

マーライオン公園から眺めるシンガポールの街並みは綺麗で素敵。

 

シンガポールの観光地の概略は地図やPDF、ブログなどを参考にしよう。

シンガポールの観光の地図はネットからPDFでダウンロードできるのでおすすめ。

シンガポールの観光の地図は日本語対応しているのでご安心を。

 

 

シンガポールの観光で人気のモデルコース(子連れ)をいくつか紹介する。

 

シンガポール動物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、

 

アートサイエンス・ミュージアム、アドベンチャーコーブウォーターパーク、

ナイトサファリなど。

 

 

シンガポールの観光プランで特におすすめしたいのがナイトサファリ

子供から大人までが楽しめる世界初、夜間のみ営業の動物園。

火を使った豪華なショーも開催されてすごく人気がある。

 

 

シンガポールの旅行でおすすめの観光プランについてだが、

3泊4日の宿泊プランがおすすめ。

 

シンガポールに到着したら

マーライオン公園とマリーナベイサンズで記念撮影

 

夜はゴンドラに乗って夜景が楽しめる

シンガポール・フライヤーを訪れよう。

 

 

シンガポールの名所ランキングを紹介する。

 

1位はマリーナベイサンズ。シンガポールの目玉といえる観光地。

色々なお店やレストラン、カジノや映画館まで飽きずに楽しめる。

 

2位はガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。無料で入場できるのがうれしい。

どこに行こうか迷ったときは是非訪れてみてほしい。

 

3位はマーライオン公園。シンガポールを象徴する大きなライオン。

夜は比較的人が少ないので、混雑した昼間よりも写真が上手に撮れるはず。

 

観光マップのPDFを紹介。

https://www.google.co.jp/maps/@1.3555173,103.8170083,12.25z

(Googleマップ)

 

 

シンガポールの観光局、日本だと東京や大阪?資料請求やマーライオン、観光する客数の推移など

 

シンガポールの観光局の日本支局が東京にある。

以前まで大阪にもオフィスがあったが閉鎖された。

 

シンガポールの観光局による公式ガイドブックは無料で手に入る。

日本支局のホームページから資料請求してみよう。

 

シンガポール観光局のガイドブックは旅行者のニーズをよく考えており、

全てのページがオールカラーで持ち運びしやすい作りになっている。

 

 

シンガポール観光局のガイドブックにも出ている政府公認のマーライオン。

マーライオンはシンガポール島内の4か所に合計7頭存在する。

 

シンガポール観光局によると、2018年の外国人観光客の推移は

前年比で6.2%増加して、1,850万人と発表した。

 

 

まとめ

 

シンガポールには様々な観光スポットがあるのが魅力。

一年を通して過ごしやすい気候なのもうれしい。

 

30日以内の滞在ならビザなしで入国できるのも大きなポイント。

あなたも気軽にシンガポールを訪れてみてはいかがだろう。

 

コメント