フィリピンの嫁探しをブログで紹介!嫁(妻)と遺族の年金のトラブルについて…嫁さがしはスラムでも可能?

スポンサードリンク


 

フィリピン人が嫁の日本人は、国際結婚した人の中では

少なくない・・・何しろ中国人の次に多い結婚相手なので。

 

 

フィリピンから若くて可愛い嫁をもらった

本国にはそのフィリピン人の嫁の子供がいる。

 

その子を養子縁組するには、

また、日本に招聘するにはどんな手続きが必要なのだろう?

自分が先に亡くなったら遺族年金はどうなる?

 

フィリピン人を妻にもらうと仕送りは当たり前?

 

 

これからフィリピン人の嫁をもらいたいと思っている人も、

既にもらった人も、より良い結婚生活のために是非読んで欲しい。

 

 

スポンサードリンク

フィリピン人の妻、遺族の年金はどうなる?

 

今現在もフィリピン人の嫁をもらう人の数は多い。

 

自分個人の意見を言わせて貰えば、国内にいる他のアジア人に比べて、

フィリピン人は若くて、可愛くて、性格がチャーミングな子が多いと思う。

 

感情の表現が素直でわかりやすいのだ。

 

 

複雑な日本人女性に振り回されてくたびれてしまった男たちには、

フィリピンの女の子は人懐っこくて

扱いやすくて可愛いと思えても不思議ではない。

 

 

日本で出会うフィリピン女性の多くは出稼ぎで来ている人だ。

 

実はシングルマザーで、子供を本国の親に預けているケースも珍しくない。

 

彼女たちもあわよくば日本人男性と結婚して、

経済的に安定した生活を送りたいと思っているため、

比較的、日本人男性とフィリピン女性のカップルは成立しやすい。

 

 

では、本国にその嫁の子供がいて、養子にしたいと思った場合は?

 

 

フィリピン妻の子供を養子にするやり方とそれに伴う必要基本書類

下記の通りだ。

 

1)未成年養子の場合、家庭裁判所に行って養子縁組の許可を得る

 

2)必要書類を用意する:

①家庭裁判所が出した養子縁組の許可証

パスポート

出生証明書

④養子の実父母の同意書

⑤養子本人の同意書(本人が10歳以上の場合)

⑥養親に10歳以上の子供がいる場合は、その子供の同意書

⑦養親となる人の同意書

⑧養親となる日本人の戸籍謄本

⑨フィリピンで発行された証明書類の日本語訳

 

 

では、そのフィリピン妻の子供を

日本に招聘したい場合はどうしたらいいのか。

 

 

養子縁組が済んでいる子供なら「日本人の配偶者等」という

在留資格で呼び寄せることができ、またそうでなければとりあえずは、

定住者ビザ」という資格で呼び寄せることができる。

 

しばらく日本に住んだ後で、ようやく「永住権」の申請ができる。

 

 

しかし、フィリピンから嫁を貰ってもすぐに離婚するケースも少なくない。

 

また離婚しなかったとしても、夫が先に亡くなった場合

夫側の遺族がフィリピン人の嫁と相続について揉めるという話もよく聞く。

 

 

しかし、どんなに夫側の遺族が気に入らなくても、

基本的には日本の法律にのっとって相続の手続きも

遺族年金も普通に支払われると思っておいた方が良い。

 

 

フィリピン人の妻、トラブルで多いのは仕送りの送金?

 

日本人男性とフィリピン人女性のカップルについては、

離婚の原因も、離婚後のトラブルも、お金に関することが多いのが現状だ。

 

フィリピンでは、家族間で、お金が「有る人」が「無い人」に

お金を与えることで生活していくのが当たり前のようなところがある。

 

だから、そんなフィリピンに比べてお金に余裕がある日本人は、

フィリピンにいる嫁の両親や子供たちに仕送りをするのが

ある意味普通になっている。

 

 

しかし、フィリピン人はお金の管理がうまくない

 

受け取ったお金を増やそうという努力をしたり、

それで知識や技術を身につけて仕送りがなくても

働いていけるようにと自分磨きの資金にしたりなどせず、

ただ使うだけ

 

むしろ、黙っていても送られて来るお金があることで、

余計グータラになってしまうケースも

 

 

日本で節約しながら、少しでも生活の足しになればとの善意から

仕送りしている方からしたら、全く面白くない

 

 

しかし、仕送りを止めた途端、たちまち生活が立ち行かなくなってしまい、

嫁が逆上

 

そういった金銭のトラブルが発端で

フィリピン人の妻を殺害した夫やまたその逆のケースのニュースなど、

昔はよくみかけたものだ。フィリピンの嫁の家族に仕送りをするときには、

金額をよく考えた方がよいだろう。

 

 

フィリピンの家族が住んでいる地域によっても違うだろうが、

月3〜4万もあれば老人二人が食べていけるところもある。

お互いのために、少なすぎず、決して多すぎない金額を見極めるのが大切だ。

 

 

また仕送りしている人は是非知っておくべきことがある。

 

自分が国内で住民税や所得税をきちんと納付していることが前提だが、

結婚後、例えばまだフィリピンに住んでいる妻に海外送金することで

 

