鍋の大きさは人数で決める!サイズやリットル、2人におすすめの号の選び方は?一人暮らしのカレー鍋やフライパンの大きさ

スポンサードリンク




 

鍋の大きさは人数で決めるものだが、

これを間違えると鍋は場所ばかりとる

邪魔なものになりかねない

 

ベストなサイズを選ぶのが、快適な自炊ライフに必須。

 

 

もし悩んだら、こちらセットをお勧めする。

 

↓↓↓パール金属 フライパン 鍋 5点 セット

 

 

コンパクトでありながら必要な調理は

このセットだけで完璧にできる。

 

料理の後に汚れを落とすのも楽なので、

自炊もおっくうにならずに済むのがいい。

 

 

鍋の大きさで悩むとすれば、

一人暮らしを始めるタイミング。

お料理に詳しいあなたなら別だが(笑)。

 

今までは当たり前のようにお母さんが作ってくれた料理も、

これからは自分でやらなければならない。

 

 

今までなにげなくキッチンで見ていた鍋も、実際

自分で選ぶとなると大きさも素材も値段もさまざま。

 

フライパンだったり両手鍋だったり、鉄だったり

テフロンだったりと一体どれを選べばよいのか

本当に迷ってしまう。

 

 

そこでまず、はじめての一人暮らしにピッタリな鍋を選ぶ際の

ポイントとして挙げたいのが「鍋の大きさ」。

 

どんなサイズが一人暮らしのお料理に使いやすいのか

見ていこう。

 

 

スポンサードリンク

鍋の大きさは人数で!号・リットルの目安!2人なら2リットル、4人なら…おすすめの大きさ(サイズ)は人数で決める

 

鍋を購入する時に悩んでしまうのは、鍋の大きさだ。

 

今までなにげなくキッチンで見ていた鍋も、

実際自分で選ぶとなると大きさも素材も値段もさまざま。

 

 

鍋の大きさを選ぶ時に基準になるのは、人数

 

例えば一人暮らしの鍋のサイズは、どのくらいになるのだろうか。

一人暮らしで使う鍋やフライパンの大きさを知っておこう。

 

結論から言えば、

18センチから20センチの鍋が一人暮らしにジャストサイズ。

 

一人暮らしの場合、

味噌汁を作る時の鍋の大きさは、どのくらい必要なのだろうか。

片手鍋で16センチがおすすめだ。

 

 

次に鍋の大きさの測り方を知っておこう。

まずフライパンの場合。

 

フライパンはフライパンの内側の直径がフライパンのサイズになる。

鍋の場合は、入り口の内径だ。鍋の測り方が分かった。

人数によって鍋の大きさが変わる事を知っておこう。

 

例えば2人暮らしの場合、

鍋の大きさはどのサイズを選んだらいいのだろうか。

2人分の料理が出来る鍋の大きさを選ぼう。

 

2人だから2リットルの鍋という選び方をしない。

鍋の大きさが2人分の料理を作れる鍋のサイズは、20センチ

 

4人暮らしの場合はどうだろうか。

4人分の料理が出来る鍋の大きさを選ぶ必要がある。

鍋が4人前用のサイズは、どのくらいなのだろうか。

 

鍋の大きさが4人分の料理の場合、

鍋のサイズは24センチ

 

 

ところで鍋の大きさをリットルで目安にしているのは、

炊き出しの時によく使われている寸銅鍋だ。

 

寸銅鍋は煮込み料理などに利用すると、とても便利。

またパスタをゆでる時にも重宝する。

 

例えば4人前のカレーを寸銅鍋で作るなら、5リットルの寸銅鍋だ。

寸銅鍋を購入したい場合は、料理の量を基準にして選ぶようにしよう。

 

 

鍋の大きさ、選び方は人数で!一人暮らしするなら知っておきたいリットルや号の目安。2人ならおすすめは?

