シンガポールの免税店で安いのは?免税範囲やブランド、空港の免税手続きなど…シャネルなど化粧品、入国で免税される範囲はいくらから?

スポンサードリンク


 

シンガポール・チャンギ国際空港の免税店では

どのようなものが売られているのか、いまいち情報が薄い。

 

そこで、この記事で

免税店で取り扱われる商品、ブランドのラインアップを紹介する。

 

また持ち込みの際に気を付けたい、

免税範囲や持ち込み禁止品などにも言及する。

 

 

スポンサードリンク

シンガポールの空港の免税店…シャネルなどの化粧品(コスメ)やブランド(フルラ、エルメス、プラダ)で安いセールも空港で?営業の時間も紹介

 

免税店では日本未発売のものや希少価値の高い商品があり、

免税店の化粧品もおすすめでシンガポールの場合でも同様だ。

 

 

シンガポールの免税店の中でコスメを

多く取りそろえているのは新羅免税店だ。

 

シャネルやディオールを筆頭に多数のブランドの商品、

新作商品が準備されており、規模、量、質の

どれをとっても世界最大級の免税店である。

 

免税店入り口の天井近くに「THE SHILLA duty free」という

看板があるのでわかりやすいだろう。

 

 

シンガポールの免税店は空港の営業時間が24時間であることから

同じく24時間開いているところもあるが、

多くは午前6時に開店し、午前1時には閉店する。

 

先に紹介した新羅免税店も午前6時から午前1時の営業だ。

 

 

シンガポールはタバコの持ち込みについて免税店で購入したものを

シンガポール国内に持ち込んでも税金がかかる。

 

 

なお、現地で購入した方が安くなるかもしれないが、

販売している店が少ないので探すことになるかもしれない。

 

逆に、シンガポールのタバコを免税店でお土産として買う場合、

1カートン3,000円弱、つまり1箱300円弱で購入できる。

 

 

各種ブランドを取りそろえる免税についても言及しておく。

 

シンガポール空港の免税店には、エルメスはあるがシャネルは無い

上記で紹介したシャネルはコスメだけで、ブティックではない。

 

 

ブランドショップの中でもよく検索されるのは、

フルラ、エルメス、プラダと3つのブランドである。

 

また、セールによる割引もあるので、お得に購入ができる。

 

 

シンガポールに入国…免税の範囲(免税範囲)は?手続き(免税手続き)はどうすればいい?

 

次は、シンガポールに入国する

シンガポールの免税範囲でタバコの場合は1本から税金がかかり、

免税を受けることは全くできない

 

なお、1箱からではないところに注意したい。

 

 

また、シンガポールの免税範囲としてお酒を持ち込む際は、

お酒全体で一括りにされるわけではなく、

スピリッツ、ワイン、ビールという3カテゴリーに分けられる。

 

アルコールの免税範囲には5パターンがあり、

1つ目は、スピリッツ1リットル以内、ワイン1リットル以内、

2つ目は、スピリッツ1リットル以内、ビール1リットル以内、

3つ目は、ワイン1リットル以内、ビール1リットル以内である。

 

 

4つ目は、ワイン2リットル以内、

5つ目は、ビール2リットル以内である。

 

少々複雑なので持ち込み前に確認しておいた方が良いだろう。

 

 

シンガポールへの持ち込み品の免税範囲については、

高い罰則金が課せられる可能性もあるので正確に把握したい。

 

シンガポールで香水の免税範囲は気にする必要がないが、

日本に持ち帰る際には、2オンスまでが免税され、

それ以上の持ち帰りには税金がかかる。

 

 

シンガポールの免税範囲として酒について言及したが、

シンガポールの免税についていくらから課税されるかも

気になるところだろう。

 

上記の免税範囲を超えた分に関しては、

以下1リットルあたりの酒別税額にアルコール度数をかけたものになる。

 

ビールの場合は76シンガポールドル、ワイン、日本酒、ウイスキー、

ブランデーの場合は88シンガポールドルの料金となる。

 

例えば、15%のワインを3リットル持ち込むなら、

2リットルが免税で、残り1リットルが課税されるため、

13.2シンガポールドルとなる。

 

 

シンガポールの免税でいくらまで適用されるかを

調べることはあるが、そもそも持ち込めないものも多く

それらも合わせて把握しておく必要がある。

 

麻薬や武器や偽ブランド品のような

誤って持ち込む可能性が低い物以外では、

ガム、紙タバコ以外のタバコ、グラビア写真などが考えられる。

 

 

特にグラビア写真について、シンガポールと日本では、

肌の露出に対する考え方が大きく違うため要注意である。

 

 

また、医薬品に関しても規制される薬品があり、

普段服用している薬が規制対象の可能性があるため、

事前に確認し、必要があれば事前申請をしなければならない。

 

 

免税手続きはシンガポール・チャンギ空港の

キオスク端末、または税関検査カウンターにて行う。

 

キオスク端末は無人での手続き用機械。

 

 

まとめ

 

シンガポールの免税店は、世界でも屈指の品揃えとなっており、

見て回るだけでもとんでもない時間がかかるほどだ。

 

有名ブランドの日本未発売商品なども売られており、

セールが行われていることもあるので、

希少価値の高いものを安く手に入れることができる。

 

 

また、シンガポールへの持ち込みの際には、

持ち込み禁止品に気をつけよう。

 

タバコは持ち込めるが1本あたりから税金がかかる

 

 

酒類は免税制度があるので、

ぜひ本記事で紹介した内容を参考にしてもらいたい。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント