基本情報!フィリピン人の人種とその構成は?多民族文化について。

 

フィリピンの人種構成を調べると

大多数を占めるマレー系、中国系、そして少数民族となっているが、

実際はもっと細かく分かれている非常に他民族の国なのだ。

 

7109の島から成るという地理的事情や

外国による統治などの歴史が深く関わっている。

 

 

住んでいる自分自身、意外な人種構成に驚いた。

 

一度は聞いたことのある有名な人種から、

マイナーな人種まで一挙に紹介していこう。

 

 

フィリピン人は多民族! 人種の種類と構成はどうなっている?

 

 

もともと、マレー系の人々が住んでいたが、

13世紀からスペインの統治が300年余り続き、

その後、アメリカの支配も受けた。

 

このため、マレー系でも

スペインやアメリカとの混血が非常に多い。

 

 

また、東南アジアの貿易港とも言われたフィリピンでは、

14世紀から商業や貿易、流通などの分野で

多くの華僑が活躍してきており、

 

現在も、中国にルーツを持ち

中国の習慣に基づき生活している人種が、100万人以上いる。

 

 

さらに、山岳地帯や南部に住む少数民族がいて、

他とは異なる独自の文化を持ち生活している。

 

 

これが、フィリピンの主な民族構成だが、

細かく民族を分けると、100~200と言われている。

 

 

そのうちの主な民族と構成は次のとおりである。

 

タガログ族・・・フィリピンで最も多い民族で、全人口の28.1%を占めている。

         母語のタガログ語が英語とともに、

         フィリピンの公用語になっている。

 

おもに、マニラ首都圏、ルソン島南部に居住しているが、

最近は移住も多く、他地域にも居住している。

 

 

セブアノ族・・・2番目に多く、人口の13.1%を占める。

セブ島や中部ビサヤ地方に居住している。母語はセブアノ語

 

 

・イロカノ族・・・ルソン島北西部の低地や沿岸部を中心に居住している。

人口の9%を占める。

ハワイに移住したフィリピン系ハワイアンも多い。

母語はイロカノ語

 

 

ビサヤ族・・・ビサヤ諸島、ボルネオ諸島などに居住し、

人口の7.6%を占める。

 

 

ヒリガイノン族・・・おもな居住地は、フィリピン中部、

パナイ島南部、ネグロス島西部などだ。

人口の7.5%を占める。母語はヒリガイノン語

 

 

ビコール族・・・ルソン島東南部のビコール半島に多く居住し、

人口の6%を占める。母語はビコール語

 

 

ワライ族・・・ビサヤ地方、レイテ島、サマール島に居住し、

人口の3.4%を占める。母語はワライ語

 

 

・その他‥25.3%

 

 

単一民族の日本人からすると、このように多くの民族が

一つの国の中で

同じ法律に基づいて生活していることに驚いてしまう。

 

 

フィリピン人の人種の違いには差別もあるのか?

 

これだけ多くの民族と言語があると、

違うことが当たり前と思い受け入れて

お互いを認め合えるはずだと思うが、そうではない。

 

フィリピン人の間でも人種差別があるのだ。

 

 

俺の友人はセブ島に住んでいるが、

その地域は、ビサヤ圏と言われ、

ビサヤ語を話す人が多く、

 

公用語のタガログ語は、理解はかなりできるのだが、

話すことが少し弱い。

 

友人はタガログ語が、まだあまりうまくなく、

フィリピン人との会話も

英語になってしまうらしいが、

 

そんな彼でも、ビサヤ人に

「タガログ語が、うまい」

と、言われるくらいだ。

 

 

それで、タガログ人は、

ビサヤ人は標準語が話せない田舎者だと

バカにすることがある。

 

 

一方、ビサヤ人は、標準語を話すくらいで、

見下してくるタガログ人が好きになれない人もいる。

 

また、少数民族への差別もある。

 

彼らは山岳地帯に住むネグリト、ボントック、イフガオなどという民族と

フィリピン南部に住むモロ族で、全人口の1%ほどだ。

 

自分たちの文化と土地を守りたい少数民族と、

土地を開発して利益を得たい企業とが対立し、

少数民族が差別を受ける。

 

 

また、少数民族の低身長、肌が黒褐色という

容姿も蔑視の理由になっている。

 

これらの少数民族からも国会議員や地方議員が出てはいるが、

少数民族の権利を政治に反映させるまでには至っていない。

 

 

まとめ

 

外国へ行かないと異文化が体験できない日本人からみると、

フィリピンは国内でも

常に、異文化に触れられる刺激的な国だと思う。

 

 

やはり、差別は存在するが、

子どものときから

他の人種を受け入れることを経験してきている。

 

人と違うことがよくないと考えがちな日本人だが、

違うことが、普通のことで違うことを

認め合うということをフィリピンから学べると思う。