寂しいと聞く心理!寂しい?と聞く男性の心理とは?名言や「寂しい時は抱きしめて」…寂しい時はどうする?過ごし方や行く場所(男)

スポンサードリンク




 

恋人に「寂しい?」と聞いた経験は

誰でも1度はあるのではないだろうか。

 

 

学生ならテスト期間中や受験、

社会人なら遠距離恋愛や

仕事が忙しくてなど。

 

会えない状況が続くと

ありがちなシチュエーションだ。

 

 

「寂しい」と聞かれるのは

男性が多いのではないだろうか。

 

では、男性が寂しいと聞く心理は、

と思ったことはないだろうか。

 

 

ただ単に恋人の気持ちを

確かめたいだけなのだろうか。

 

もちろん

その気持ちもあるだろう。

 

しかし男性の心には

他の思いも含んでいるのでは

ないかと感じる。

 

 

では恋人でない男性が

聞いてきた場合は、どういう意図で

聞いてきているのだろうか。

 

 

そこで今回は

男性が「寂しい?」と聞くときの裏に

何を思っているのかを考えまとめてみる。

 

 

スポンサードリンク

寂しいか聞いてくる…男性心理を掘り下げると?

 

寂しいか聞いてくる男性は

何を思って聞いているのだろう。

 

相手との関係性やシチュエーションで、

「寂しい」という言葉1つにも

大きな違いが現れる。

 

 

では恋人の場合はどうだろう。

 

たとえば会えない日が続き、

男性が「寂しい?」と

彼女に聞いた場合。

 

それは相手を心配しての言葉や、

相手の気持ちが自分から離れていないか

確認しているようにも聞こえる。

 

 

しかし実はもう一つ、

隠された男性の気持ちに

気づかなくてはいけない。

 

それは男性自身が

寂しさを感じているという事だ。

 

相手を思いやって

聞いているというのは建前。

 

実は自分が寂しいという気持ちが

本音ということもあるのだ。

 

 

だが男はプライドが邪魔をして、

口に出して「会えなくて寂しい」

なんて言えない。

 

カッコ悪い姿を見せることは

許せないので、カッコつけて

「寂しい?」と聞いてしまう。

 

それが男性の心理なのだ。

 

 

では相手との関係が

友人だった場合はどうだろうか。

 

「寂しい?」と聞くことで

彼氏がいるのか探っていると取れる。

 

男性が「今寂しいんだよ」と言えば

自分に彼女はいないんだという

アピールにも感じ取れる。

 

 

どちらにしろ、

好意を持っているという

表れではないだろうか。

 

 

恋人関係でなく友人関係での

「寂しい」というキーワードは、

取りようによっては男性の下心が感じられる。

 

男性は使い方を

気を付けた方が良いだろう。

 

 

寂しい時はどうする?行く場所は?

 

さて男性は

寂しい時どうするのか。

 

 

恋人がいる場合。

 

寂しいと思った男性が行うことは、

彼女をデートに誘い

スキンシップをはかる事であろう。

 

彼女を抱きしめたり、

抱きしめてもらうことで、

寂しさを紛らわすことができるとか。

 

 

恋人がいない男性が

寂しい時に行く場所は

孤独を感じにくいところだろう。

 

例えば大人数で遊園地なんて

ワイワイ楽しい時間は

寂しさを感じさせない。

 

寂しいと感じているこの時を

楽しい記憶に

書き換えているのかもしれない。

 

 

またその反対で、

ひたすら仕事に励む方法を取ると

寂しさを感じないという人もいる。

 

確かに仕事に集中している間は、

ほかの事を考えるスペースは

頭の中にないだろう。

 

 

体を動かしたり、

逆に寂しい気持ちを誰かに

話すという人もいるようだ。

 

 

まとめ

 

寂しいというキーワードは

男性からの心理的アピールといえる。

 

「寂しい?」という質問には

自分の気持ちや相手への確認や気遣い。

 

相手との距離感を

掴もうとする質問としても使われる。

 

 

日本語は一つの言葉で

様々な意味を持つと言われているが、

建前と本音で違う意味を持つから面白い。

 

 

また女性は気持ちを確かめるのに、

一つの言葉に様々な意味を含めるという。

 

今回の言葉の使い方をみると、

男性も変わらないと

思うのではないだろうか。

 

むしろ男性の方が、

自分が寂しく感じている

という本音を隠そうすることもある。

 

女性以上に、

プライドというものが

大きく関わってくることもあるだろう。

 

女性は難しいと言われるが、

男性も同様に難しい生き物ということだ。

 

コメント