職場コミュニケーションの論文!コミュニケーション不足と職場の対策、必要性や問題(苦手な場合)、向上や活性化など

スポンサードリンク




 

職場のコミュニケーションを論文で読んでも、

よく分からないことが多い。

 

論文が読みやすいはずはないのだが(笑)。

 

 

職場のコミュニケーションを劇的に向上させたいなら、

この本は外せない。

 

↓↓↓職場に活かすベストコミュニケーション

 

 

どの論文や本よりも分かりやすく、

具体的な方法が紹介されている。

 

この知識を得ることで

仕事の人間関係に困ることはなくなるだろう。

 

 

職場でのコミュニケーションが上手だと、人生が数倍楽しくなる」

という言葉に、とても納得がいく。

 

なぜなら、多くの日本人にとって

仕事が人生でかなりの時間を占める以上、

職場での人間関係が楽しいと当然、人生自体が面白くなるからだ。

 

 

スポンサードリンク

職場コミュニケーションの論文!重要性と課題を教えてくれるアンケートの項目とアンケート例(アンケートサンプルやアンケート事例)。本で分かる改善の事例は?

 

職場のコミュニケーション不足による課題が論文として近年多く出されている。

コミュニケーションの重要性は非常に高いが、

実際のところ、うまくいっていないのが現状である。

 

職場のコミュニケーションに関するアンケート項目で、

一番多くあげられているのが、「部門・事業所間」。

 

物理的に離れていることから、

対面でのコミュニケーション機会が限られていることが

理由としてあげれられる。

 

また、部門内では「部長と部下」の間に距離があるとの結果が出ており、

上司との距離を感じている社員が多い。

 

改善の事例として、以下の3つが挙げられる。

1つ目は、ヤフー株式会社が行なっている『1on1ミーティング』。

上司と部下が30分程度で行う面談。

 

また、直属の上長以外の他部署の部長や役員の方との面談を

実施している企業もある。

 

そうすることで、

課題となっている上司と部下との距離を縮めることが出来るようになる。

 

 

2つ目は、ザ・リッツ・カールトン東京や

東京ディズニーリゾートで実施されている、『サンクスメッセージ』。

 

仲間のすばらしい行為を称え合う制度だ。

従業員同士で称賛し、社員が一丸となって、

同じ目的に向かうことを目標としている。

 

 

3つ目は、『社内イベント』。

夏のBBQ大会や、飲みニケーション、チャンバラ大会や、

社内運動会、社内婚活パーティーなど様々なものがある。

 

普段なかなか話すきっかけがない部門・事業所間の交流を図ることが出来る。

これで、一番の「部門・事業所間」のコミュニケーション不足を

解消することが出来るのだ。

 

 

職場のコミュニケーションに関する本は数多く出ており、

『職場のストレスが消えるコミュニケーションの教科書

―上司のための「みる・きく・はなす」技術』が中でもオススメ。

 

 

職場のコミュニケーションを活性化する方法はゲームや標語?面倒な問題はコミュニケーション不足から…職場でできる対策はゲームを用いた研修…職場コミュニケーション促進ツール

 

職場のコミュニケーション改善方法として

まずはお互いの心の距離を縮めること。

互いに話をすることで、職場のコミュニケーション改善をするメリットは3つある。

 

・相手の得意不得意がわかっていることで、

どの仕事をどの人に振るのがよいのかなどわかっていれば、

仕事を円滑に進めることが出来る。

 

なぜ入社したかという話をすることで、会社への愛着がわき、

同じ目標に向かって仕事が出来る。

 

・コミュニケーションをとり、信頼関係が築けていることで、

チーム一丸となり生産性をあげることができる。

 

 

だがしかし、コミュニケーションが面倒という人も中にはおり、

職場でのコミュニケーション不足が問題になっているのが事実。

話すこと以外での、コミュニケーション改善方法もある。

 

