生理こないで1週間以上。40代は?ストレスに腹痛・頭痛・陰性。妊娠以外では?病院は?

スポンサードリンク






若い女性にとって、生理が1週間以上遅れていると

 

心配になってくるかと思います。

 

 

子供が欲しい奥さんだったら、

 

嬉しい期待になるかもしれませんが、

 

妊娠を望んでいない女性だと

 

深刻な問題になって来ます。

 

 

ましてや中学生や高校生だと、

 

 

尚更かもしれません。

 

ひょっとして妊娠したのではないか、

 

 

一体どうしたらいい?

 

と少しパニックになるかもしれません。

 

ネットの知恵袋でも、

 

中学生や高校生から

 

 

1週間以上、

 

生理こないです、

 

 

という相談が多く見られます。

 

でも生理が1週間以上来ないというのは、

 

 

妊娠以外の原因ももちろん考えられます。

 

40代以上の女性なら

 

 

そういう心配も出て来るかもしれません。

 

 

年代によって女性と生理の問題は色々です。

 

 

 

 

スポンサードリンク






妊娠したかと思ったら、まず妊娠検査薬で確認

 

 

 

生理が毎月決まった周期で来る人なら、

 

1週間以上生理がこないというのは、

 

妊娠している可能性が大きいと言えます。

 

 

 

 

また生理の周期があまり安定していない人だったら、

 

 

自分の体調に変化がないかも

 

考えてみましょう。

 

 

 

 

例えば

 

胃がむかむかする、

 

トイレが近くなる、

 

熱っぽい、

 

おりものが多くなる、

 

体がだるい

 

等です。

 

 

 

 

ですが妊娠したという

 

症状がない、

 

症状なしの場合もあるので

 

判断は難しいこともあります。

 

 

 

ですが、妊娠したかも?

 

妊娠してない?

 

と思ったら、

 

 

 

妊娠検査薬で

 

確認した方がいいでしょう。

 

 

 

いきなり産婦人科へ行って検査するより、

 

まずは検査薬で確認した方が

 

気持ちも楽ですよね。

 

 

 

妊娠検査薬は薬局で購入出来ます。

 

 

検査薬の殆どがスティック状になっていて、

 

そこへ尿を付けることで

 

 

判定出来ますが、

 

 

デジタル表示になっていたり、

 

 

色が変わる事で判定するものもあります。

 

 

 

 

いずれにしても

 

 

陰性であれば、

 

妊娠していないということになります。

 

 

 

ですが陰性と出たとしても、

 

その後1ヶ月以上生理が来なかったら、

 

 

病院へ行って

 

 

診てもらった方がよいでしょう。

 

 

 

 

妊娠を望まない人が飲む、アフターピルってどのようなもの?

 

 

 

ネットの知恵袋で高校生等が

 

初めて服用したのですがと、

 

度々相談している、

 

アフターピル。

 

アフターピルというのは、

 

緊急避妊薬のことです。

 

 

 

 

 

日本では医療機関のみで処方しており、

 

金額も安くはないです。

 

大体8000円から30000円もします。

 

 

 

 

 

ですがネットで

 

安いアフターピルが売られている場合は、

 

偽物が多いようですので、

 

 

安いからと言って

 

飛びつかない方が賢明です。

 

 

 

 

この薬は、

 

性交後120時間以内に1錠を服用する事で、

 

 

その後5日間程避妊効果が続きます。

 

 

 

ただし体重が75キロ以上もある人には、

 

効果が半減することもあるようです。

 

 

 

 

アフターピルには副作用があり、

 

不正出血、

 

生理の乱れ、

 

吐き気、

 

頭痛、

 

悪心、

 

だるさ、

 

腹痛等が

 

出る場合があります。

 

 

 

 

不妊治療や妊娠中の流産防止のための、デュファストンってどのような薬?

 

 

 

 

逆に、妊娠を望んでいる女性が処方される事が多いのが、

 

「デュファストン」という薬です。

 

 

 

デュファストンは

 

合成黄体ホルモン剤で、

 

主成分は「ジドロゲステロン」です。

 

この「ジドロゲステロン」が

 

女性の体内の黄体ホルモンの働きを

 

補ってくれるのです。

 

 

 

 

デュファストンを服用することにより、

 

生理不順、

 

無月経、

 

子宮内膜症等

 

が改善されて、

 

 

妊娠しやすい体になります。

 

 

 

 

またデュファストンを服用すると、

 

受精卵が着床しやすい

 

子宮内膜になるので、

 

服用しながら

 

 

妊娠を待つことが出来ます。

 

 

 

 

さらに受精卵が着床した後も、

 

妊娠を維持する作用があるので、

 

切迫流産等を防ぐ作用もあるのです。

 

胎児への影響もないということなので、

 

安心して飲むことが出来る

 

薬と言えましょう。

 

 

 

 

生理が1週間こない、妊娠以外で考えられる原因は?

 

 

 

 

◎閉経・・

 

年齢と共に卵巣機能が低下して、

 

閉経になります。

 

 

 

40代に入ると、

 

卵巣から分泌される女性ホルモンが減り始め、

 

平均で50歳くらいで

 

閉経すると言われています。

 

ですが中には

 

40代半ばで

 

閉経する人もいます。

 

 

 

 

生理が不順になり、

 

ずーっと来なかったり、

 

かと思えば1ヶ月に

 

何回も来るという風に

 

なることもあります。t

 

 

そんな状態の後、

 

閉経になります。

 

 

 

 

 

◎甲状腺の病気・・

 

バセドウ病や橋本病等の甲状腺の病気によっても、

 

生理が来なくなったりします。

 

 

 

20歳から40歳くらいまでの

 

女性に多い病気です。

 

 

 

不妊や流産の原因にもなりますが、

 

症状としては体温が高くなり、

 

脈が速くなったり、

 

情緒不安定になる、

 

ということもあります。

 

 

 

 

 

◎ストレス・・

 

かなりなストレスを経験すると、

 

女性ホルモンが乱れて

 

生理が止まることがあります。

 

 

栄養を十分に摂ることや、

 

質の良い睡眠を摂ることが

 

大切になります。

 

 

 

 

 

 

◎過激なダイエット・・

 

ダイエットをしていて、

 

かなりな栄養不足になると

 

生理が来なくなることがあります。

 

 

体の中に栄養が入ってこないと、

 

体は栄養を、

 

まずは一番大切な

 

脳や他の臓器へ回します。

 

 

 

卵巣への栄養が後回しになるのです。

 

過激なダイエットをずっと続けていると、

 

仕舞には卵子の発育が

 

止まったりするようになり、

 

生理が来なくなります。

 

 

 

 

◎過激なスポーツ・・

 

 

国際大会のような

 

本格的なスポーツ大会を

 

目指しているような女性が、

 

無月経になりやすいと言われています。

 

激しい練習をしているのにも関わらず、

 

体重を増やさないために食事制限もします。

 

 

 

そのため過激なダイエットと同じで、

 

栄養が不足し

 

女性ホルモンの分泌も低下します。

 

 

 

そのため無月経になってしまうのです。