松本(長野県)移住して後悔?長野市など長野移住失敗…独身の評価(転職と長野)。移住失敗の軽井沢など移住の後悔

 

サリン事件で有名になった松本だが、

たまに旅行で訪れるのと住むのでは別次元

 

移住するなら、下見や短期滞在を必ずしておきたい。

 

 

松本移住に関する詳しい情報、

 

長野に移住しても尽きない安定収入を得る

具体的な方法を知りたい場合、

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

長野県は田舎暮らしに憧れ、

移住したい県のここ数年は1位

 

新幹線や長野自動車道・上信越自動車道の高速道路が整備され、

都会へのアクセスが良く、自然が豊かで、観光色が強いことで人気がある。

 

 

一方で、松本や軽井沢など

人気の場所に移住して後悔したという声も・・・

 

 

移住した人は、思い描いた生活を送っているのだろうか?

 

後悔したり、失敗したと思うことはないのだろうか?

失敗や後悔の理由はなんだろうか?住まいだろうか?仕事だろうか?

 

 

移住者の生の声を聞き、移住支援や移住体験を紹介し、

長野の移住について考えてみよう。

 

 

松本に移住して後悔?デメリットは?

 

長野県の松本は、

国宝の松本城が有名だ。

 

城下町の風情が残る趣きもあるため、

移住先として全国区で知られている。

 

 

実際に移住を

検討している人も多い。

 

 

市では移住に関する情報提供や

各地で移住に関する

セミナーなども行っている。

 

 

松本への移住のメリットは、

やはり都会暮らしに飽き、

疲れた人が自然豊かな環境に身を置けること。

 

移住元は都市圏からが

大半になっている。

 

 

当然ながら

逆にデメリットもある。

 

ある程度の田舎暮らしも

覚悟はしているはずでも、そこは田舎。

 

都会に住んでいたときには

当たり前の便利さはない。

 

暮らしのギャップに

悩むことも少なくない。

 

 

移住は、失敗したからといって、

すぐにやり直せるものではなく、

経済的にも大きな決断が必要になる。

 

後悔しないためにも

十分な下調べや想定を

しておくことをお勧めする。

 

 

松本など長野県に移住して後悔…失敗の体験を暴露。田舎暮らし、物件や仕事が長野でも原因?

 

ある移住体験者のブログによると、

注意点として、以下のことを挙げている。

 

 

中心部から離れた場所だと、近くにバス停や駅がなく、

あっても運行本数が少なく、交通手段に難儀する。

 

スーパーマーケット、薬局、医療機関が近くにない

外食したくても近くにない。冬場は水道と道路が凍結する。

除雪も大きな負担になる。

 

自治会費、消防団への加入、ゴミ当番、町内清掃への参加を強制される。

求人が少なく、仕事がなかなか見つからない。

 

自営等の仕事ならいいが、望むような就職先を

見つけることができないと後悔する!

 

 

住まいの物件を探すときは、立地をよく検討する必要がある!

都心部に近い所でないと、何かと不便で、

失敗したと思う大きな理由になる。

 

 

長野市に移住して失敗という声も!

 

移住先としては、

長野県の中枢都市である

長野市も有名だ。

 

先ほどの松本市のように城などの

有名な観光名所はないものの、自然豊かで

関東圏や北陸へのアクセスも便利なので移住の希望者は多い。

 

長野県の主要都市として、

移住の受け入れ制度も充実しているが、

それでも失敗する人は少なくない。

 

 

自然豊かで、

気候的に過ごしやすいという、

長野県のメリットもある。

 

都会での生活ではありえない

緩やかな時間の経過、

家賃を含めた物価の安さなど。

 

 

魅力もたくさんあるが、

田舎特有のデメリットもある。

 

自分は田舎暮らしも

経験があるので苦にならないが、

長野市は特に冬が寒く、雪も多い。

 

夏の夜が過ごしやすい半面、

冬の生活は慣れないと

かなり厳しいと感じるはずだ。

 

 

本格的に生活をすると、

田舎ならではのコミュニティー参加が

煩わしいと感じることもある。

 

田舎文化はよく言えば親切だが、

都会では考えられない

近い距離感で接してくる。

 

人付き合いが

苦手な人には苦痛に感じる。

 

 