 

自由気ままな一人暮らしをはじめてはみたものの、

自炊もしなければならないあなた。

 

いざ鍋を買いに出かけてみても、キッチン用品売り場に

ずらりと並ぶ鍋。あまりの種類の多さに、何を買ったらいいのか

いまいちわからない。

 

 

結論から言えば、18センチから20センチの鍋が

一人暮らしにジャストサイズです。2人なら、

その倍と考えれば大きく外さない。

 

 

鍋の大きさを選ぶ際、煮物にはこれ、カレーにはこれ、

鍋料理にはこれ・・・と一人暮らしでは

そんなに揃えても結局は使いこなせない。

 

まして今までお母さんに作ってもらっていたなら

なおさら。まずは必要最低限の鍋の購入にしよう。

 

 

一人暮らしでも実用的に使い勝手がいい大きさは

18センチから20センチ。

 

一人分の料理しか作らないんだから、

一人暮らしには一番小さい鍋で十分じゃないの?

 

そう思うかもしれないが、実は小さすぎると

ちょっと不便な場面も出てくる。

 

 

一方で「大は小を兼ねる」って言うし、

逆に大きい方がよいと考える人も。

 

でも、やはり収納スペースが少ない一人暮らし用のキッチン。

様々なことを考慮すると、このサイズがちょうどいい。

 

 

友人の聡美は主婦だが、そんなにたくさん

鍋やフライパンを持っていない。

 

22センチの深鍋に24センチのフライパンがあれば、

家族の分の食事の準備もなんとか出来てしまうと語る。

 

極端に言えば、一人暮らし用の鍋やフライパンの大きさでも

十分だと・・・

 

まして一人暮らしを始めたばかりで

そんなに凝った料理もしなければ、

18センチから20センチの鍋をひとつだけ購入すれば十分。

 

これひとつで大抵のことは出来て、

自炊ビギナーさんにもとっても便利な大きさ。

 

 

では、このサイズの鍋で実際

何ができるのか?いくつか挙げてみよう。

 

 

• コーヒーや紅茶、お茶ためのお湯を沸かす

• 野菜を茹でたり、ゆで卵を作れる(フタがあると便利)

• インスタントラーメンが作れる

• ルーを使ってカレーを作る

• 疲れたときでもレトルトパックを温めてさっと食べることも

• この大きさならパスタを茹でても大丈夫

• 煮物も問題なし

• 鍋料理なんかも出来ちゃいます

• 炊飯器を買わなくでもお米だって炊けちゃいます

• 魚を蒸したりにも使えます

• 23日間の料理を作り置きも

 

 

ざっと書き出してみただけでも、

十分料理できる。

 

これだけ活躍してくれれば

普段のお料理には困らないのでは?

 

 

大きさ以外にこだわるとすれば、

衛生面を考えて取っ手を取り外せるか

 

あとは重さといったところ。

 

 

カレーなど、鍋(2人用)の大きさを活かしたレシピ。リットルがポイント?

 

さて、鍋も決まったところで早速

料理を作ってみよう。

 

 

特に寒い季節に嬉しい鍋。シンプルなものでも、

食材が簡単に時間もかからずたっぷり食べられるのが魅力。

 

では一人暮らしでも楽しめる、

オススメの鍋料理を3つご紹介。

 

[簡単!おいしい!一人キムチ鍋]

 

1.豚バラ、えのき茸、ニラ、豆腐を適当に切ります

2.出し汁を鍋に入れて煮立ったらえのき茸、もやしを入れます

3.豚バラをフライパンで炒め、火が通ればキムチを入れて炒めます

4.炒まれば残りの具材と3.を入れて蓋をして煮込みます

 

美味しそうな香りがしてきたら食べごろ。

次の日に、余った鍋にご飯を入れて

おじやにしても美味しい。

 

[ポトフ風 ひとり鍋]

 

1.白菜、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ソーセージを適当に切ります

2.鍋に水350ml、コンソメ、じゃがいも、にんじんを入れて火にかけます

3.煮立ってきたら、残りの食材を入れてやわらかくなるまで煮込みます

4.塩で味を整えて出来上がり

 

