妊娠検査薬での薄い線、消えた、双子、フライング、出血、流産など

スポンサードリンク
 





妊娠検査薬で薄い線が出たら陽性反応と考えてよいでしょう。

妊娠検査薬は、hCGというホルモン量で

妊娠を測定しています。

尿中に排出されてくる

ヒト絨毛性ゴナドトロピン( hCG)量を図り、

 

このホルモン量が50mIU/ml以上で陽性となります。

妊娠検査薬で薄い線が出るのは、

 

検査の時期が早すぎたことや

 

hCGの量が少ない、

 

水分摂取量が多く

 

尿が薄くなっていたなどが

 

原因として考えられます。

 

そこで今回は

・妊娠検査薬の正しい使い方

・妊娠検査薬で薄い線や蒸発線が出るのはなぜ?

・妊娠検査薬の種類

等について紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク
 





妊娠検査薬の正しい使い方

 

 

妊娠検査薬とは妊娠初期の正常な妊娠かどうかの

診察を行います。

妊娠初期の異常で

 

「腹痛・出血・下痢

 

・便秘・頭痛

 

・吐き気・倦怠感」

 

の症状が出る場合、

 

「着床出血や切迫流産、

Advertisements

 

子宮外妊娠や絨毛膜下出血、

 

卵巣ルテイン嚢胞やホルモンバランス」

 

が原因の

可能性があります。

 

市販の妊娠検査薬には、

 

取扱説明書やパッケージに

 

使い方が記載されています。

 

ほとんどの検査薬において

 

使い方に大きな違いはありません。

 

◎妊娠検査薬の使い方

 

 

①検査薬に尿をかける

指定されている部分に尿をかけます。

製品によって

 

尿をかける秒数が違う場合があるので

 

事前に取扱説明書で確認しましょう。

 

 

②判定が出るまで水平にして待つ

 

検査薬を水平にして妊娠してないか

 

検査結果が出るまで待ちます。

 

この時に斜めや縦にしてしまうと

 

正しい検査結果が得られないので

 

注意しましょう。

 

 

③判定結果の確認

陽性や陰性のサインは製品で違いますが、

 

一般的には判定窓に

 

線が出ると

 

陽性で妊娠の可能性があります。

 

逆に栓が出ていない

 

消えた状態の場合が

 

陰性で妊娠している可能性が低いです。

 

 

◎正確な結果を出すためのポイント

 

・朝起きてすぐに検査

 

基本的に、

 

どの時間帯の尿でも検査することが出来ますが、

 

朝起きて

 

すぐの尿は濃度が濃いとされています。

 

hCGの濃度も

 

1日の濃度も

 

1日の中で

 

比較的高くなると考えられるため、

 

正確な結果が

得られやすいと言われています。

 

・採尿する時は時間を空けずに検査

 

尿をかけるのではなく、

 

採尿したもので検査をする場合、

 

時間が経つと

 

尿中に雑菌が繁殖してしまいます。

 

菌は正確な判定を妨げる原因となるので、

 

採尿後は

 

時間を空けずに検査しましょう。

 

 

・検査薬の管理方法に注意する

 

検査薬をきちんと保管できていない場合も

 

正確な判定が出来ない場合があります。

例えば、

 

極端に気温の高い場所や低い場所、

 

使用期限切れの検査薬などは

 

正確な判定が得られないことが

考えられるので注意が必要です。

 

 

妊娠検査薬で薄い線や蒸発線が出るのはなぜ?

 

 

妊娠検査薬を使用した直後は

 

真っ白の「陰性」でも

 

時間が経つと

 

「薄い線が見える」

 

または

 

「髪の毛ぐらいの極細線」

 

が見えることがあります。

 

それらのことについて

 

解説していきます。

 

 

Advertisements

<薄い線が出る原因と検査薬の適正時期>

 

◎妊娠検査薬で薄い線が出る主な原因は次のようなことがあります。

 

・水分の摂り過ぎ尿が薄くなった

・検査薬の使用時期が早すぎた

・検査薬の使用時期が遅すぎた

・化学的流産(完全に着床出来ず妊娠が継続しなかった)

・双子などの多胎妊娠でhCGの量が多く、正しい判定が出ない

・不妊治療でホルモン注射をした

 

以上が原因と考えられます。

 

 

◎検査薬の適正時期

ドラッグストアや薬局などで

 

市販されている妊娠検査薬の多くが、

 

「生理予定日1週間後から使用」

出来るものです。

着床の時期には個人差がありますが、

 

一般的に、

 

生理予定日頃までに着床が完了し、

 

その1週間後には

妊娠の測定に必要な量(50mIU)

 

のhCGホルモンが分泌されます。

 

その為、適正使用時期は

 

生理予定日の1週間後となっています。

 

 

 

<蒸発線が出る原因>

 

通常、検査薬で

 

陽性の場合には

 

終了線とおなじ色の判定線が現れます。

 

しかし稀に

 

検査薬の検査紙に水分がしみ込んだだけの様な

 

「濃いグレー線」が見られます。

 

これが「蒸発線」です。

 

 

◎蒸発線が出る原因は

 

「検査時間が長すぎた」

 

という可能性があります。

 

妊娠検査薬は、

 

尿をかけてから

 

規定時間内に判定をします。

 

しかし長時間置いておくと

 

薬剤が塗られた部分から

 

尿が蒸発して、

 

周囲の色より濃くなる場合があります。

 

また薬剤を張り付けている

 

糊の線が溶け出して

 

グレー色の線の様に見える事もあります。

 

 

<妊娠検査薬は何週目で使うの?>

 

検査薬は妊娠の可能性を調べるもので、

 

生理予定日の

 

「妊娠4週目」

 

ごろから陽性反応が出ます。

 

薄い線から濃い線になった場合

 

妊娠の確率が高くなります。

 

また検査薬が薄い線のままでも

 

妊娠している可能性があります。

 

逆に薄い線から真っ白の場合は、

 

妊娠している確率は低いと考えられます。

 

 

妊娠検査薬の種類

 

 

①チェックワン

チェックワンで検査すると

 

薄い赤紫色の線や、

 

髪の毛の様な

 

細い線が現れることがあります。

 

この検査薬は時間が経ってから

 

栓が出てくることが多く、

 

蒸発線が出にくい事で有名です。

 

 

②クリアブルー

 

クリアブルーは

 

採尿部に尿をかけてから

 

線が出てくるまでの時間が早く、

 

フライング検査をする人の中では

 

人気の検査薬です。

 

・比較的多くのドラッグストアで販売されている

・「感度がいい検査薬」と人気が高い

・妊娠してる場合、陽性線が出るまで早い

・通常に検査薬以外にもデジタル検査薬がある

 

以上が特徴です。

 

 

 

まとめ

 

 

妊娠検査薬で薄い線は陽性反応と考えてよいでしょう。

 

妊娠検査薬の正しい使い方は、

 

取扱説明書やパッケージに

 

使い方が記載されています。

 

ほとんどの検査薬において

 

Advertisements

使い方に大きな違いはありません。

 

正しい使い方をしないと

 

正確な妊娠判定が出来ません。

 

 

今回お伝えした

 

「妊娠検査薬の正しい使い方」や

 

「妊娠検査薬で薄い線や蒸発線が出るのはなぜ?」を

参考にして下さい。

 

 

妊娠しているか率が高い場合は、

 

検査薬を使用すると濃い線が出ます。

 

薄い線が続く場合でも、

 

妊娠の可能性があるので

 

産婦人科診のある

 

病院で診察してもらいましょう。

 

テキストのコピーはできません。