長野に移住するなら人気なのは…独身の一人暮らしなら?長野でおすすめの場所をランキングで

 

長野に移住、まず思い浮かぶのはりんごと雄大なアルプス連峰であろう。

 

 

長野に移住というと、登山とスキーを楽しみたいという人も多いと思う。

 

長野に移住したいという人気の理由は、

東京と名古屋の中間にあり、交通の便がいいこと、

 

大自然に囲まれた環境と日本一の長寿県であることが、

シニア層にも注目されている。

 

7つの県に囲まれた長野県なので、

仕事を持っている独身の人なら、長野市内への移住が人気がある。

 

過疎の村の小川町公営住宅を完備し、

早くから移住支援に力を入れている。

 

出産支援金の支給や子供の医療費が無料で、

2人目からは保育所がただである。

独身でも家族がいても住みやすいと人気がある。

 

 

子育てするのにとても良い環境と注目されているのは、伊那市である。

お試し体験施設がたくさんあり、就職支援や住宅補助が受けられる。

教育環境も整備されているので、家族を持っている人にはひときわ人気がある。

 

 

転職で長野に…評価と転職について

 

移住というと、望んで

越してくるイメージが先行するが、

実際には転勤、転職を機に来る場合もある。

 

 

移住先として人気のある県である一方、

長野は割合製造業の工場も多く存在するため、

就職先として転入するケースも多い。

 

そして、転職先の土地として、

評価も割合高い。

 

 

実は、地方都市にも関わらず、

給与は全国平均より高い。

逆に家賃など、

生活費の相場は

田舎のために低く抑えられる。

 

 

求人も田舎特有の農業ばかりではなく、

一般企業も多く参入しているので、

都市圏での仕事を生かせる可能性も十分にある。

 

 

ただ、田舎というのは、

閉鎖的な考え方が強く、

長野も例外ではない。

 

特に都市圏から来た人間は、

なじむための努力をしないと、

容易に受け入れてくれない可能性がある。

 

 

意地悪まではされないだろうが、

職場の雰囲気や文化に

自分が合わせる意識が必要だ。

 

 

軽井沢に移住して後悔?軽井沢移住、一人暮らしや老後の後悔…軽井沢移住ブログでチェック

 

長野県で最も

知名度の高い地方は軽井沢だろう。

 

長野県だけでなく、

避暑地としては全国的に有名だ。

 

 

自分は勝手に

お金持ちの別荘がある土地として

認識している。

 

 

そんな軽井沢。

 

当然だが移住を

したいという人も多い。

 

 

全国的に有名なので、

過ごしやすくて魅力的な土地だと思う人が多いだろうが、

移住して後悔する人も数多くいる。

 

 

昔、知り合いが、

「年をとった人ほど都会で生活すべき。都会の方が便利だ」

という言葉を思い出した。

 

 

老後を軽井沢で迎えた場合、

車社会の土地柄、

かなりの不便を感じることになる。

 

 

高齢に加え、一人暮らしなら

何かあってもすぐに連絡できる環境ではないので、

その点も不安といえる。

 

やはり軽井沢は、

永住には向かない土地で、

別荘で夏に向かうくらいの距離感が好ましい。

 

 

どうしても軽井沢移住に魅力を感じる人は、

移住者のブログも多いので

参考にして見るといいだろう。

 

 

・軽井沢から通勤するIT系会社員のブログ

・軽井沢に子育て移住しました

 

 

長野県、松本に移住…治安は大丈夫?

 

自分は長野の人を多く知っているが、

大半の人はかなり

穏やかな性格だと感じている。

 

長野の人全員を知っているわけでもないので

印象でしかないが、

攻撃的な人とか意地悪な人が多いイメージはない。

 

 

移住となると、

人付き合いが避けられない。

 

県民性と、

子育てを考えているなら

治安も気になるところだ。

 

 

長野の人のイメージどおり、

治安に関して不安になるような

情報は全くない。

 

大きな事件が起こった話も少なく、

特定の地域が危険といったこともない。

 

 

移住して子育てを考えている人にとって、

安全という意味では

過ごしやすい土地柄といえる。

 

 

ただ、注意点もある。

 

ほとんどの地域で

都市圏ほど交通網が発達していない。

 

完全に車社会であり、

交通事故が多いということだ。

 

 

実際、長野県の

交通事故率は全国平均に比べて高い。

 

愛知県などのトップではないものの、

毎年上位に名を連ねている。

 

 

松本市など長野県に移住した人のブログ。長野に住む…移住体験をチェック

 

長野県の魅力とマイナス面を移住体験した人のブログから見てみよう。

 

 

ライター宮崎さんのブログでは

長野県に移住すべき10の理由を挙げている。

 

1、大自然の雄大さはワールドクラス!

