佐川急便 荷物のサイズ制限って?ラージサイズとは?サイズの上限や料金表を確認!

スポンサードリンク
 




 

 

佐川急便の荷物のサイズ制限はどれくらいなのか?

 

サイズの上限や料金表について詳細を知りたいといった方に、

こちらでは佐川急便の荷物のサイズ制限に関することを

ご紹介していこう。

 

ぜひ参考にしていただきたい。

 

 

スポンサードリンク

佐川急便のサイズ制限とは?ラージサイズの220、260だと送料はいくらかかる?サイズの測り方や上限

 

まず、佐川急便の荷物のサイズ制限についてだが、

飛脚宅配便の荷物のサイズ制限が60~160まで、

佐川急便の飛脚ラージサイズが170~260までとなっている。

 

佐川急便のラージサイズの重量制限については

220サイズであろうと260サイズであろうと、

一律で50kgまでである。

 

佐川急便のサイズ上限は飛脚宅配便で

160サイズ重量30kgまで、飛脚ラージサイズの宅配便の上限は

260サイズ重量50kg。

 

ただし物によっては、3辺計が160cmを超える場合においても

160サイズを適用されるものがある。

 

詳しくは料金表の下に記載されている

注意書きを参考にしていただきたい。

https://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/faretable-4.html#ft01

 

 

気になる佐川急便のサイズごとの料金について、

一部の地域を挙げてご紹介していく。

 

<関東→各地域への佐川急便サイズごとの料金(最小・最大のみ)>

宅配便の種類 サイズ 関西 北東北 北九州
飛脚宅配便 60 880 880 1,210
160 2,178 2,178 2,508
飛脚ラージサイズ宅配便 170 3,135 3,410 3,630
260 7,865 8,800 9,680

 

佐川急便のサイズの測り方については、

メジャーなどで縦・横・高さを測った合計となる。

 

縦・横・高さの合計が160cm以下で30kg以下のものを

飛脚宅配便として取り扱い、個数が2個以上および

荷物1個の重量が30kgを超える、

 

縦・横・高さの合計が160cmを超える時に

飛脚ラージサイズ宅配便の料金が適用される。

 

それぞれにおいて上限があるため注意して梱包いただきたい。

 

 

佐川急便 60サイズ、170サイズの送料は?サイズの最大は?地域別の料金表でチェック!

 

佐川急便のサイズ料金について160サイズの場合、

たとえば関東→南九州に送る場合は2,508円となる。

 

佐川急便のサイズ料金表160サイズの中で一番高いのは

2,508円で南九州・北海道がそれに該当する。

 

また、関東→各地域の場合における佐川急便の

60サイズの送料については、

一番安い場所で770円・高い場所で1,210円だ。

 

佐川急便で170サイズからは飛脚ラージサイズ宅配便の

料金となるため、飛脚宅配便を利用したい場合には注意しよう。

 

 

「他の地域に送りたいため

佐川急便のサイズ料金表が見たい」といった場合は、

料金表が記載されている下記サイトを参考にしていただきたい。

 

https://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/faretable-4.html#ft01

 

飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便の

サイズと料金が記載されている。

 

 

佐川急便で飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便における

佐川急便のサイズ最大の数値は、

 

飛脚宅配便で160サイズ、飛脚ラージサイズ宅配便で

260サイズとなっている。

 

 

まとめ

 

荷物を送る地域の遠さによって違ってくる送料。

 

さらに、宅配便においてはサイズ・重量が

変わってくると当然だが料金も変わってくる。

 

自分は恥ずかしながら、社会人になり

自分が荷物を取り扱うことが多くなるまでの間、

宅配便にはサイズ上限や重量制限があることを知らなかった。

 

学生時代でひとり暮らしの際、自分の親が仕送りとして

荷物を送ってくることがよくあったのではないかと思う。

自分もそういった経験がある。

 

 

社会人になって、その荷物の送料が思った以上に

かかっていることを知った時、親が自分を思う気持ちを

 

再認識し自分を生かしてくれるための

援助をするというありがたい気持ちを知った。

 

 

多くの荷物を取り扱う会社などにとっては

一料金に過ぎないが、こうして知らぬ間に人と人との

 

繋がりを知った時に感慨深く思うのが

宅配便の素敵なところではないかと自分は思う。

 

 

これから宅配便を多く利用する機会もあることだろう。

 

個人間のやり取りの場合、ぜひ届ける人の表情を

思いながら送ることを心がけることで

 

自分では気づくことができなかった

大切なことに気づくことができるかもしれない。

 

コメント