フィリピーナの恋愛観って?フィリピーナとの恋愛に本気になるなら性格を知ろう

スポンサードリンク






 

フィリピーナと恋愛や結婚している日本人男性は

国内外問わず多いが、長続きせずうまくいかないケースが多い。

 

それはなぜなのか?

そう、彼女達の恋愛観や性格を正しく理解していないから。

 

 

この記事では、現地在住者がフィリピーナとの恋愛について語る。

 

 

フィリピーナとの恋愛。恋人になるには?

 

スポンサードリンク

 

フィリピーナは日本国内でも見かけることの多い外国人だが、

通りすがりや近所でただ見かけるのと仲良くなるのとでは、大きな差。

 

特に恋人候補にするなら、日本人同様

あなたの積極的な行動が求められる。

 

 

お金をかけない方法

 

フィリピーナは基本的にスマホなどのガジェットが好きだし、

それで自撮り写真を撮ってサイトにアップし、ライフスタイルを

シェアすることを日常的に行う。

 

無料で使えるWe chatやfacebookなどのSNSなら検索機能も

あり、国内にいるフィリピーナと比較的簡単に知り合うことが

でき、デートにこぎつければ恋人になれる可能性も高い。

 

実際俺も日本にいる間、何人ものフィリピーナとfacebookを

通じて友達になり、その数名とごはんを食べたり、高崎の

Chryssのように、恋人として付き合ったこともある。

 

 

ラッキーなことにフィリピーナが職場にいたら声を掛ける

のも一つだし、恋人を探していることをフィリピン人の友達に

アピールし、紹介してもらうこともよくあること。

 

 

お金をかける方法

 

フィリピーナとの出会いの場としては、昔から最も多いのが

フィリピンパブスナック

 

また数は多くないが、特に日本在住のフィリピン人向けに

フィリピン料理を提供するお店があり、そこにも

フィリピン人が足を運んでいる。

 

ただし当然、こうしたお店は水商売に慣れた人達が多いので、

純粋な恋愛相手になれるかどうかをしっかり見極めて

付き合う必要がある。

 

 

身近では実際に利用した人はいないが、フィリピーナに

特化した有料の出会い系サイトや紹介業者が最近は

いろいろ登場している。

 

そこで紹介された人が本当に真の恋人候補になるか

どうかは、体験がないため定かではないが(笑)。

 

 

外国人が主体のイベントやパーティに参加するのも一つ。

 

特に毎年、上野や代々木公園などで開催される

フィリピンフェスティバルは、一瞬ここが日本と忘れるほど

タガログ語の飛び交った異空間となる(笑)。

 

 

もちろん渡航をいとわないのであれば、フィリピンの

現地で友達になるのがいい。特に大都会を離れれば、

驚くほど純粋で綺麗なハートを持った女性がいる。

 

もし現地に出向くなら俺がお勧めしたいのは、流行りの

オンライン英会話で事前にコミュニケーションを重ね、

お互いの人となりを知った上で渡航し、実際に逢ってデートすること。

 

英会話の先生はそれなりに学歴のある人が多いので

ちゃんとしているし、基本的に彼女達は日本人男性に

好意的なので、恋人同士になるための敷居は高くない。

 

 

フィリピーナと恋愛するなら知っておきたい、恋愛観と性格。彼女らが本気になるのは?

 

フィリピーナの恋愛事情、恋愛における行動をしっかり学んでおこう。

 

 

フィリピーナの性格はやきもちやきが有名だが、それ以上に

彼女達について知っておきたいのは、あなたが一途に相手を

思い続ける限り、フィリピーナは決して裏切らないということ。

 

Chryssはフィリピン人が最もハートがあると語って自尊心を

高めていたが(笑)・・・

 

本当にフィリピーナと強い絆、素晴らしいパートナーシップを築けたら

心の中心にいつも温かいものを持ちながら、素敵な家庭を築いていける。

 

 

ただし当然、あなたが彼女を裏切るようなことがあれば、

愛情はその分、深い憎しみに変わる(笑)。中途半端に

付き合うならフィリピーナは選ばない方が無難だ。

 

 

彼女達が幼い子供と離れてまで海外で働かなければならない現実、

現地の根深い貧困事情・・・

 

まだまだ恵まれた日本との大きな差を知った上で

あなたがフィリピーナに深い理解を示すなら、彼女は

パートナーとしてのあなたを、とても大切にしてくれるはず。

 

 

ところで、あなたは海外に外国の仲間が欲しいだろうか?