2、夏でも涼しく過ごしやすい!

3、冬はスノボ&スキー三昧!

4、休日には29個の百名山の登山!

5、日帰り温泉が日本一たくさんある!

6、信州蕎麦なぞの郷土料理がヘルシーで美味しい!

7、酒蔵とワイナリーが多い!日本酒、ワイン

8、善光寺、松本城、諏訪大社が醸し出す信州の歴史!

9、長野市、松本市、上田市は意外と都会!

10、先輩移住者が多いので安心!

 

 

 ココロココのブログでは移住体験の失敗例として、

自然の中のくらし」に憧れて移住した

Sさんの例を取り上げている。

 

都会の感覚を引きずったままで、

地元のコミュニティに積極的に関われなかった

地元の自治体に相談するという事前準備をしなかった結果であると伝えている。

 

 

松本など長野の移住支援。移住の補助金、相談はどこに。支援のイベントはいつ開催?

 

長野の移住支援で仕事に関しては、長野市移住者起業支援金制度がある。

 

住まいに関しては空き家バンク制度があり、

空き家の情報提供と改修費用上限50万円と

家財道具処分費上限10万円の補助金が出る。

 

各市町村役場に相談窓口があるが、

長野市役所では人口増推進課内に「移住、定住相談」デスクを設置し、

無料メール相談も受け付けている!

 

長野の移住施設としては、

無料の「ふるさと移住体験施設」が信濃町にある。

1世帯5名まで、1週間無料で宿泊できる。

 

 

また、各市町村の窓口に問い合わせると、

移住体験住宅の案内もしてくれる。

 

移住者向けのイベントも多いので、市役所に問い合わせるか、

ホームページで日程を確認するといい。

 

 

まとめ…長野移住失敗

 

アルプス連峰に抱かれた長野。

 

善光寺や諏訪大社のある歴史ある長野。

軽井沢もあり、東京から2時間足らずで行ける

大自然を満喫できる田舎、長野。

 

 

長野県は移住先として

とても人気が高い。

 

ただ、松本をはじめ、

各地域では移住して後悔している人も多く、

評判どおりの満足を得られていない側面もある。

 

 

ここでは、松本市や長野市、軽井沢など、

長野県のいくつかの都市について、

移住先としての失敗例や後悔について紹介してみた。

 

長野の主要都市について、

移住というキーワードで紹介したが、

いかがだっただろうか。

 

 

都市圏にいると田舎暮らしに

あこがれを抱くのは仕方ないが、

実際に生活をすると、ままならない問題もある。

 

田舎に住むことはスローライフのイメージが強いが、

人とのつながりは圧倒的に都市圏よりも強固。

 

 

プライベートな時間や空間が大切で

譲れないという人は、

実際には人の多い都市圏での生活の方が向いている。

 

いずれにしても、

生活圏を変えるには、

それなりの調査や準備が必要だ。

 

 

都会に疲れて大自然に触れてのんびり暮らしたい。

すぐそばにスローライフの長野があった。

 

ちょっと待って・・・

 

コミュニティがしっかりと出来上がっているところへ

入って行くのは、かなり大変

 

やっと見つかった就職先で、

都会の仕事のやり方が全く通用しないと愕然としたという話も耳にする。

 

仕事や住まいのハード面はクリアできても、

人との関わりのソフト面が結構重要で、後悔や失敗の大きな要素になる。

 

両面をふまえた事前準備、

事前調査を綿密にすることが移住の絶対条件である。

 

コメント

  1. 馬場ちゃん より:

    松本には観光で行ったことがあります。落ち着いた良い所でした。
    移住には良さそうに思えますが、やっぱり観光で訪れるのとは違うのですね。
    移住先が不便みたいな理由も多いけど、田舎で都会と同じ生活をしようとすることが
    そもそも間違っているのではないのでしょうか?