瀬戸内海のワタリガニがおすすめ!地味とは言わせない!

スポンサードリンク
 





瀬戸内海周辺でカニと言えばワタリガニ。

 

ガザミという愛称で親しまれ、

 

日本各地で採れますがやはり

 

瀬戸内海のものが好まれるようです。

 

漁獲量のナンバーワンは岡山県。

 

昔からお祭りの際にも欠かすことの出来ない食材でした。

 

カニと聞くと、一般的には毛ガニや

 

松葉ガニなどのいわゆる値段の高いカニが思い浮かべられ、

 

 

ワタリガニは陰に隠れがちかもしれません。

 

 

ですがこのワタリガニの魅力は殻の中に

 

たっぷりと詰まった濃厚なカニ味噌や、

 

繊細な食感の身。

 

 

通の間では松葉ガニよりも美味しいという意見もあるそうです。

 

だんだんワタリガニに興味が湧いてきませんか?

 

今回は古来より瀬戸内海の人々に

 

親しまれてきたワタリガニについて

 

たっぷりとお伝えしたいと思います!

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





ワタリガニは雄と雌で味わい方と旬が違う

 

 

 

まずはワタリガニの美味しい時期についてご紹介します。

 

 

カニの旬といえば冬・・・・・・、

 

というイメージが強いと思いますが、

 

 

ワタリガニの場合は雄なら7月から10月にかけて。

 

 

雌なら12月から6月の頭までだそうです。

 

 

雌雄で旬が違うのは意外ですね!というのも、

 

 

雄は夏に身に旨みと甘みが凝縮され、

 

 

雌は冬に内子がまったりとした味わいになり美味しくなるのです。

Advertisements

 

 

Advertisements

ただし、たくさん採れるのは夏。

 

 

 

冬場はワタリガニは海の深い場所に潜ってしまうので、

 

採るのが大変なんだそう。

 

ワタリガニを採る際は、

 

専用の網を使うなどしてたくさん採れることもありますが、

 

基本的には少量ずつしか採れないようです。

 

 

そのため、生きているものや大きなサイズのものは

 

地元瀬戸内海でも高値で取引されます。

 

 

しかし昔から瀬戸内海近郊で親しまれていただけあって、

 

 

やはり毛ガニや松葉ガニなどと比べると

 

比較的安価に入手することができます。

 

次はワタリガニの入手方法や価格についてご紹介します。

 

 

 

 

 

ワタリガニを入手するなら直販がいい?通販がいい?釣り?

 

 

 

一番手軽にワタリガニを入手できるのは、

 

 

やはり通販ではないでしょうか?

 

価格にはバラつきがあり、産地や採れた時期、

 

雌雄によっても違いますが、

 

 

おおよそ1杯2000~5000円ほどのケースが多いようです。

 

 

もう少し安く買いたいという方は訳あり品なども

 

選択肢に入りますね。

 

 

購入の際は、可能であればぜひ生きた状態で

 

発送してくれるものを選んでみましょう。

 

より採れたてのものが欲しい時や、

 

 

お店の方に話を聞きながら購入したいという時は、

 

 

瀬戸内海付近のワタリガニを直売している店舗に行ってみましょう。

 

 

新鮮な鮮魚と共に大きな売り場に並べられているカニを見たら、

 

 

購買意欲が俄然高まってしまいます。

 

 

通販に比べ一匹単位でも販売していますし、

 

 

お値段がリーズナブルになるのも

 

直売所の利点と言えます。

 

 

産地ならではの活気に溢れた空気の中でカニを選んでいると、

 

 

美味しさも増すような気がしてくるから不思議ですね。

 

 

さらには自分で海まで出向いて釣りをして

 

手に入れる方もいるようです!

 

 

防波堤からでも釣ることができますが、

 

 

小さいサイズのものはリリースするようにしましょう。

 

 

瀬戸内海の漁師の方々は資源保護のために、

 

 

玉子を持った個体は採らない、

 

漁の解禁日を決めるなどしているそうです。

 

 

 

 

高い満足度!ワタリガニのおすすめの食べ方は?

 

 

さて、無事にワタリガニを入手できたら

 

新鮮なうちに焼いたり茹でて食べてみましょう!

 

 

そのままカニスプーンに取って召し上がるのはもちろん、

 

 

和洋中どのような料理法でいただいても美味しいですよ。

 

 

濃厚な旨みが出るので単体で汁物ができますし、

 

 

今流行りのケジャンも作れます!

 

レシピを検索してみると、

 

パスタも人気のようです。

 

鍋の主役にしても大変華やかでいいですね!

 

 

ワタリガニは甲羅の細かいところまでしっかりと

 

身が詰まっており、

 

その味わい深さは通に好まれています。

 

 

Advertisements

他のカニと違って活発に泳ぎ回るワタリガニは、

 

身が締まっていてプリプリと滑らかな食感が特徴です。

 

いわゆる高級カニと比べても遜色はありません。

 

殻も薄くて剥きやすいので、

 

カニをお腹一杯食べたい!という方は、

 

 

ぜひワタリガニを召し上がってみてはいかがでしょうか?

 

 

コメント

  1. てう より:

    瀬戸内海へ移住が目標!いまはネットビジネスをしております!いずれは移住します!

テキストのコピーはできません。