扶養家族を援助していることを証明できれば

税金の控除が受けられるということだ。

 

 

知らずにもう5年も仕送りしていたという人も大丈夫。

5年前まで遡って還付金が受け取れるからだ。

 

 

フィリピン妻の家族への海外送金の還付金額は自分の年収や

フィリピンにいる家族の人数、

 

海外送金額によって変わってくるので簡単に幾らとは言えないが、

一度税理士などにちゃんと相談してみると良いだろう。

 

 

フィリピンにいる妻やその家族への海外送金による

控除に必要な書類があるので参考までに挙げておこう。

 

①フィリピンにいる扶養親族と納税者との関係を証明する「親族関係書類

②フィリピンに送金したことを証明する「送金関係書類

源泉徴収票

住民税課税証明書

 

 

フィリピン人が嫁(妻)の人のブログで日常をチェック

 

ところで、フィリピンから嫁をもらうのは良いが、

フィリピンとは一体どんな国か知っているだろうか。

 

 

ご存知の通り、フィリピンに進出している日本企業は多く

日本人駐在員の妻たちがブログで色々と現地の生活について発信している。

 

日本人の視点からみて驚いたことや、興味深いこと、

日本との習慣や文化の違いなどフィリピン駐在の妻たちのブログを読むと、

写真も豊富でその日常が簡単に垣間見える。

 

例えば(のんきマム・メモ)さんのブログhttps://nonki-mom.comを見ると、

マニラでの子育てに関する事柄を中心にマニラでの家探しから、

病院の受診方法、公共の乗り物の乗り方、食材についてのあれこれなど、

 

基本的な生活に関することから美味しいレストランの紹介まで、

これからフィリピンで子育てしなくてはならない人には貴重な情報が満載だ。

 

 

またフィリピン全般に関してより客観的に正確な情報が欲しいなら

なるほど!ザ・フィリピンhttp://www.naru-web.com/philippines/

色々と参考になるだろう。

 

 

ところで、フィリピンやフィリピン人、

フィリピン人の妻について検索していると、

それらの項目に対してネガティブな内容が多いと思うのは自分だけだろうか。

 

 

最後に、自分と同意見で、そういったフィリピンへの偏見を

払拭したいという思いから、ブログを始めたフィリピン人を

妻に持つピナ山太郎さんのブログhttps://pina.ltd を紹介するので

興味があったら見てみて欲しい。

 

フィリピン人妻の「ピナちゃん」とのやりとりが

ホノボノとさせられるブログだ。

 

これを読むとますますフィリピン人の嫁がほしくなるかもしれない。

 

 

フィリピン人の嫁探し…スラムは危険?リスクのない探し方

 

フィリピン人の嫁さがしについてはいくつか探し方がある。

 

 

一番可能性が高いのはフィリピンパブやスナックなどに行って

お目当の子をみつけ、交際をスタートさせる。

 

もしくは、フィリピン人がたくさん住んでいる街に出かける。

足立区には「リトルマニラ」と呼ばれるフィリピン人街がある。

例えばそういったとこに足繁く通い、根気よく出会いを探す

 

 

あるいは、フィリピン人女性ばかり紹介しているような、

結婚相手紹介サイトもある。

そういうところに登録して、紹介を受けるのも早いかもしれない。

 

 

ただし、フィリピン人を嫁にもらおうと思うなら、

予め覚悟しておかないといけない注意点がある。

一つは言語の問題だ。

 

自分が英語がペラペラ、もしくは相手が日本語ペラペラだったら問題ないが、

大抵そうではない。当然コミュニケーションの問題が生じる。

 

 

次に、多くのフィリピン女性がお金にルーズだ。

 

また、フィリピンにいる貧しい家族への仕送りの風習が有る。

お金の管理はしっかりしておかないと、ずるずると使われてしまい、

トラブルの元だ。

 

 

3つ目に、これは可愛いところでも有るが、感情の起伏が激しく、

人の目をはばからずスキンシップを好み、またヤキモチ焼きが多い。

 

日本人男性はシャイだが、

ここは頑張って愛情表現をしっかり現さないといけない。

 

 

最後に、いよいよ結婚する前に相手のある程度の

身上調査をすることを勧める。蓋を開けてみたら、

スラム街の出身で本国に祖父母、両親、兄弟、子供達がわんさかいて、

たんまり仕送りをさせられて離婚する人もいる。

 

もちろん、スラム街の出身だとみんながそうだというわけではない。

 

 

因みに、先ほど紹介した「ピナちゃん」もスラム街の出身のようだが、

全くそんな悪どい人ではないのはブログから伝わってくる。

 

ただ、念のために調べておいて

考えうるリスクは潰しおくことは悪いことではないだろう。

 

 

まとめ

 

この記事を読んで、少しでもフィリピン人女性の可愛い点、

欠点、またフィリピン人を妻にする際のリスクやよく有るトラブルなど、

なんとなくイメージして貰えただろうか。

 

特にこれからフィリピン人をにもらおうとしている人や、

結婚してこれから仕送りしようとしている人には

何かちょっとでも役に立つ情報が有ったなら幸いだ。

 

スポンサードリンク

フィリピン
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント