北欧で仕事!日本人も応募可能な求人は?仕事観てどんなもの?フィンランドなどで就職して北欧で働くには…ワーホリについても紹介

スポンサードリンク


 

北欧といえば、福祉が充実して良いイメージがある。

 

北欧で仕事をするには、どうすればいいのだろうか。

 

海外で仕事をするなら、北欧で仕事をしてみたくなる。

北欧では、日本人に応募可能な求人はどんな職種があるのか気になる。

そして日本人が北欧で仕事に採用されるにはどうすればいいか知っておこう。

 

まずワーキングホリデーがあるなら、利用してみたい。

北欧でワーキンホリデー行っている国はあるのか気になるところだ。

北欧で仕事をするのに必要な語学についても知っておく。

 

英語だけでは通用しないのかどうか気になるところだ。

そしてどんなスキルがあれば、北欧で通用するのか知っておこう。

 

 

北欧での仕事の探し方・北欧で仕事をする上で必要な事・

ワーキングホリデーはあるのか。

日本人の北欧での求人事情を調べてみよう。

 

 

スポンサードリンク

フィンランドでの仕事の探し方!ヘルシンキ、ワーホリ(ワーキングホリデー)なら日本人の仕事の求人は?日本語で就職できる?日本人の日本語教師の求人は

 

北欧で仕事をするにどうしたらいいだろうか。

まず北欧での仕事探しをする前に、知っておくべき事がある。

 

結論から言えば、英語や現地の言葉がビジネスレベルで扱えない限り、

北欧での日本人の仕事は選択肢がかなり狭くなる。

 

また北欧にある日本企業が少ないので、

北欧で勤務できる日本企業に就職する選択肢がない。

 

北欧で就職するなら、英語以外の言語であるスウエーデン語や

フィンランド語ができるのが重要だ。

 

 

またプログラミングや日本人特有の需要のあるスキルを磨いておこう。

 

北欧での仕事の探し方を知っておく。

就職先を見つける方法は、4つある。

 

ハローワーク・雑誌や新聞の求人広告・インターネット・知り合いのコネだ。

まずワーキングホリデーについては、どうだろうか。

 

日本は2019年段階では、フィンランドでのワーホリの協定の交渉中である。

まだフィンランドでワーホリが出来ない。

ノルウェーでは、ワーホリが可能だ。

 

北欧で仕事するなら、フィンランドがおすすめ

フィンランドのビジネスの方法は、日本人に近いからだ。

日本語教師の求人はあるのだろうか。

 

インターネットで調べてみたら、少ないがあった。

フィンランドの大学で教える日本語教師だか、

英語必須で経験者を優遇となっていた。

 

あと日本語補習学校の講師の募集。

日本人の子供のために国語を教える学校だ。

日本語のみの求人を探すのは大変だ。

 

日本人向け観光ガイドであれば、日本語が使える。

観光業で探してみよう。フィンランドの都市であるヘルシンキ。

ヘルキンシには面白い場所が多いから、仕事を探すのにおすすめの街だ。

 

 

スウェーデンの求人!日本食のお店なら日本人の求人も?

 

北欧の国の一つであるスウェーデンについて調べてみる。

日本人の求人はあるのか気になる。

 

 

スウェーデンでは、日本人が経営している和食のお店が多い

和食のお店に日本人も多く働いているので安心だ。

あと日本語関連の仕事や日本人観光客向けのツアーガイドなどがある。

 

専門性を持っている人だと、仕事が探しやすい。

 

企業で働きたい場合、正社員の代理として働く

臨時職員という立場でまずは仕事を見つけ、

正社員のポジションを長い目で待つのも一つだ。

 

 

情報取集をしておく事が重要

 

ではスウェーデンで働く場合、何が必要か知っておこう。

北欧の国であるスウェーデンの仕事観だ。

 

スウェーデン人は「語学力=賢さ」と思っているところがあり、

仕事も含めコミュニケーションでは言葉が重視される。

 

スウェーデンで就職を考えているなら、

スウェーデン語でコミュニケーションをとれるくらいはしておこう。

 

 

北欧の国であるスウェーデンの仕事時間について調べてみる。

 

スウェーデンの労働時間が1日7時間を切るところが増えてきた。

北欧の国であるスウェーデンの仕事の仕方は、

効率的で短い時間で結果を出す事である。

 

スウェーデンの仕事時間が日本の仕事時間より短いので、

プライベートの時間をとれるところが、スウェーデンで仕事をするメリットだ。

 

 

まとめ 北欧で仕事するために必要な事

 

北欧で仕事をするなら、語学やスキルが必要なのは当然である。

北欧で仕事を探すなら、情報収集やコネを作るのも重要。

現地に知り合いを作っておくと、就職活動にメリットがある。

 

 

就職活動以外に気を付けておかなければならない。

 

それは北欧で生活するのに知っておくべき事だ。

北欧は日本に比べて人件費や物価が高い

そして北欧の場合は黄色人種に対する差別があるので、覚悟しておこう。

 

 

北欧の福祉は充実している。

しかし労働基準法が外国人には無視される場合があるので、

注意しておく必要がある。

 

 

北欧で仕事をしていれば、メリットもあればデメリットもある。

北欧で仕事をしようと思っているなら、

自分は北欧で仕事をしていけるのかよく考えてみよう。

 

スポンサードリンク

仕事
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント