人間関係がうまくいくおまじない!上手くいく方法(うまくいく方法)って?うまくいくには…うまくいくためにコツを知ろう

スポンサードリンク




 

人間関係の悩みは、お金や健康と共に人の大きな悩みの一つであり

うまくいく方法が分からず落ち込んでいる人が、日本には本当に多い。

 

 

仕事ができる人がうまくいくとは限らない職場での「人間関係」。

 

「明るく笑顔で」「できるだけコミュニケーションをとる」など、

頭ではわかっていてもなかなかできないものだ。

 

 

そこでこの記事では、シンプルで実行しやすい方法を紹介する。

 

 

スポンサードリンク

人間関係がうまくいくおまじないとは?うまくいく方法(上手くいく方法)とコツ

 

人間関係というものは悩み始めると

解決の糸口を探すのがとても難しいもの。

 

 

特別な努力をしなくても人間関係が改善させたいと思っている人も多く、

人間関係がうまくいくようになるおまじないも存在する。

 

 

にんにくを使ったおまじないや塩を使ったおまじない

あるいは紙に苦手な人の名前を書いてから紐で結ぶなど、

様々なおまじないがある。

 

 

解決の糸口が見つからない人間関係の悩みに、

藁にもすがるような思いでおまじないを試してみる人もいるのだろう。

 

しかし、これはあくまでもおまじない。

人間関係がうまくいくためにうまくいく方法やコツはあるのだろうか?

 

 

人間関係は日々のコミュニケーションによってできあがる。

コミュニケーションがきちんとできれば、

部下は上司に意見や気づいたことを言いやすい環境になる。

 

 

同僚とも過剰な競争意識を持たず、協力関係が築ける。

そのコミュニケーションで最もシンプルなものは「挨拶」だ。

 

ただ言葉を言うだけではなく、出社・退社のあいさつを

きちんと相手に体を向けてする、書類を渡すとき

お願いします」などの言葉を丁寧に言うことが大切。

 

そうすれば相手は「自分を丁寧に扱ってくれている

認めてくれている」と感じて、よい関係が作られていく。

 

 

しかし、毎日職場で人間関係や周りに気を遣っていると気疲れしてしまう。

手軽にできる自分なりのストレス解消法を持つことが必要だ。

 

休みの日に誰にも会わずに、一人気ままに過ごす時間を持ったり、

自然や美術、音楽に触れて気持ちやエネルギーを充電したりする時間を持とう。

 

 

職場での関係がうまくいくコツは、褒める:叱る=4:1にすること。

 

悪いことはきちんと注意する一方で、

よいところも見つけて褒めるようにすることがよい関係を築くポイントだ。

 

 

タブーなフレーズは、「ダメだね」「何やってるの」など

人格を否定するような言葉だ。

 

人格ではなく、よくなかった部分を指摘するようにしたほうがいい。

同僚同士でも、容姿など本人が変えられないことを言うのはタブーだ。

 

 

職場には必ず「人を引き付ける魅力のある人」や

自然に人が集まってくる人」「部下に慕われる人」がいる。

そんな人たちは、周りに気を遣っているだけではない。

 

好かれる態度と舐められない態度を持ち合わせているのだ。

好かれる態度とは、挨拶、そして笑顔

 

とてもシンプルなことだが、

笑顔で挨拶されれば誰でも自分は好かれていると思う。

 

それが挨拶した人に跳ね返って好かれるというわけだ。

 

 

舐められない態度とは、周りを大切にするのと同様に

自分も大切にすること、つまり自分を肯定することだ。

 

その結果、自分に自信を持つことができて、

人の悪口を聞いても受け流すことができたり、

自分が批判されてもきちんと受け入れることができるようになる。

 

 

そのためには、自分の時間を大切にすることも必要だ。

仕事以外の部分も充実させて、視野を広げておこう。

 

 

人間関係がうまくいくには?うまくいく人から学ぼう

 

先ほど、少し「おまじない」について述べたが、

人間関係がうまくいく音楽というものをご存じだろうか?

 

その音楽を聴くことで潜在意識をコントロールしていく…というものだ。

 

youtubeなどで検索してみると出てくるため、

興味があれば試してみてほしい。

 

 

「悩みなんてなさそうだなぁ」と思うくらい、

周りの人間関係、特に結果を出し続けている人達を見ていると

人間関係がうまくいくには共通点や特徴があると気づく。

 

その共通点を見て、

あたなにも人間関係がうまくいく人になってもらいたい。

 

 

・考えていること、言っていること、やっていることを一致させる

 

思考と言動の一致は、人からの信頼を集める。

信頼をおける同士の付き合いは、円滑な人間関係そのもの。

 

 

・マメとスピード

 

人は自己重要感を大切にする生き物だから、

それを満たしてくれる相手を好む。

 

「あなたを気にかけていますよ」というメッセージは、

たわいないことを話していても、マメな連絡で十分伝わる。

さらにスピードは、信頼と情熱につながっていく。

 

 

・ちょっとした一言

 

あなたはローゼンタール効果を知っているだろうか?

期待をかけると、相手がより大きな効果を上げるという有名な実験。

 

「いつもありがとう」

「成長したね、がんばってるね」

「マジで期待してるよ」

 

日々のちょっとした一言が、人間関係をより向上させる。

 

 

・会話のバランス

 

自分の話しかしない人は嫌われるし、

質問だけで自分の話を全くしなかったら、尋問のようで不気味(笑)。

 

自分の話をし、相手の話を聴く

当たり前だが多くの人がしくじっている、ほどよい会話のバランス。

人間関係をうまくいかせる一つのコツ。

 

 

・合わない人と目指すところ

 

どうしても合わない人が、あなたにもいるだろう。

 

自分で言えば、最近母ちゃんに内緒で

原宿の高級マンションを借りて住んでいるという、オヤジ。

なぜかバレバレなところがオヤジらしい(笑)。

 

どうしても価値観の合わない人とは、

相手を変えたり自分が折れることを目的にせず、

価値観の違いを確かめることをゴールにする。

 

 

まとめ

 

職場の人間関係がうまくいく方法をまとめると、次の5つだ。

 

1.挨拶と笑顔の好かれる態度

2.自分を肯定して自信を持った舐められない態度

3.自分のストレス解消法や自分の世界を持つ

4.褒める:叱る=4:1

5.注意する場合、人格やその人が変えられないことについて言わず、

よくなかった部分について言う。

 

シンプルですぐに実行できそうなことばかりだ。

 

おまじないや音楽を試してみるのも良いだろう。

ぜひ、あなたにもやってみてほしい。

 

コメント