それは、社内でゲームをすること。

ゲームを通じてのコミュニケーション方法は、社内研修で行われている。

 

数人がグループになってゲームをすることで、

そのグループ内で話すことが出来

更にその中で相手の興味や得意分野を見出すことが出来るのだ。

 

 

職場でコミュニケーションが不足、原因は上司?苦手ならコミュニケーション能力やコミュニケーション障害の改善と向上を。pdfでも見れる?職場コミュニケーションゲームで簡単なのは

 

職場のコミュニケーション改善において必要なのは、

上司や仲間とのいい雰囲気と、信頼関係

それがうまくいっているだけで、仕事を円滑に進めることが出来る。

 

では、どのようにしたらいい人間関係が築けるのか。

職場のコミュニケーション改善策として、

実際に様々なものがあり、多くの企業が実施している。

 

また、コミュニケーション不足の原因として、

上司が苦手であるということがある。

 

その場合、上司も部下に気を使わなければいけないのもあるが、

部下から上司への歩み寄りが必要になってくる。

 

 

コミュニケーションが苦手という人に、

上司へ無駄にゴマを擦れというわけではないが、

上司に気に入ってもらうことが出来れば、昇格の可能性も高まる。

 

さらに、上司とのコミュニケーションがうまくとれていることで、

仕事をスムーズに進めることが出来るようになるのは事実である。

 

 

まとめ…職場の環境の改善やコミュニケーションの促進、コミュニケーション改善のメリット(雰囲気や信頼関係)、コミュニケーション不測の問題への改善策をサイトで掘り下げよう

 

日本人が生きていくうえで、大半の時間を過ごしている仕事の時間

その仕事の中で、今問題になっているのがコミュニケーション不足

 

コミュニケーション不足の原因は、対話の無さから生じているものがほとんどで、

それを解決するには、単純に上司と部下の面談の時間を取ること。

それだけで、職場のぎすぎすとした雰囲気は改善されていく。

 

さらに職場の雰囲気が良くなることで、仕事をスムーズに、

円滑に、進めていくことが可能になる。

 

 

実際に、楽天株式会社では、

コミュニケーションをよくとれている部門が

一番生産性をあげているという事例がある。

 

自身のコミュニケーション能力をあげることも大切ではあるが、

社内にコミュニケーションをとる場面がなければ、

実際に活用することが出来ない。

 

会社側が、いかに社内のコミュニケーション不足に気づき、

コミュニケーションの場を設けるかが、

これから会社を成長させる重要なポイントになってくる。

 

 

PS.

職場のコミュニケーションに悩んでいるなら、

冒頭で紹介したこの本を。

 

人生で最も長い仕事の時間を

快適に過ごせるようになる

 

↓↓↓職場に活かすベストコミュニケーション

コメント

  1. RAMPAGE より:

    コミュニケーションってつくづく難しいと思います。
    一方だけがコミュニケーションを取ろうとがんばってもダメなんですよね。
    お互いが歩み寄らないとうまくいきません。

  2. きよ より:

    確かに職場環境は退職の1番の理由とも聞きます。
    コミュニケーションが取れる職場だと、人も働きやすくなりますよね。

  3. さなえ より:

    職場でのコミュニケーションというか、周りの人間に恵まれるとよい仕事人生を送れそうです。
    社内イベントで仲良くなることもあるけど、逆効果の人もいるので難しいです。

  4. もよこ より:

    直属の上司以外の部長などとの「1on1ミーティング」はおもしろそう。
    直属じゃない方がコミュニケーションがとりやすく、距離も縮まりやすいでしょうね。
    その結果、直属の上司との距離も縮まるような気がします。
    試してみたいなぁ。

  5. えねいぶる より:

    職場でのコミュニケーション、難しいですね。
    色々な人がいますから。上下関係もあるし。
    仕事でうつになる人は、仕事の内容が原因なだけでなく
    人間関係が理由のことも多いですからね。
    ゴードン・メソッド読んでみます。