長野に移住して後悔!物件や仕事が失敗の理由?移住支援や移住体験。人気のおすすめランキング!長野県へ移住する理由…支援のセミナーや補助金、体験、移住体験住宅(移住体験ハウス)など移住施設(無料)を長野に住む人がブログで紹介

スポンサードリンク






 

長野県は田舎暮らしに憧れ、

移住したい県のここ数年は1位

 

新幹線や長野自動車道・上信越自動車道の高速道路が整備され、

都会へのアクセスが良く、自然が豊かで、観光色が強いことで人気がある。

 

 

移住した人は、思い描いた生活を送っているのだろうか?

 

後悔したり、失敗したと思うことはないのだろうか?

失敗や後悔の理由はなんだろうか?住まいだろうか?仕事だろうか?

 

移住者の生の声を聞き、移住支援や移住体験を紹介し、

長野の移住について考えてみよう。

 

 

長野に移住して後悔…失敗の体験を暴露。物件や仕事が原因?

スポンサードリンク

 

ある移住体験者のブログによると、

注意点として、以下のことを挙げている。

 

 

中心部から離れた場所だと、近くにバス停や駅がなく、

あっても運行本数が少なく、交通手段に難儀する。

 

スーパーマーケット、薬局、医療機関が近くにない

外食したくても近くにない。冬場は水道と道路が凍結する。

除雪も大きな負担になる。

 

自治会費、消防団への加入、ゴミ当番、町内清掃への参加を強制される。

求人が少なく、仕事がなかなか見つからない。

 

自営等の仕事ならいいが、望むような就職先を

見つけることができないと後悔する!

 

 

住まいの物件を探すときは、立地をよく検討する必要がある!

都心部に近い所でないと、何かと不便で、

失敗したと思う大きな理由になる。

 

 

長野の移住支援。移住の補助金、相談はどこに。支援のイベントはいつ開催?

 

長野の移住支援で仕事に関しては、長野市移住者起業支援金制度がある。

 

住まいに関しては空き家バンク制度があり、

空き家の情報提供と改修費用上限50万円と

家財道具処分費上限10万円の補助金が出る。

 

各市町村役場に相談窓口があるが、

長野市役所では人口増推進課内に「移住、定住相談」デスクを設置し、

無料メール相談も受け付けている!

 

長野の移住施設としては、

無料の「ふるさと移住体験施設」が信濃町にある。

1世帯5名まで、1週間無料で宿泊できる。

 

 

また、各市町村の窓口に問い合わせると、

移住体験住宅の案内もしてくれる。

 

移住者向けのイベントも多いので、市役所に問い合わせるか、

ホームページで日程を確認するといい。

 

 

長野に移住するなら人気なのは?独身ならどこがいい?おすすめの場所をランキングで紹介

 

長野に移住、まず思い浮かぶのはりんごと雄大なアルプス連峰であろう。

 

 

長野に移住というと、登山とスキーを楽しみたいという人も多いと思う。

 

長野に移住したいという人気の理由は、

スポンサードリンク

東京と名古屋の中間にあり、交通の便がいいこと、

 

大自然に囲まれた環境と日本一の長寿県であることが、

シニア層にも注目されている。

 

7つの県に囲まれた長野県なので、

仕事を持っている独身の人なら、長野市内への移住が人気がある。

 

過疎の村の小川町公営住宅を完備し、

早くから移住支援に力を入れている。

 

出産支援金の支給や子供の医療費が無料で、

2人目からは保育所がただである。

独身でも家族がいても住みやすいと人気がある。

 

 

子育てするのにとても良い環境と注目されているのは、伊那市である。

お試し体験施設がたくさんあり、就職支援や住宅補助が受けられる。

教育環境も整備されているので、家族を持っている人にはひときわ人気がある。

 

 

長野県に移住した人のブログ。長野での移住体験をチェック

 

長野県の魅力とマイナス面を移住体験した人のブログから見てみよう。

 

 

ライター宮崎さんのブログでは

長野県に移住すべき10の理由を挙げている。

 

1、大自然の雄大さはワールドクラス!

2、夏でも涼しく過ごしやすい!

3、冬はスノボ&スキー三昧!

4、休日には29個の百名山の登山!

5、日帰り温泉が日本一たくさんある!

6、信州蕎麦なぞの郷土料理がヘルシーで美味しい!

7、酒蔵とワイナリーが多い!日本酒、ワイン

8、善光寺、松本城、諏訪大社が醸し出す信州の歴史!

9、長野市、松本市、上田市は意外と都会!

10、先輩移住者が多いので安心!

 

 

 ココロココのブログでは移住体験の失敗例として、

自然の中のくらし」に憧れて移住した

Sさんの例を取り上げている。

 

都会の感覚を引きずったままで、

地元のコミュニティに積極的に関われなかった

地元の自治体に相談するという事前準備をしなかった結果であると伝えている。

 

 

まとめ

 

アルプス連峰に抱かれた長野。

 

善光寺や諏訪大社のある歴史ある長野。

軽井沢もあり、東京から2時間足らずで行ける

大自然を満喫できる田舎、長野。

 

都会に疲れて大自然に触れてのんびり暮らしたい。

すぐそばにスローライフの長野があった。

 

ちょっと待って‼

 

コミュニティがしっかりと出来上がっているところへ

入って行くのは、かなり大変

 

やっと見つかった就職先で、

都会の仕事のやり方が全く通用しないと愕然としたという話も耳にする。

 

仕事や住まいのハード面はクリアできても、

人との関わりのソフト面が結構重要で、後悔や失敗の大きな要素になる。

 

両面をふまえた事前準備、

事前調査を綿密にすることが移住の絶対条件である。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)