ポーランドに留学して英語を学ぶ費用は?留学生におすすめのエージェントも

スポンサードリンク






 

東欧ポーランド・・・ここを短期留学先に選び

英語を学ぼうとする人が実は意外といるのだが、

理由はこの国が魅力的だから。

 

ワルシャワやクラクフを旅行で周った際に

その美しさや雰囲気に惹かれ、英語留学で

ここに戻る日本人が俺の周りに何人かいる。

 

 

しかし、ポーランド留学にもマイナス面がある。

メリットと共に語ってみよう。

 

 

ポーランドに留学して英語を学ぶなら知っておきたいデメリット。ビザは?費用はどれくらい?

 

スポンサードリンク

 

まずは、当然ながらポーランドの母国語はポーランド語。

ポーランド人講師の英語はネイティブではないということ。

 

 

現地の英会話学校で講師をしていたjoannaとは、

一時帰国してしばらく滞在した金町の民泊で

2週間一緒だったが・・・

 

彼女の英語の発音は、日本人でも

理解しやすいレベルだった。

 

逆に言うと、ネイティブ英語からは

かなりかけ離れる(笑)。現地では多くが

この英語レベルだと彼女が言う。

 

 

そして現地のポーランド語は、ラテン語と並び

習得するのが難しい言葉の一つ。

 

ポーランド留学後、いずれ現地で仕事をしたいと思っても

この難しいポーランド語ができない外国人は

安定した仕事を見つけるのが難しい。

 

ポーランドに長期滞在するのは

ビザの点でも煩雑なのだが。

 

 

ポーランドを周ってみて、思ったよりも

英語を話す人が多いことに気づいた。

 

ただビジネスとなると、観光地で

ちょっとした会話を交わすのとは別の話だ。

 

 

そもそもポーランドには日本との直行便がなく、

短期留学にも関わらず往復に時間がかかる。

 

 

またポーランド人は親日ではあるものの、考え方に

どこかネガティブな部分がある人が多いのが特徴。

 

現地人と合わない日本人も。

 

 

ちなみに気になる留学費用だが、

1ヶ月25万円、余裕を持って35万円ほど。

 

 

それでもポーランドに留学する社会人。留学生に魅力を語るエージェントに注意

 

英語の教育制度がしっかり整っているので、

当然日本人よりも英語は上手に話す。

 

何しろ日本人のスピーキング・リスニングの弱さは致命的。

その点、彼らは英語で話すことに慣れている。

 

このフィリピンへの留学もそうだが、

世界に3割しかいないネイティブの英語にこだわらなければ

ポーランド短期留学も十分選択肢の一つになる。

 

 

実際ポーランドには4年未満で卒業できる大学があるので、

正規留学をしようとする日本人も。

 

 

何をおいても、ポーランドはヨーロッパなのに

物価や人件費が安いこと。これは留学生にとってはありがたい。

 

例えばバスの運賃は乗車1回で130円ほど。このフィリピンで

トライシクル(サイドカー付きバイク)に乗る程度のお金だ(笑)。

 

そうなると、ポーランド留学の間の生活も

他のヨーロッパやアメリカといった国ほど厳しくない。

 

 

生活費とともに学費も安い。その割に教育レベルが

世界的に高い、というメリットがあるポーランドの学校。

 

 

ポーランドでの英語留学はまだまだ

日本人にはマイナー。日本人留学生が少ないことも

短期でバイリンガルを目指すあなたには朗報。

 

 

そして、ヨーロッパの国によっては

いまだにアジア人への偏見がある中で・・・

 

意外なことに、ポーランドと日本の過去の歴史から

ポーランド人達がとても親日である事実。

 

留学して現地滞在するなら、当然

日本人に好意的なほうがいい。

 

 

ただポーランドに限らず、様々な国に留学を斡旋する

悪徳エージェントは存在する。業者選びは慎重にしよう。

 

 

ポーランドに留学するなら実践したい英語マスター法

 

ポーランド短期留学のマイナス面と魅力を両方語ってみた。

スポンサードリンク

 

 

俺は留学ではないが、今いるこのフィリピンから

一時的にポーランドに移住してみたいと思ったことが。

 

それは、オンラインビジネスで仕事をしながら

世界のあちこちを旅する先輩の政木さんが

ポーランドを絶賛していたからだ。

 

ここは知る人ぞ知る留学候補地になりつつある。

俺がフィリピンのセブに移住してきて数年。
ここでは多くの韓国人や日本人を見かけるが、
彼らの多くは語学留学生だ。
語学留学といえば有名なのは、アメリカやイギリスは
もちろん、カナダやオーストラリア、ニュージーランド、
フィジー辺りは定番。
経済が伸びている東南アジアの中でも、
成長めまぐるしいフィリピン。
にも関わらず、すっかり物価と人件費の上がった
シンガポールや、すでにかなり上がりつつあるタイとは違い
いまだに低コストで語学留学できるのが人気の理由。
さらにフィリピーノの英語力の高さ、世界の美しい
人気ビーチリゾートでNo.1のエルニドとNo.2のボラカイ。
綺麗なビーチがあちこちにあることも、
フィリピンの語学留学の人気の高さを支えている。
マニラに行くたびに一緒にビリヤードをやったり、
サンミグライトを飲み比べする(笑)vannessa。
彼女にお勧めの英語学習法を聞いたので、
ポーランドへの英語留学を考えているあなたにもポイントを。
なぜ話したいのかを明確に
英語の勉強を続けていても、なかなか
フレーズや単語を覚えられないという声を聞く。
そんな人には「なぜ英語を話せるようになりたいの?」と
改めて聞いてみたい。
たまにしか行かない海外旅行で困らないように。
外人に話しかけられたときのために。
なんとなくかっこいいから。
・・・
その程度では必要性が低く、そんなときに
脳はパフォーマンスを発揮してくれない。
「英語を話せないと死んでしまう」
極端に言えばこんな状況なら、どれだけあっさり
脳が知識を吸収できるかイメージしやすいのでは?(笑)
洋楽を聴いて真似する
英語独特のリズム、そして強調された発音など
洋楽で楽しみながら学習してみる。
自分で発音ができる音は、聞いたときに瞬時に
理解できるようになるが、洋楽を聴いて真似ることで
発音が格段に向上し、リスニング力も上がる。
慣れたらカラオケで歌うと、さらに効果的。
俺もパンパンガで、40人のフィリピーノ達の前で
「tears in heaven」などを披露した(笑)。
音読を繰り返す
これはシャドーイングもそうだが、繰り返すことが大切。
そして英語脳の活性化と口の周りの
英語筋肉の強化のためにも、
息をたくさん吸って大きな声で
外人になりきって大げさなくらいの発音で
話すことを実践してほしい。
それ以外にもvannessaはアドバイスとして、
会話の間(ま)をつなぐ、いわゆる間投詞を
積極的に使ってみることを勧めてくれた。
you know,see,look,well,actually…
この手の間投詞はたくさんあり、言葉を思い出せない間を
上手にごまかしてくれると同時に(笑)、ネイティブっぽさ
まで演出してくれる便利なもの。
特に、日本人でこれを自然に使いこなしている人を
ほとんど見たことがない。
あなたの英会話を洗練させるためにも是非。

スポンサードリンク

語学
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)