フィリピンへの送金にはどんな規制があるの?その注意点とは?

スポンサードリンク






 

フィリピン人が日本に出稼ぎに来て、祖国の家族に送金する

というのは、よく耳にする話。だが、国外にお金を送ることには

いろいろ規制があることは、意外と知られていない。

 

あなたにフィリピン人のパートナーがいれば、

その場面になって面食らうことだろう。

 

 

そこで今回は、フィリピンを中心に

国際送金の規制やお得な情報を共有していく。

 

 

フィリピンへの送金で知っておきたい事。規制があるけど大丈夫?

 

 

スポンサードリンク

 

まず、送金の種類を紹介しておくことにする。

国際送金でよく使われるのが「SBIレミット」と言われるものである。

「SBIレミット」は、マネーグラム社のネットワークを利用して

現金受け取りサービスを展開しているのである。

 

現地での受取通貨は、「ペソ(PHP)」と「ドル(USD)」である。

 

こちらは、受取人が銀行口座を持っていなくても、

取扱店で現金を受け取ることが可能である。

 

そして、利用する方法が、

いくつかのパターンが用意されているのである。

(便利な送金方法はこちらである)

 

A、インターネット送金

準備金口座に入金し、送金先や送金額を

サイト上で操作し送金していくシステムである。

 

Bフリコミ送金

受取人が、一人ひとり口座を作り、登録し

振り込みされた金額を全額送金するシステムである。

 

C店頭送金

SBIレミット送金サービス取り扱い代理店にて、

口座本人の名義のキャッシュカードを使用して、送金するシステムである。

 

Dコンビニ送金

平日に時間が取れない、または銀行口座を持っていない方に

お勧めの送金サービスである。

 

そして、送金不可国があること、

制限対象国があることを知っておくべきである。

送金が出来ない国は、「北朝鮮」と「イラン」である。

 

また、制限対象国は、

「ロシア、モルドバ、ラトビア、ウクライナ、ガーナ、

ウズベキスタン、トルコ、ナイジェリア、

 

カザフスタン、ポーランド、ギリシャ,

ジョージア、タジキスタン」である。

 

 

列挙した国々への送金は、既に送金先の登録をしていても、

送金目的などは、改めて確認をするということである。

 

これは、気づかないまま犯罪に

巻き込まれることを防ぐために確認をしているのである。

 

よって、手続きには時間がかかることを見込んで

送金手続きをしなければならないのである。

 

 

フィリピンへの送金は郵便局でも使えるの?手数料などはどうなるの?

 

送金するために、日本で身近な存在の郵便局が使えると、

とても便利である。

 

それは、レミットカード送金である。

日本全国にある、ゆうちょATMから送金する方法である。

 

レミットカードの申し込み

会員登録時に、送金先を

「レミットカードを利用する」を選択するのである。

スポンサードリンク

 

すると後日、登録住所にレミットカードが郵送されてくるのである。

1~2週間ほどの時間がかかるのである。

 

送金先のレミットカードと現金を持参して

利用ガイドに従って、入金をするのである。

 

レミットカードの裏面にも、

利用ガイドが記載されているのである。

 

※ここでの注意点

ATM(現金自動預け払い機)での入金限度額が、

1度に100万円までである。

 

入金金額は千円単位でのみ、可能である。

硬貨の取り扱いはないのである。

 

入金後、早くて約15分

Reference Number(リファレンスナンバー)が発行され、

送金完了となるのである。

 

送金の手続き後、メール受信

 

送金する時に、入金額から入金手数料、

送金手数料を差し引かれ、

指定の通貨で送金になるのである。

 

手続き終了後、メールにて手数料、換算レート、

現地での受取金額、Reference Number(リファレンスナンバー)

を知らせてくれるのである。

 

現金受け取りの場合は送金完了後、

直ちにReference Number(レファレンスナンバー)が発行され、

その時点で受取可能となるのである。

 

口座宛て送金の時は、1~3日営業日内での着金となるのである。

 

 

そして、気になるのが手数料である。

これは送金額に対して手数料がいくらと決まっているのである。

 

SBIレミットを使用して、フィリピンへの送金額が、

 

1円~10000円  480円
10001円~20000円  720円
20001円~30000円  800円
30001円~50000円  1000円

 

送金する国によって、手数料が異なるので、

個々での確認をお願いしたいのである。

 

 

フィリピンへ送金する時はメトロバンクがお勧め!着金までの時間は?

 

これまで、主にSBIレミット銀行の

フィリピンへの海外送金を書いてきたが、

その他の銀行で、「メトロバンク」銀行がある。

 

メトロポリタン銀行 東京支店では、

送金先がメトロバンクであれば、

当日着金できるのである。

 

ただし、手数料が1件あたり、2000円かかるのである。

 

 

確かに、着金までの使用時間は、

短いと思うが、俺はこの手数料が

とても高額に思うのである。

 

振込金額に応じて、

使用する銀行を考えていくのも良いと思うのである。

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか?

 

フィリピン人には、家族への送金を

日本での生活のモチベーションにしている人もいる。

 

 

海外送金は、とてもたくさんの銀行が取り扱っているため、

手段が多種多様。

 

自分自身が、使いやすく、

また受取人が受け取りやすい環境を選ぶといい。

 

 

また、犯罪も年々増加傾向にあり、自分は全く関与していない

にも関わらず、勝手に加担させられてしまうケースもある。

 

細心の注意を払わないといけないのである。

 

スポンサードリンク

フィリピン
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)