佐川急便の持ち戻りにクレーム…返送料金は?持ち戻りとは?不在連絡票なしの意味、返送用伝票は?

スポンサードリンク
 




 

 

佐川急便は届けられない荷物の持ち帰りをしているのだが、

佐川急便の持ち戻りにクレーム…

 

返送料金は?持ち戻りとは?

とか、不在連絡票なしの意味

返送用伝票は?

 

と疑問が多数なので、調べた。

 

佐川急便の持ち戻りとは?不在連絡票なしでクレームもの…持ち戻りの意味って?返送された場合…

 

佐川急便の持ち戻りとは、言葉の通り

ドライバーが荷物を届けられなかったとき、

荷物を持ち帰ることだ。

 

このとき、ドライバーは担当された荷物を営業所に届ける

 

 

佐川急便持ち戻り不在連絡票なし

のときがあると意見がある。

 

基本的に荷物を届けたときに

不在連絡票を入れないこと無い

 

それなのに、不在連絡票が無い理由はなぜか。

 

 

佐川急便持ち戻り配送していない場合だが、

持ち戻りになっているときは、

配送会社側に問題が起きている

 

例えば、届け先を見つけられないとか、

時間が足りなくて届けられなかったときだ。

 

 

佐川急便の持ち戻りの意味だが、

基本的には届けられたらいいのだが、

届けられないときに、持ち帰りで荷物を持っているのは大変だろう。

 

そのため、届けられない荷物は、

荷物の届け先に近い営業所に保管されている。

 

 

佐川急便で返送された場合を想定すると、

再配達を頼まず連絡がとれない状態で、

佐川の営業所で保管期間が過ぎると、

送り主に返送の手続きがされる

 

基本的には、届け主から

再配達の連絡をすることが考えられるが、

再配達連絡をせずに放置して連絡がとれない状態だと

営業所から返送される

 

佐川急便の持ち戻りで返送用伝票はある?着払いの場合は送料や手数料はどうなる?返送依頼の仕方も

 

佐川急便では、返送用伝票がついてない。

 

そのため、返送したいときは

送り状を別途用意する必要がある

 

このとき、送り主に費用がかかる

 

 

佐川急便のルールで保管期間が過ぎた荷物は

送り主に返送されるが、

佐川急便の返送料別途かかる

 

このとき、佐川急便の返送は

着払い送り主が負担する

 

 

この佐川急便の返送による手数料は、

送る人が負担する仕組みなので、

届けられない事態が避けられないとき、

往復する形で料金が発生し、

負担は大きい。

 

届け先と連絡してトラブルは避けたいところ。

 

 

佐川急便の返送依頼だが、

基本的に送り主が別途で送り状を用意するが、

そのとき、返送手続きをするのだが、

送り状を書くときは荷物を送る側と内容は変わらない

 

ただ、送るときに費用を受ける側を決めていないと、

着払いか、元払いか判断しにくいときがある。

 

後々で、トラブルにならないように着払いのときは、

届け先に事前連絡は必須だ。

 

受け取られないときまた送り主が往復便の形で

費用が膨れてしまう可能性がある。

 

 

まとめ

 

今回は、佐川急便の返送について多くを調べてきたが、

荷物を送るときに余計なリスクを回避したいとき、

また、余計な面倒を避けるときは、

荷物の着払いは避けたいと考えられる。

 

 

着払いでトラブルが起きたとき、

佐川に連絡して着払いから元払いに変更できればいいが

出来ない可能性もあるからだ。

 

このとき、事前に連絡出来ていて了承出来ていたらいいのだが、

口約束では、基本的に裏切られそうである。

 

 

競合会社とのトラブルや、下請け会社など、

トラブルで弱いのは基本的に規模の低い方だ。

 

労働組合などもあるが、何かとドロドロした世界では、

トラブルは無い方が楽だろう。

 

 

今回は、荷物を受け取るか、受け取らないか

で終了する問題かもしれないが、

より大きな問題のときは、より大きな犠牲というか

費用というか、いい加減では済まないときがある。

 

 

とにかく今回、佐川急便で

返送用伝票が付いていないことについても、

触れたが、返送用に工夫された送り状なんかあると

便利だと考える。

コメント