それならやはりお勧めしたいのは、フィリピン人との恋愛だ(笑)。

スポンサードリンク

 

俺自身、フィリピン人との恋愛をきっかけに仲間が

海外にたくさんできて、世界観や価値観はもちろん

具体的に遊びに行く場所も大きく拡大した。

 

今では埼玉を離れ、このフィリピンに移住するまでに(笑)。

 

これからのグローバル化の波を味方にするためにも、

どんどん海外に友達をつくることをお勧めしたい。

 

 

フィリピーナとの恋愛をきっかけに仲間を拡げる最速の方法をブログで公開

 

では、どうやったら恋愛を楽しみ、海外に仲間を

バンバンつくっていけるのか?

 

ご近所の南国、フィリピンの人達に活躍してもらおう(笑)。

そう、恋愛対象をフィリピン人にすること。

 

 

俺がお勧めする根拠は以下の通り。

 

 

親日である

 

アニメやドラマ、ディズニーランドや綺麗な街への憧れ

などもあり、日本人と友達になりたいというフィリピン人が多く

恋愛対象や友達になりやすい。

 

 

出会いやすい

 

スマホなどのガジェットが好きなのもそうだが、facebook

などを利用しているネット人口が多く、SNSなどで容易に

出会うことができる。

 

またお店が好きな人は川口などの国内でも(笑)。

 

 

Skype英会話で話せる

 

マニラで遊んだmaryもそうだったが、日本のオンライン

英会話の講師は人件費の安さから、ほとんどがフィリピン人。

 

もちろん、アジアで最も綺麗な英語を話すことも理由。

恋愛を通して英語もマスターできる(笑)。

 

学校によっては禁止されているが、授業以外でも

プライベートでコミュニケーションがとれるし、俺も

何度も現地で会って一緒に遊びに行っている。

 

 

世界中にネットワークがある

 

外貨のかなりの部分をフィリピン人海外就労者

(Overseas Filipino Workers)が稼いでいる現状。

 

彼らは海外に友達をたくさん持っている。同じフィリピン人

はもちろん、就労先の中東やシンガポール、アメリカや

カナダなどでできた友達や、かつての恋愛相手を(笑)。

 

フィリピン人を通して、彼らとつながることも可能になる。

 

 

もちろん、海外に同じように事業を展開し様々な場所に

住んでいるインド人と友達になり、彼らの仲間と

つながっていくことも可能。

 

現に俺にも、バンガロール出身のenidという親友がいる。

 

 

しかし普通に考えて、日本人のあなたがインド人とそこまで

フレンドリーに付き合えるだろうか?だいぶ変わっている

俺は例外としても(笑)。

 

海外に仲間を拡げるなら、フィリピン人と最初に

恋人になる方がイメージしやすいはずだ。

 

 

まずは、海外と国内で出会いやすく友達になりやすい

フィリピン人とつながり、恋人になる。さらに、

彼らをきっかけに世界にネットワークを拡げていく。

 

なかなか面白くないだろうか?

 

 

海外に仲間をつくるときに気をつけたいこと

 

キャラを把握しておく

 

あなたが海外の人と接するとき、文化や価値観の違いで

最初はその対応に戸惑う場面があるかもしれない。

何しろ外国人なので。

 

そんなときは、素質論で生年月日分析することが

意外と役に立つ。これに人種は関係ないから(笑)。

 

 

「個性心理学 相性」などでGoogle先生に聞いてもらうと、

情報を得ることができるだろう。

 

 

上に立たない

 

海外、特に東南アジア人の中には、日本人に対する

劣等感を持つ人もいる。個人的には、彼らの方がずっと

優秀だと感じる場面も多いが(笑)。

 

「日本人はpolite」そんな彼らのイメージを崩さないためにも、

誰に対しても大切な仲間として接したい。

 

 

相手の目的に注意

 

海外、特にフィリピンや中国辺りには、日本に住みたいが

ゆえに日本人と友達になり、結婚して永住VISAを得ようとする輩もいる。

 

そんな人に限って、母国にステディがいたり(笑)。

 

もっとひどい場合は、露骨にお金目当ての者もいる。

 

 

海外に人間関係を拡げて自分を成長させていくことは

素晴らしいし、丁寧に接することは大切だが、日本にいる

ときと同じように、友達になる人を選ぶのは大前提。

 

 

人生を豊かにしてくれる人間関係。

面白い仲間の輪を、どんどん拡げていこう。

 

 

「私もフィリピーナの恋人がほしいです」

 

久々に帰国した日本、御茶ノ水で数年ぶりに

お茶をした竹部さん。

 

ドバイにいる俺のフィリピーナの恋人adelの写真を

見せていろいろ彼女の話をしているうちに、意外な

ことを言い始めた(笑)。

 

スポンサードリンク

フィリピン
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)