 

[簡単!ひとり鍋!カレー鍋]

 

1.水250mlに酒、醤油、みりん、コンソメを適量鍋に入れて中火でカレールウを1かけら溶かします

2.鍋に鶏肉を入れて煮込みます

3.沸騰したらお好みの野菜を入れて、蓋をして弱火でじっくり煮込みます

4.沸騰して5分後には出来上がり

 

野菜は1100円くらいのカット野菜を使えば

節約にもなっていい。

 

普通の鍋に飽きてきたら、

洋風の鍋にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。

 

 

鍋の大きさの測り方のまとめ。1人分の目安は18から20センチ…鍋の大きさ(サイズ)、リットルは人数で決める!2人におすすめの号の選び方は?一人暮らしのカレー鍋やフライパンの大きさ

 

一人暮らしになると、どうしてもコンビニのお弁当に

頼ってしまったり、外食が多いライフスタイルになりがち。

 

ひとり分の食事を作るのは何かと面倒くさいので。

 

だからこそ、使い勝手のよい実用的な鍋がキッチンにあれば

面倒な料理もらくらく出来てしまう。

 

カレーのために鍋を買っても、大きさは2人分で十分。

3人や 4人来るなら、事前に作り置きすればよいのでは?(笑)

味も大して変わらないので。

 

 

自分も初めての一人暮らしの時は、

いろいろなお店を回って鍋を探し求めたもの。

 

自分の生活にフィットしたお気に入りの鍋を見つけて

新生活を楽しんでほしい。

 

 

鍋やフライパンの大きさ(サイズ)の測り方!2人前(2人用)の鍋、4人用(家族)の鍋のサイズ(大きさ)は?一人暮らしのカレーやルクルーゼ、ストウブの鍋の大きさ(リットル)のおすすめ…選び方は?

 

鍋の大きさ(サイズやリットル)は、人数で決まる

 

2人用の鍋の大きさは、20センチ。4人用だと24センチだ。

味噌汁の4人分を作る鍋の大きさは、どこで測るのだろうか。

 

鍋やフライパンの測り方を調べてみた。

 

鍋の大きさは、入り口の内径で測る。

フライパンの場合は、フライパンの内側の直径だ。

 

 

一人暮らしでもカレーが食べたい。

一人暮らしをする場合には鍋の大きさがカレー用だと、

どのサイズを選べばいいのだろうか。

 

まして一人暮らしを始めたばかりで、そんなに凝った料理もしなければ、

18センチから20センチの鍋をひとつだけ購入すれば十分。

 

 

では、このサイズの鍋で実際何ができるのか?いくつか挙げてみよう。

 

一つ目は野菜を茹でたり、ゆで卵を作れたりする(フタがあると便利)。

二つ目は、インスタントラーメンが作れる。

三つ目は、 ルーを使ってカレーを作る。

 

四つ目は、疲れたときでもレトルトパックを温めてさっと食べることも。

五つ目は、この大きさならパスタを茹でても大丈夫。

六つ目は、煮物も問題なく作る事が出来るのだ。

 

 

ところでルクレーゼやストウブというホウロウ鍋が人気。

カレーを作るのにおすすめなのが、ルクルーゼやストウブの鍋だ。

 

ルクレーゼの魅力はデザイン性が高いだけではなく、

蓋のつまみが樹脂製なので熱くなりにくいのでとても便利。

 

ルクレーゼがおすすめの理由は鉄製なので、

さめにくく食材の旨みや甘味を最大限引き出している効果がある。

 

ストウブの魅力は、機能性が高くオーブン料理に利用できる事だ。

カレー料理でストウブをおすすめする理由は、

無水カレーを作る事が出来る。

 

無水カレーとは、水を使わないカレーでとてもおいしい。

さっそくルクルーゼとストウブの鍋でカレーを作る場合

鍋の大きさを調べてみよう。

 

 

