ポーランドに移住、50歳の仕事は?ビザの方法をブログで紹介!条件や投資のメリット・デメリット、生活費やポーランド移住税金…失敗したと後悔しないために

スポンサードリンク




 

ポーランドに移住したら、

食費が日本の半分になるのか。

 

他国にも行き放題になるのか。

 

ポーランド移住は思ったよりも

お金がかからないのか。

 

 

親日国家である国、ポーランドで

快適で楽しい生活を送るための

条件や必要費用を公開。

 

 

スポンサードリンク

ポーランドに移住する方法!ビザの条件は?

 

まずは、ポーランドに

移住する方法についてみていく。

 

 

ポーランドのビザは、大きく分けて

「留学ビザ」「就労ビザ」「ワーキングホリデービザ」

の3種類がある。

 

移住方法として最適なビザは、

就労ビザだと言える。

 

就労ビザには、A~Eのタイプがあり、

タイプAは一般、タイプBは役員やオーナー、

タイプCが駐在員といったように分かれている。

 

それぞれ申込方法が違うので注意が必要だ。

 

 

ただ、ポーランド移住税金等、

必要経費はそこまで高くない。

 

申請方法を見極め、

エージェントを利用して申請すれば

問題はないと感じる。

 

 

また、ポーランド移住において、

いくつか先行投資をすることをお勧めする。

 

そのうちの一つが、

移住前の現地での生活だ。

 

 

ポーランドと日本は、

シェンゲン協定という

二国間協定を結んでいる。

 

この協定で、

シェンゲン協定加盟国であれば

90日間ビザなしで滞在が可能だ。

 

 

つまり、まずはこの90日間で

ポーランドや協定加盟国を旅行して、

現地の下見をすることが簡単にできる。

 

 

この間に物件や仕事探しができる。

 

また、就労ビザの条件として

最短で3ヵ月の申請期間が必要なので、

時間の有効活用のためにも、ぜひおすすめしたい。

 

 

ポーランドのビザの特徴や申請方法をわかりやすく解説 | せかいじゅうライフ-海外移住をもっと身近に世界で暮らす情報メディア-
最近じわじわと知名度の上がってきたポーランド。 ポーランドの古都クラクフはヨーロッパ人気観光地投票で上位にランクあがる、一度は訪れてみたい都市です。 日本の旅券でポーランドに入国する場合、観光・商用等で90日以内の滞在であれば、ビザ(査証)は不要です。

 

 

ポーランド移住において、

協定加盟国に気軽に行けることは

大きなメリットだ。

 

いろんな国に行くことで、

さらに世界観が広がるに違いない。

 

 

ポーランドに移住して仕事できる?デメリットもブログで紹介

 

では、ポーランドに移住して

できる仕事の条件を公開。

 

 

ポーランドに移住した

日本人のブログを見ると、ポーランドは

日本より物価が安く、給料も低い。

 

日本円で時給330円ほどと、

日本では想像がつかない金額。

 

なので、本気で稼ぐのであれば、

フリーランスとして活躍するのが良いそうだ。

 

 

フリーランスとして働くとなると、

現地日本人のサポートをする仕事や、

インターネットでのライティング業務、日本語学校等がある。

 

ただこれに条件として、

長年の経験やスキルが必須。

 

日本であらかじめ学んでおくか、

現地で仕事をしながらスキルを磨いていくとよい。

 

 

フリーランス以外の仕事として、

ポーランドには、日系企業

や日本人が独立して開業した飲食店も多くある。

 

仕事を探す時間が十分に取れるのであれば、

ぜひ日本人がいる環境での

仕事も探してみるとよいだろう。

 

日本の会社を通して仕事をすれば、

月10万~16万円程度は稼げる。

 

副業としてもできる仕事が多いので、

上手な仕事の仕方を探すことが大切だ。

 

 

ポーランドへの移住の可能性について現地で考えてみた | 海外に移住して快適な居住環境を追求したら、世界を転々とすることになった
これから先、ポーランドへの移住があるかないか、他にもロングステイ等で一時的に暮らすことも視野に入れてひとまずクラクフに行...

 

仕事探し応援!ポーランドで働くコツと5つの方法
  たまに「ポーランドで日本人が働くのは難しいですか?(あ、ちなみに英語は話せます)」みたいな、超漠…

 

 

ポーランドに移住してかかる

生活費も簡単にまとめた。

 

 

何度も述べているが、

ポーランドはとにかく物価が安く、

食料品は日本の3分の1程度

 

食費は、すべて自炊だと2万円程度。

 

外食で酒ありの

豪華ディナーを食べたとしても

1回3千円程度で非常にリーズナブル。

 

 

家賃は、1物件当たり月平均6万円程度。

 

光熱費は月平均1200円程度だが、

冬は極寒なので、

暖房代が高くなることは覚えておこう。

 

 

インターネット料金は、

月平均2100円程度。

 

 

交通費は、

乗り放題のチケットで月3千円程度。

 

 

つまり、月平均

12万円程度で生活が可能だ。

 

 

収入と支出を見ると贅沢な暮らしができそうだが、

デメリットとし挙げておきたいのが、

ポーランドは車社会の国ということ。

 

車が無ければ非常に移動が大変なので、

国際免許の取得や、車購入費、維持費は

必要経費としてかかることを覚えておこう。

 

ポーランド生活には1ヶ月いくら必要?ポーランドの物価について
実はここポーランドの物価はヨーロッパなのに物によっては東南アジア並みに激安なんです!これから具体的な金額や目安になる費用など、ポーランドの首都ワルシャワとその近郊の物価について詳しくご紹介します。

 

 

まとめ

 

最後に、ポーランド移住のメリットとデメリットから

移住に失敗したと後悔しないために

準備しておきたいことを考えてみる。

 

 

ポーランドは、非常に物価が安い国。

 

 

入国が簡単にできても、

移住生活にひと手間加えないと

失敗してしまう危険性もある。

 

 

まずは、現地の情報収集を行い、

海外にいてもできる日本の仕事を

見つけたりすることが大切。

 

 

自分は、在宅ワークやイラストの仕事で、

好きなタイミングでお金を稼ぐことができていて、

非常に楽しい生活を送っている。

 

 

ポーランドの生活を充実させたものにするために、

仕事選びの選択肢も広げておきたいものだ。

 

コメント