留学(半年)の荷物(持ち物)は?アメリカ(ニューヨーク)の大学に留学、半年も可能?韓国やマルタ、フィリピン(セブ島)など留学(半年)するならおすすめの国や費用の平均は…カナダやオーストラリア、ニュージーランドやイギリス、アイルランドやフィジー、中国なら?意味ない?半年だと一年よりも英語力はアップしない?高校生や大学生、大学院や服、履歴書の書き方やビザ、その後の就職、TOEICにおすすめの学校について紹介

スポンサードリンク






 

留学を半年と聞くと、短いのか十分なのか判断に迷うところ。

 

ただ、半年の留学は、費用や日本での社会生活のことを踏まえて考えた場合

学生や社会人には最適といえる。

 

実際、半年の留学は意外と重宝されている

この記事で紹介しよう。

 

 

アメリカ(ニューヨークの大学など)、マルタ、フィジー、アイルランド、中国、韓国、フィリピン(セブ島)・・・留学(半年)の費用!アメリカに半年もの荷物…持ち物はどうする?オーストラリアやカナダなら?

スポンサードリンク

 

各国における留学(半年)の費用の平均は200万円以上

それぞれの国で留学費用は異なるので、

いくつかの国を例に取り上げて紹介する。

 

留学(半年)の費用が140万円~250万円と高額なアイルランド

滞在する場所や形式にもよるが、どちらにしても費用が多くかかる。

 

英語圏で留学(半年)するなら費用が安いカナダがおすすめ。

フィリピンも留学費用が安くて有名だが、最近は人気のせいで

値上がりしてきている。

 

留学(半年)の費用が160万円~200万円程度かかるオーストラリア

こちらも滞在する都市によって費用が上下する。

 

シドニーなどの都市部では費用が多くかかる一方、ケアンズや

ゴールドコーストなどでは費用が少なくて済む。

 

 

留学(半年)の費用が190万円程度アメリカでは、時期や場所、

学校などの条件によってピンからキリまで。

も絡んでくるといえる。

 

留学(半年)の費用が190万円~360万円程度と上限が高いのがイギリス

留学で何を学ぶのかで費用が変わってくるのがおもしろい。

 

留学(半年)の費用が150万円~240万円程度かかるニュージーランド

場所にもよるが、現地での生活費は日本と同じくらい。

 

 

中国に留学(半年)する時に必要な荷物や持ち物を紹介する。

 

まず、入学通知書やパスポート、飛行機チケット、健康診断書、海外保険

などといった書類関係の持ち物。

 

これら書類に関する持ち物は必須なので忘れないように。

クレジットカードや現金なども忘れずに。

 

 

次に、日用雑貨品や薬類、インスタントの飲み物など。

日用雑貨類は現地でも日本と同じものが買えるが、値段が結構高い

マスクは街中を歩くときに必須とも言えるので、持っていくべきだ。

 

中国の大学などでは、ウォーターサーバーが設置されていることが多いので、

インスタントのコーヒーや紅茶などを魔法瓶に入れて飲むことができる

 

必須ではないが、一眼レフカメラを持って行くのをおすすめする。

半年の貴重な留学で、様々な景色をカメラに収めてほしい。

 

 

イギリスに留学する場合、変換プラグなどの持ち物は半年云々に限らず

必ず持って行くこと。

 

中国の場合は形状が日本と同じなので、コンセントの変換プラグは必要ない

 

 

カナダに留学(半年)する場合、観光ビザの取得のみでも大丈夫。

カナダでは観光ビザで半年の滞在が可能となっているからだ。

また入国だけに限らず、各種学校に通うことも可能となっている。

 

 

フィジーの留学の魅力は何といっても費用の安さ。

半年の留学で70万円~100万円程度とお手頃。

特徴は、長期に渡って滞在するほど費用が割安になること。

 

韓国もフィジーと同じで、留学費用が格安。

半年の留学費用は70万円~135万円程度

両者共に、欧米に比べると留学費用が3分の1程度で済む。

 

 

人気のフィリピンだけど、留学は半年だけ・・・英語力アップの効果は?一年いないと意味ないの?

 

留学先として人気のあるフィリピンだが、

半年の留学でも英語力アップの効果は期待できるのだろうか?

スポンサードリンク

 

結論から言うと、半年の留学でも十分な効果が期待できる

一年との違いは、短期間でみっちりと英語学習が学べること。

 

コツとしては、ただ長い間ダラダラ勉強するよりも、

短期間に集中して脳に負担をかけるほうが効果的。

 

また半年という期間は、同じ環境で勉強をするためのモチベーション

保つのに丁度よい期間だからだ。

新鮮味がなくなってしまうと、勉強をするのが段々としんどくなってくる。

 

そして何より大切なのは、その後のメンテナンスだ。

具体的には、半年留学から帰国した後にオンライン英会話

スクールで、毎日最低30分程度は英会話の機会を確保すること。

 

初心者がいきなりオンライン英会話に取り掛かると

なかなか効果が上がらないケースがあるが、

 

数ヶ月留学を経験した人がそのままオンライン英会話に移ると、

メンテナンス効果はもちろん、そこからの語学力の伸びを体感できる。

 

 

留学を半年にするなら。TOEICに強いおすすめの学校は?その後の就職ってできる?

 

留学(半年)をする場合、海外転出届を近くの役所に出しておくと、

国民健康保険や年金、住民税の支払いが免除となる。

 

海外転出届を出すことで、

留学している間は住民票が抜かれた状態となるからだ。

 

渡航の2週間前から申請することが可能なので、

忘れずに手続きを済ませよう。

 

留学を半年する場合におすすめの大学は、アメリカのクォーター制の大学

アメリカの大学は、セメスター制(2学期制)とクォーター制(4学期制)

システムから成り立っている。

 

半年という留学期間から考えた場合、2学期(22週間)の間学習できるので、

よりしっかりとした英語学習が可能となる。

 

 

アメリカでクォーター制の大学を探すとなると、

ワシントン州やオレゴン州などの西海岸の地域に多い。

 

 

フィリピンの語学学校では、TOEIC対策コースを設けているところが多い。

留学費用も安くて済むので、おすすめと言える。

 

留学を仕事に活かしたいなら、渡航前に必ず「留学で何を学ぶのか」という

しっかりとした目標を持つことが大事。

 

留学で得た英語力を就職で活かしたいなら、

英語を必要とする企業を選ぶこと。

 

いくら自分の英語力を企業にアピールしても、

その企業が英語を必要としなければ

全く意味がなくなってしまうからだ。

 

 

TOEICに強い留学学校を国別に紹介する。

フィリピンの語学学校一覧

 

・Cebu International Academy(CIA)

・CDU ESL Center

・IDEA CEBU

 

アメリカの語学学校一覧

 

・FLSシトラスカレッジ

・メンター・ランゲージ・スクール

・セントジャイルズ

 

 

イギリスの語学学校一覧

 

・ユーロセンターブライトン

・LSIロンドンハムステッド校

・グラスゴースクールオブイングリッシュ

 

 

まとめ

 

あなたは、留学を半年してみようと

本気で考えたことはあるだろうか?

 

 

留学は短期間でみっちりと語学学習をするのがおすすめ。

ダラダラと長くやるよりもずっと効果的

 

留学が終わったら、学習したことを活かすことも忘れずに。

毎日最低でも30分は英会話とふれあうようにしよう。

 

スポンサードリンク

語学
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)