親の離婚を夢で見たら?離婚しそうならどうすればいい?子供も離婚する率、苗字や戸籍などの影響、片親の彼氏との結婚式について。むしろ離婚してほしい?大学生や中学生の学費、老後、バージンロードや成人、相続など2chの反応も

スポンサードリンク






 

親の離婚に関して悩んでいる人は、身近に少なくないはず。

 

というのも、日本の離婚率はすでに3組に1組

カップルの半分が離婚するアメリカに迫る勢いだ。

 

あなたの身近に経験者がいたり、もしくはあなた自身が

親の離婚を目の当たりにすることがあっても不思議ではない

 

 

親の離婚についての四方山をまとめた。

 

 

親が離婚する夢を見たけど、どういう意味?離婚してほしいという願望?

スポンサードリンク

 

親が離婚したり再婚したりするをみたり、

親が浮気の果てに離婚する夢をみたりした経験の方はいるだろうか。

 

予知夢というのもあり自分がそういう夢をみたことで

「親父が浮気するのでは」とか、

夢は自分の深層心理を表すものなので「自分の親が不仲なので、

 

本当は自分は離婚してほしいと思っているのではないか」と

自分の心持に不安を持つ人もいるのでは。

 

 

事実は夢占いの世界では親の離婚や再婚というのは

必ずしもマイナスにとらえられているわけではない

 

離婚する夢は夫婦関係を懸念するからこそ見るものであるが、

それはすなわち強く相手のことを思っている証になる。

 

既婚者が再婚する夢を見る場合もあろうが、

その場合は現在の結婚生活への不満も深層ではあるかもしれないが、

 

夢占いの観点で、友達が「親が離婚する夢を見て…」と

不安になっている人がいた場合は、

「それはあなたが親を思っている証拠だよ。

 

これをきっかけに親と話してみれば?何か手助けできるかもよ?」と

アドバイスするのも良いかもしれない。

 

 

親が離婚しそう…苗字が変わるなど成人(社会人)、大学生、高校生、中学生で影響は?関係の修復は難しい?

 

親が離婚した場合の子供の影響として大きいのは名字の問題

 

親が離婚した場合には苗字が変更となるのが一般的だが、

親が離婚しても苗字を変えたくない人もいるだろう。

名前が変わるというのは大きなこと

 

親が離婚したとしても苗字はそのままでいたいと思うのは

ある意味必然なのかもしれないが、

逆に感情的なもつれから親が離婚したがために、

 

何が何でも苗字を変えたいと思う人もいるかもしれないが、

例えば社会人であれば苗字を変えたことによる不具合から

親が離婚する前の苗字に戻すことを考える人もいるかもしれない。

 

 

大学生くらいになるとそうでもないかもしれないが、

中学生、高校生くらいの多感な時期や、

幼いころに苗字が変わるというのは極めてセンシティブな問題

 

 

そんななか気になるのは、親が離婚した場合の成人の子の苗字

 

一緒に暮らしていれば苗字も当たり前にかわるだろうが、

家計も別にしていた場合、親が離婚した後、

 

成人した子の苗字まで変えなければならないのか。

答えは「自分の考え次第」。詳細はこちらに譲る。

 

「親が離婚しそう」をyahooで検索するといろいろな若者の悩みが出てくる。

離婚を考えている人で子供のいる方はこちらも事前によく読んで、

子供のことも考えてほしい。

 

 

親が離婚して子供も離婚。子供の離婚率も高くなる?戸籍や結婚式(バージンロード)、親が死亡した場合の相続など実務面、気持ちなど心理の面への影響は?

 

親の離婚で最も影響を受けるのは、何といっても子供

 

進路も変わってくるし、やりたいこともかなり制限される。

親の離婚の影響というのは心理面でも予想以上に大きい。

 

ただでさえ情緒不安定な子供。

両親の不仲により精神的に不安定になったり、離婚後の成績にも影響が出てくる。

 

 

親が離婚すると、子供の離婚率が上がるというのは、

アメリカの研究データでも、明らかになっている。

両親が離婚している場合、その子供の離婚率が70%もアップするとか。

 

 

こうした心理面の影響もさることながら、実務面でも、

例えば親が離婚した場合の子の戸籍について。

 

 

そもそも親が離婚すると戸籍上はどういう扱いになるかというと、

離婚しても戸籍上、親は親

 

離婚した夫婦は別の戸籍になり、

戸籍の筆頭者のほうの親(父親のケースが多いと思うが)は

離婚してもそのままの戸籍

 

 

一方、もう片方の親(母親である場合が多い)は離婚すると

戸籍を従前の戸籍(母親の親)に戻るか、

新しい戸籍にするか選ぶことになる。

 