この1人前のカレーを作る鍋の大きさは、

どのくらいなのだろうか。

 

ルクルーゼの場合は、16センチで1.3リットルのココット・ロンドを選ぼう。

ストウブの場合は、カレーであれば20センチを選ぶ。

 

カレーを作る鍋の大きさが2人用のサイズを調べてみた。

ルクルーゼの場合は、18センチから20センチのココット・ロンドを選ぼう。

ストウブには、ラウンドタイプとオーバルタイプがある。

 

ラウンドタイプの特徴は、熱が均一に入るので、

煮込み料理などがおすすめだ。

 

それに対してオーバルタイプは、

長い食材を調理したりテーブルに運んで

とりわけしたりする事が出来るのが特徴。

 

2人用のカレーであれば、

ストウブのラウンドタイプの20センチを選ぶ。

 

 

ではカレー4人前を作る時の鍋の大きさは、

どれを選べばいいのだろうか。

 

カレー4人分の鍋の大きさになると選択肢が多くなる。

家族の人数が同じでも、食べる量が違ってくるからだ。

 

ルクルーゼの場合。

 

ココット・ロンドでは、20センチで2.4リットル・22センチ

3.3リットル・24センチで4.4リットルだ。

 

ココット・ジャポネーズでは、24センチで3.1リットル

ココット・オバールでは、

25センチで3.2リットル・27センチで4.1リットルの大きさを選ぼう。

 

 

ストウブ鍋の場合、

ラウンドタイプとオーバルタイプがある。

 

ラウンドタイプの場合は、22センチか24センチ

オーバルタイプであれば27センチか29センチだ。

4人分のカレーを作るなら、食べる量で鍋を選ぼう。

 

 

まとめ…自分にあった鍋を選ぼう

 

鍋を購入する時に困るのは、鍋のサイズだ。

どれを選んでいいか迷ってしまう。

 

人数分の料理を作らなければならないので、

それに合う鍋を購入する必要があるからだ。

 

一人暮らしの場合、1人分の料理しか作らないんだから、

一人暮らしには一番小さい鍋で十分じゃないのと思いがちだが、

実は小さすぎるとちょっと不便な場面も出てくるのだ。

 

当然1人分の料理と4人分の料理では、鍋の大きさが違ってくる

 

鍋を購入する前に、鍋を選ぶ目安を知っておこう。

鍋を選ぶ目安を知っておけば、鍋を迷わず選ぶ事が可能。

 

また鍋のサイズを知るためには、

鍋の大きさの測り方を覚えておく必要がある。

 

鍋の大きさの測り方とフライパンの大きさの測り方を知っておこう。

 

鍋の大きさの目安・鍋とフライパンの測り方・

ルクレーゼやストウブでカレーを作る時のおすすめするサイズを

調べてみる事にした。

 

 

鍋を選ぶ時には、食べる人数によって鍋の大きさが決まる。

しかし、それだけではない。

 

食べられる量も考えておく必要がある。

なぜなら同じ4人分といっても、年齢や人によって、

それぞれ食べる量が違うからだ。

 

 

例えば大人4人分作る場合と大人2人分と

幼稚園の子供1人小学生低学年くらいの子供1人分だと、

同じ4人分のカレーでも食べる量が違う。

 

その点を考えて鍋を選ぶ必要がある。

鍋を選ぶ場合、大きさだけではない。

 

大きさ以外にこだわるとすれば、

衛生面を考えて取っ手を取り外せるか。

あとは重さといったところである。

 

 

あとは鍋の種類。

例えばミルクパンは、ミルクの温めやソース作りに便利だ。

用途によって、鍋を選ぼう。

 

 

さらに、鍋の収納スペースも考えておく必要がある。

自分に合っている鍋を選ぶようにしよう。

 

 

日本の狭い収納スペースにも、やはりこの鍋は

コンパクトにおさまる。

 

その割に活躍の幅が広いので、

自分はとても重宝している。

 

↓↓↓パール金属 フライパン 鍋 5点 セット

コメント