 

親の側はいろいろと選択があるが、

繰り返しになるが子供の戸籍上の親はあくまでもそのまま

親が離婚した後の自分の戸籍謄本を取ってみると両親は両親として存在し続ける。

スポンサードリンク

 

親が離婚した後の子供の戸籍については、

その離婚した親が再婚すると少し複雑になる。

 

ただ、親が離婚したのちの戸籍についていろいろと考えるようになるのは成人し、

自分が結婚するなど戸籍が必要になってからだろう。

 

 

そういえば自分も結婚するときになって妻の父(義父)がバツ2であること、

古い戸籍には本当にバツが書いてあるんだということを初めて知った。

しかも妻もこの時初めてこの事実を知って驚いていたことを思い出す。

 

 

また離婚後の実母が再婚して養子縁組に入っていたような場合、

バージンロードを実父と歩くか、養父と歩くか

この辺も悩みの種にはなりそうだ。

 

 

離婚した親の遺産相続も子供に大きな影響を及ぼす。

 

親が離婚した場合、だれが相続人になるのか、

 

また親が離婚したのちに再婚していた場合の相続の問題、

親が大きな相続財産を有していた場合はその分与の問題で離婚、

再婚していれば複雑になるのは事実。

 

親が離婚していれば相続権を持っていても

連絡がなければ当然死んだ事実すらわからない。

 

 

相続問題というと資産の分配という面もあるが、

離婚した親が死亡したときに相続するのは資産のみならず負債

すなわち借金も相続の対象となる。

 

負債が資産より多ければ相続放棄という手続きもあるが、

親が離婚していた場合、金融機関の中には、

親が亡くなった直後には相続人に請求せず、

 

相続放棄ができなくなる3か月以降に請求をするところもある。

相続の問題は離婚により子供にとっては複雑化するのが事実。

 

親の立場で子供に借金の問題はいいづらいだろうから、

もし親が離婚していればしっかりと親の身辺調査をしておいたほうが

確実かもしれない。

 

 

親が離婚した子供、彼氏と親の顔合わせが嫌?親が離婚した後に再婚や結婚式、歓迎できる?

 

親が離婚していれば結婚式の親戚の範囲も変わる。

 

親が離婚している子供の結婚式で、

結婚式に離婚した親を出席させるかどうか、

 

結婚前の顔合わせで実の親を呼ぶか、

親が再婚していた場合はどうするのか、

今の親、離婚した親、それぞれ結婚式の席の配置はどうするか、

 

自分の場合もさることながら結婚相手の彼の親が離婚していた場合

結婚式の仕切り方など…、

 

親が離婚していた場合の子供の結婚式をどうするかというのは

相当悩みや調整ごとが多い。

 

 

親目線で見てみると、離婚したのちにしばらく疎遠だった子供から

「結婚するので結婚式費用を援助してください」と言われたら

戸籍上の親としてどうふるまうべきか、

 

親の離婚が子供の恋愛にも色々と影響を与えたのではないかと

気になる点もでてくるだろう。

 

 

自分の経験でも

親が離婚している人の結婚式(その親はのちに再婚)に出たことがあるが、

最後の新婦からのお手紙の場面で実父の話がでてきたことがある。

 

こういう人は当然離婚したとしても良い関係が築かれていたり

子供の心理面でも落ち着いた状態にあるだろうことは想像に難くないが、

 

泥沼離婚だったけど子供と離婚した親の関係が良好だったりする場合は

悩みも深くなるということなんだろう。

 

 

まとめ

 

ソフト、ハード様々な面で親の離婚による影響を見てみたが、

ほかにも親の離婚で深刻なのは、経済的な面での悪影響。

 

実際に、シングルマザーのかなりの割合が

貧困に陥っているというのは数字に出ている。

親の離婚を経験した男女は、ともに喫煙率が上がるというデータもある。

 

 

こうした悪影響がありながらも親の離婚でダメになるどころか、

その経験を踏み台にしさらに人生を力強く生きていこう

決意した人も少なくない。

 

親だって完璧ではないこと、

自分と同じ一人の不完全な人間であるということを認識する。

 

 

そして親は親の人生を生きる権利があり、

血がつながっていても自分は別の存在だと、

この機会にはっきり理解することだ。

 

勉強を一生懸命がんばり、自立して稼ぐ力をつけようと決意する。

自立心を育てていこうと覚悟しよう。

 

例えば、親が経済的な理由で仕方なく一緒にいるようなら子供も不幸になる。

離婚することで幸せになった人もいるという事実を思い出し、

前に進む努力をしてほしい。

 

スポンサードリンク

恋愛・結婚
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)